mokoの覚え書

バトルラインの考察とかデッキとかを覚え書程度に。 imperate24あっとまーくyahoo.co.jp

全体表示

[ リスト ]

今回はもしかすると今年最期のFNBLになるかもしれない大会。
おのずと気合が入るものなのですが、この前の記事にも書きましたが、なんと当日になって会社の飲み会が!!
前日にイベントが終わったので、その打ち上げを一日ずらして大会当日にやるというのです…。
泣けます。

そして対戦内容なんですが。
困りました。
酔っ払って参戦したせいで、対戦内容をまったく覚えていません。 orz
2回とも速攻で押し切ったような気がするのですが…。
本体眼鏡さん、エオバルシさん、申し訳ありません。

そういうわけで、今回はデッキ紹介のみになります。
デッキはこんなデッキでデッキ名<軽くいこうぜ!>になります。
イメージ 1

見ての通り、コンビシナジーのウィニーデッキです。
弓兵はモチロン、魔兵に当たってもほとんど勝ち目のないデッキです。(大盾が落ちやすいぶん、魔兵のほうが厳しいかも)
一応、対策として「大盾槍兵」「エールランサー」「魔法剣士」「パトリー」「パクノス」を入れていますが。
コンボとしては「イットク」+『帰還の狼煙』or「クルスタル」or『大洪水』があります。
とくに『帰還の狼煙』とのコンボは再利用が出来る点でかなり強力です。
「イットク」+『突貫突撃』警戒で前を開けてくれることも多いので、「ゼリグ」+『強行軍』の起点にできたりします。
もう一つに「ハスカール」or『勝利の犠牲』+「クリスタル」or『大洪水』があります。
特に『勝利の犠牲』は奇襲性が高く、これがフィニッシャーとなることもあります。
戦法としては、とにかく敵陣前列までユニットを行かせることが目的のデッキです。
そこまでいければ、『突貫突撃』『強行軍』で制圧が狙えます。
最近、民兵にはまっているので、大会向きではないかもしれませんが、このデッキでの参戦を決めました。
それが不幸中の幸いで酔っ払っている自分のマッチして2勝ひろったのではないかと思います。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事