ここから本文です
北朝鮮を当時の日本、今の日本を当時の中国に置き換えたなら、太平洋戦争前夜に似ているように思います。
資源を求めて侵略的に出て行った当時の日本より、ミサイルや核実験をしているだけの北朝鮮は、ずっと大人しく、平和的にも見えます。

それに対し、アメリカも日本も圧力を強め、北朝鮮を経済的に潰しにかかっています。特に、日本政府は独自制裁の解除条件を明確にはせず、アメリカの顔色を伺いながら調整するつもりのようです。
そのアメリカは、トランプ大統領に代わり、力に依存した外交に偏っています。今も、空母を中心とした艦隊を日本海に向かわせています。
事もあろうか、そのアメリカ艦隊と共同訓練を提案する動きが自衛隊にあるのです。

現時点では、北朝鮮への武力行使は行ってはなりません。
北朝鮮は、他国民を傷つけていません。
武力行使を行えば、大義名分を失います。
逆に、大義を持った反撃を受けることになります。
また、逃げ場のない圧力をかける事も、北朝鮮の先制攻撃の機運を高めます。

思い出して戴きたいのは、日本が国際連盟から脱退した頃の欧米各国の圧力です。
今の日本は、当時の欧米各国同様、北朝鮮に無理難題を押し付けているのです。
もちろん、北朝鮮の対応を認めるつもりなど、毛頭ありません。

日本が北朝鮮に求めるのは何でしょうか?
また、北朝鮮が日本に求めるのは何でしょうか?
これを見極め、まずは対等な立場で交渉を行っていくべきです。

このままでは、戦争以外の選択肢を失います。
また、北朝鮮には自らが作れる選択肢はありません。
だから、日本が事態をコントロールしなければならず、いくつかのプランを提案し、北朝鮮、アメリカ、中国、韓国、ロシアを説得するのが日本政府に求められる政治力なのです。

どちらが先に手を出すにしても、多くの犠牲が出るでしょう。
犠牲が出れば、平和憲法は放棄されてしまうでしょう。
もしかすると、今の日本政府は、それを狙っているのかもしれません。
そうであるなら、悪魔の政治と言えるでしょう。

この記事に

兼ねてから計画していました引っ越しですが、
「風の谷の生活の作付計画」の引っ越しを始めました。
一ヶ月程度かかるものと思います。

新しい「風の谷の生活の作付計画」は、こちらを御覧ください。

この記事に

開くトラックバック(0)

フィギュアスケート女子において、日本をリードしてきた浅田真央選手が引退され、
都内で記者会見が行われました。
そんな中で、珍質問もあったようです。

「トリプルアクセルに声を掛けるとしたら?」

これは、山中伸弥氏に「IPS細胞に声を掛けるとしたら?」と言うのよりも酷い!
物体として存在しないものを勝手に擬人化して、それを質問としてぶつけるとは・・・

私に対しての質問なら、
4730Kの法則に声を掛けるとしたら?」
ってところでしょうか。

で、私なら何と答えるか?

質問した記者さんに、
私が声を掛けますので、あなたは『4730Kの法則』になって返してください
と笑点のお題のように振っておいて、
お~ 法則よ! どうして貴方は4730Kなの?
とでも聞いてみましょうか。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事