mokoの覚え書

バトルラインの考察とかデッキとかを覚え書程度に。 imperate24あっとまーくyahoo.co.jp

全体表示

[ リスト ]

つい今しがた保坂さんとのインタビューを終えて戻ってきました。
詳しくは「BattleLineをやらないか」で。

それでは今大会の対戦を振り返ってみます。

第一戦 vs ぷよぷよさん
使用デッキは射撃メインのプルルデッキ。
序盤から中盤のにらみ合いが続き、小競り合いは何度かあるもののお互いに中盤は確保できず延長に。
相手がクリカーを出してくるも、こちらはワジュンを除く英雄を一気に展開してプレッシャーをかけます。
マルクス+エールの戦闘力8にぷよぷよさんが対処できず、そのままこちらがジリジリと進軍して勝ちを収めました。


第二戦 vs gameさん
使用デッキは自由配置デッキ
アサシン・最前線の騎士・ヴァージンパイクなど展開力の高いユニットで構成されたデッキのようでした。
中盤、自分のミスで致命的な展開に陥りました。
相手ターン終了時点での状態です。

−−−−
−−最−
黒−格−
ア−−パ
エ−−バ

自分       gameさん
格…ガンプ    最…最前線の騎士
エ…エール    黒…ブラックガード
バ…バンデッド  ア…アサシン
         パ…ヴァージンパイク

しかも『細い一本道』を使用されています。
正直言って「あ、これは終わったな」という感想でした。
しかし、ここで神ドロー!
 パリィ・挑発・食料(ガンプが会心を空撃ちしています)
パリィ+挑発でヴァージンパイクを撃破し、エールランサーをどかして手札のマルクス布陣。
何とか凌ぎきりました。
後で話を聞くと、フリーファイトに強行軍を持っていたとのこと。
本当に紙一重の攻防でした。
その後はgameさんの食料事故もあり、ガンプが制圧して乗り切れました。


第三戦 vs マオさん
使用デッキは槍射兵のハイブリッドデッキ。
マオさんは序盤から食料が少なめの苦しそうな展開。
特にこちらはガーディアンプリンセスとエールランサーがいるので槍・射兵では対処が厳しかったのではないかと。
それも盛り返されて最終ドローターンでは相手に中立を抑えられ、こちらのマルクスも装甲槍兵にゼリグ+挑発+パリィで撃破されるというなかなか辛い展開。
しかし、ガリィ+ワジュンは何とか残り、盤面にはウルフヘズナルにカタールそしてエールランサー×2もいる状態だったため、そのままユニットの圧力で押し切りました。
こちらが終盤まで英雄を出さなかったので、完全な無兵種エグマルデッキだと思ってアルゴを延長まで温存していたとのこと。
もし、アルゴが序盤に出されていたらかなり厳しい展開になっていたと思います。
正直、相性が大きく左右した結果でした。


第四戦 vs tenteさん
使用デッキは広範囲攻撃デッキ。
正直言って、延長での攻防が激しすぎて延長前の展開はほとんど覚えてないです。お互いに牽制のしあいで敵陣まで攻めれてない状態であったと思います。
だってこんな展開で延長ですよ。
イメージ 1

けっこう早いうちから出されたアイアの突貫突撃がめちゃくちゃ怖くて警戒していたにもかかわらず、ターン終了後に「あれ? アンブッシュと突貫あったら詰みじゃね?」みたいな展開がしばしばあり、tenteさんが最終ドローターンまで突貫を引けなかったのが超幸運でした。
その最終ドローターンでも会心の一撃があったら詰みだったんですが…。(詳しくはtenteさんのblogで)
そして延長戦。19ターン目の時点でtenteさんが残り38秒まで使ってしまった状態でスタート。
tenteさんが残したのはアイア・プルル・ギア・バルザック・魔法剣士
僕が残したのがガンプ×2・ワジュン・ウルフへズナル・ガリィ
tenteさんは時間が足りなく、いっぱいいっぱいの様子。
自分もプルルに高機動ユニットでどこに穴があるか読むのに必死。
お互いに時間を使いきり、最終的にはガリィの力任せで突破しました。
自分の突貫備え配置ミスが目立つ試合でした。一枚違えばtenteさんが優勝だったと思います。


第五戦(エキシビジョン) vs 雛鳥 りむさん
使用デッキは速攻型デッキ(大量破壊兵器付き)。
序盤に右側の中立を取られ、それが最後まで足を引っ張る形に。
こちらはユニットドローが少なく、仕方無しに強行軍警戒でマルクスを布陣。
なかなかユニットが増えず、温存型で試合を進めるが、左中立も制圧される!
虎の子のマルクスをアンブッシュで飛ばして撃破するも、ワンドラの2体攻撃であえなく死亡。
しかし、マルクスを突破口に左側中立は互いに踏み込めない空白地帯にすることに成功。
延長前にりむさんの猛攻!
ウルフ撃墜!(挑発) カーヴァイ(布陣直後)撃墜!(戦術的撤退+ゼリグ)
なんとかゼルバルー・ワジュン・ガンプでがんばろうとするも、ハビドにガンプが抑えられ、中立にたどり着かれた老兵士にゼルバルーは太刀打ちも出来ず、結局は中立を抑えられて負けとなりました。
むぅ、tenteさんにおたがい射兵メタでよかった(tenteさんも射撃デッキに2回当たったそうです)といっていたばかりなのに、結局は射兵に頭を抑えられるとは…。
エールランサーのありがたみがわかった一戦でした。
せめてゼルバルーのドローが最終ターンの頭であれば! 最終ターンで現地使っての遺跡ドローで来られてもゼルバルの良いところが出せないですよ;;


今大会をまとめますと、「mokoラッキーすぎ!」というのが僕の感想です。
裏話によるとマオさんは僕の試合からデッキを変えたようですし、それを踏まえたとしたら、第2〜4戦はかなり運の比率の高い勝利ですよ!
どうやらゲンを担いで一番登録をしたのが効いたようですねw
勝利の女神を引き寄せられたようです。詳しくはケーアイさんのblogの第6回FNBL事前レポートのmokoのコメントを。
このコメントを見て、次回こそは一番登録しようと旅行中に携帯で登録をしました^^;
運も実力のうちと驕らずに、次回に備えて精進していきます。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

4回戦目ではお世話になりました〜。

実は自分のブログで延長開始時が何かと事実と違っていたのでmokoさんのブログを見ながら修正させてもらいました;
「mokoさんのブログを見てください」というように、おまかせでw
スクリーンショット撮ってたのですね、感謝感謝です。
今後は記憶だけで書かないようにと、反省してます。
でも今じっくり見ても訳がわからないほど難しい状況で^^;

また対戦する時は宜しくお願いします、では 削除

2009/9/29(火) 午前 1:43 [ tente ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事