審美歯科・インプラントについて真剣に考える

東京の池袋にあるじゅん歯科のドクターによる審美歯科・インプラント・ホワイトニングなどの普段の診療内容や症例写真や私生活の日記。

審美歯科

すべて表示

歯並びを治したい

イメージ 1

 こちらの患者さまは、前歯の歯並びを治したいと来院されました。
 

 差し歯になっている歯は、歯ぐきが上がってしまい境目が黒く見えてしまっています。

 この部分は、セラミックを被せ直すことで十分効果を出すことが出来ます。


 左の犬歯は、八重歯のような生え方をしていますので被せるだけでは、キレイに仕上がりません。

 噛む機能も失われた状態ですので、機能を回復する必要もあります。ですが、方法は限られてしまいます。矯正治療も考慮しましたが、歯ブラシが行いやすい環境を作るために抜歯を行いブリッジでの治療を選択しました。


 ご自身の歯が、一番良いのですが、周りの歯を悪くする危険がありますので、抜歯を行い周りの歯の環境を整えることにしました。

 広い範囲でセラミック治療を行いましたので、バランスは上手く取れました。


 時には、歯を抜いて機能を回復する必要もあります。

 キレイな歯並びにもなりましたし、噛むことも十分に出来るようになりましたので、患者さまは満足していました。



インプラント・審美歯科・ホワイトニング・矯正歯科の豊島区、池袋じゅん歯科 0120-469-465
http://www.8877.info/←こちらをクリック 

その他の最新記事

すべて表示

前歯のインプラント

2008/10/28(火) 午後 4:44

 こちらの患者さまは、前歯が取れたとのことで来院されました。    外れた歯の根の部分を見ると、土台として使用していた歯が割れていました。割れた部分は、歯を残すことが出来ないほど深くまで割れていました。  ですから、抜歯を行いインプラント治療による被せ直しをすることにしました。  インプラントを骨の中に入れて骨との結合 ...すべて表示すべて表示

インプラントの1次オペ

2008/9/2(火) 午後 6:46

 こちらの患者さまは、下の前歯が揺れていることを気にされて来院しました。  下の前歯4本は歯周病が原因で歯を支えている骨が下がってきていました。歯周ポケットも深く回復させることは非常に困難なことを説明しました。  そこで、インプラントを用いた治療を選択しました。  4本の歯は抜歯になりますが、その代りにインプラントによって ...すべて表示すべて表示

咬合再構成とインプラント治療

2008/7/10(木) 午後 2:46

 こちらの患者さまは、全体的に虫歯が多く奥歯はほとんどボロボロで、噛めない状態でした。  奥歯の何本かは、やはり残すことが出来ず、抜歯を行うようにしました。歯を抜いてしまうと、入れ歯・ブリッジ・インプラントの3つの方法があります。すべてにメリットとデメリットがありますが、今回は、抜歯した部分の治りを待ちインプラントによる治療を行いました。 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事