mokoの覚え書

バトルラインの考察とかデッキとかを覚え書程度に。 imperate24あっとまーくyahoo.co.jp

全体表示

[ リスト ]

ご無沙汰しております。
BLOGを更新していないのにちゃっかりFNBLに参戦してきました。
今回の優勝者はFSSさんです。
おめでとうございます!!

さて自分の対戦成績ですが、一勝三敗でした。
参加デッキはこんなデッキです。
デッキ名:ミサイル発射!
イメージ 1

民兵と高機動ユニットをプルルでかき回すデッキです。
元々は『帰還の狼煙』を検証するために組んだデッキです。
その名残で『帰還の狼煙』が入っています。
運用としては民兵をとにかく散らばして、プルル+高機動ユニットでデッキのあらゆる場所を狙うというもの。
基本的に高機動ユニットは使い捨てなので食料はかなり少なめです。
優先度としては、スロヴィア騎兵>アイア>バルザック>ギア>ミョムトで、勇者様は出来る限り延長戦のときの保険として温存します。
はまったときの面白さはかなりのものです。
食料たった5でプルルがぬるぬる動き回ります。
しかし、安定性はかなり低いです。
プルルが引けない限りは、コスト0とコスト3の組み合わせはあまり良いとは言えず、コスト3ユニットが神風特攻もしにくいので、手札にだぶついてきます。
もう少しドローカードを多くしないと厳しいデッキでした。
それではカード解説です。

 食料8枚
予想通りカツカツです。食料3が中盤まで溜まらないとミサイルすらも装填できず涙目。
ただ民兵がベースなのでなんとか持ちこたえられます。

 コスト0兵
プルルと相性バツグンな方々。事故の恐怖をかなり和らげられるのは素晴らしい。
このデッキでは強化カードが少なめなので、本来の民兵デッキのような凄まじさはあまり出てきません。

 バーバリアン
酒樽。後攻の遅れを補うことができる上に、ATCをあと1上げるだけで『突貫突撃』の対象になるので、ここぞというとき相手の陣形を崩すことが出来ます。
普通に5点ダメージというのも相手の足止めには優秀です。

 スロヴィア騎兵
使い捨てミサイル。
後ろでファンファーレが鳴ることで貫通弾になります。

 嵐のラッパ吹き
民兵・高機動ユニットと相性がバツグン。
プルルがいないときはこのユニットに頼るしかない。

 ギア
ご存知、セカチューの主人公。
前に2歩というシンプルでありながら強力な能力を持っています。
コストも軽めなので使いやすいです。1ターンから出やすいというのはかなりの差があります。

 ミョムト
最高のバランスを誇る勇者様。
プルルとの相性が良く、延長では無類の強さを発揮します。

 プルル
このデッキのキーカード。のらではたいてい引けていたんだけど…。
出す優先度は、プルル>高機動ユニット。民兵と組ませるだけでも十分強い。

 アイア
スロヴィア騎兵ステのレディフェンサー。
突貫が簡単に出来るのはよいが、性能は英雄にしては低め。

 バルザック
ギアの強力版。重いもののその安定性はバツグン。
パリィをつければ、ピリカ同様の防御力を得るため、生半可な方法では対処が難しくなります。

それでは対戦を振り返ります。

第一戦 vs Kiritoさん
序盤に弓兵が多いので、弓デッキと読んだのですが、実は斧デッキでした。
弓を警戒して序盤の足が遅くなったり、相手の引きから『大洪水』を警戒してこちらも下がったりしました。
しかし、Kiritoさんのデッキは斧デッキでした。
パトリーが出てくるまではそれに気づかないというお粗末な状況。
しかもそれに対して自分が読んだのは突貫突撃だけ。
スプリントを忘れており、「現地」+「ラムセス」+「パトリー」+「スプリント」で鮮やかに制圧されました。

第二戦 vs いまゆしさん
こちらは初手から手札に食料が3枚とだぶつき気味。
それでも民兵の入りが良いので、かなりテンポ良く展開できました。
いまゆしさんはゴトウ・エストリアを布陣。食料強化ユニットもいるので食料アドデッキのもよう。
しかし、こちらは民兵メインかつ食料がなぜか上手く回って良すぎる状態。
そのまま民兵で敵陣まで押して行き、スロヴィア騎兵+ラッパ+突貫で攻め込んで勝利。
そのあと時間に余裕があったので、違うデッキでもう一戦。
今度はこちらが食料破壊デッキ。対していまゆしさんは5レンジャー悪版。
なんと珍しくも中盤でパルテノスが発動し、そのまま勝利。

第三戦 vs WILさん
序盤からウルフヘズナルのプレッシャーにたじたじです。
中盤に戦術を一気に使ってウルフほか2体を撃破してアドバンテージを稼いだかと思いましたが、次のターンに一気に戦闘力2以上のユニットを布陣されます。
こちらは弓民2体の持ち味が殺されてしまう形に。
スロヴィアを中立に出して牽制してみるも、あっさり撃破されます。
最終的にはWILさんがガリィを布陣され、バルザックを出すも、攻撃力増加手段がなく、そのまま止めれずに負けました。
奇しくも前回の決勝戦での僕の勝因(ガリィの基礎値でバルザックを圧倒して勝利)を逆の立場で再現する形となりました。

第四戦 vs 雛鳥 りむさん
初手からギアに弓・槍民兵といい感じ。これはいける! と思った次のターン。りむさんがアントワネットとイーサン&ココットとストゴを布陣( ゚д゚)ポカーン
さらに次ぎのりむさんのターンで魔兵とミスゴ布陣。
仕方無しにギアでプレッシャーだけかけようとギアを中立に残したら、ストゴをぶつけられて相打ち。
そのままミスゴの圧力で押すに押されます。
こちらは火力不足でミスゴに手も足も出ず、さらには自分のミスの多さもかなり目立ってボロボロの状態。
さらには最終ターンに2機目のミスゴが機動。さらにワープソーチ付きで一気に中立にまで飛んできます。
こちらの火力・装甲ではどうしようもなく、そのまま敗北。


今回の反省点として、野良と大会のデッキ選択を混同したことが一つにあります。
大会は参加者みんなが一本気合が入っていてミスが少なく、隙が少ないです。
というのに隙を狙って攻め込むタイプのこのデッキはあまり向いていないとおもいます。
さらに自分自身の調整不足が目に見えているのにもかかわらず、トリッキータイプのデッキを使うのはいかがなものかと。
次につなげて生きたい反省点ですね。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事