ここから本文です

『いずも』の空母化

ロッキードマーチン社から、日本政府がF35Bの購入を検討している旨のリークがありました。
以前から噂があったヘリコプター護衛艦『いずも』の空母化の話題が現実味を帯びてきたのです。


平和ボケには、平和主義者の平和ボケと、好戦的な平和ボケがあります。
始末が悪いのは、後者の方です。
と言うのも、後者の場合、本人が平和ボケしていることに気付いていない上に、戦争を好む傾向にあるからです。

真に『平和ボケ』していない人は、必死に戦争を避ける方法を探ります。
逆に言うなら、戦争が始まる事に無頓着な神経が『平和ボケ』であり、戦争が始まることを想定して準備をするのは、その最たるものです。


さて、『いずも』の空母化ですが、「悲願の」とか、「中国の空母に対抗するため」とか、子供をあいてにしているような気分になります。
「悲願の〜」なんか、「空母が欲しい」と駄々をこねているだけです。
「中国の空母に対抗〜」なんか、上陸作戦を支援することを目的としたF35Bで戦闘機と空中戦するつもりなのでしょうか。それも、搭載機数で7倍もある相手に、支援機も搭載できない『いずも』で闘いを挑むことになるのです。
特攻と同じです。

仮に、F35Cを搭載できる正規空母を建造するとしても、そんな空母が日本に必要なのか、考える必要があります。
そもそも、空母を沈めるのに空母を使うようでは話になりません。

どこの国が空母を持とうが、日本の専管水域に入りしだい沈める事が出来れば良いのです。それも、何通りもの方法で好きな時に好きな場所で沈められれば良いのです。
空母は、海軍力の象徴ですから、これを沈めることに意味があります。損害の面でも、空母に搭載機が上積みされるので、莫大な額になりますから、戦力だけでなく、精神的にも、損害額的にも、大きなダメージを与える事ができます。

今の日本の財政は、戦時体制下と同じ状況です。
財政的には、既に戦争状態なのですから、これに実際の戦争まで引き起こせば、国は滅びます。
何が何でも、戦争を回避することが必要なのです。
だから、『平和ボケ』の最たるものが、「北朝鮮や中国に備えて軍備を拡張しろ」と叫ぶ人たちなのです。


『いずも』にF35Bを搭載することで得られることはあるでしょうが、むしろ、F35Bを搭載することで失うことが問題です。
目的を考えていれば、『いずも』にF35Bを載せる発想は出にくいように思われます。政府は、アメリカから武器購入の増額を求められ、『空母』への憧れと相まって、F35Bを購入することにしたのかも。

まあ、『平和ボケ』か、子供みたいなものですね。

この記事に

従軍慰安婦と外交

先日、韓国外交部のタスクフォースの結果が発表されました。
報道された内容を見てみると、問題は韓国側の譲歩にあるとしており、私の目には、韓国の国内問題に見えました。

元々、日本の植民地支配の賠償は、日韓基本条約によって半世紀以上も昔に完了しています。
その際に、個人の賠償請求も韓国側に移っています。
(最近、文大統領は個人の賠償責任が日本にあるように言いだしました。呆れ)
本来であれば、従軍慰安婦への賠償は韓国の国内問題なのですが、日本政府が譲歩して『日韓合意』に繋がったわけです。
今回の韓国側の発表は、日本側の譲歩は無視し、自国側の譲歩に問題があったとしています。
つまり、国内問題であることは明白であり、かつ身勝手な検証でもあります。

さて、従軍慰安婦ですが、第二次大戦の終結で、日本軍による従軍慰安婦は終了しましたが、韓国の従軍慰安婦はその後も続きました。
終戦の二十年後に締結された日韓基本条約ですが、なんと、この時点でも韓国は従軍慰安婦を抱えていました。
それどころか、ベトナム戦争では、ベトナム人を従軍慰安婦としたため、『ライダイハン問題』として表面化しています。


厚顔無恥な韓国ですから、国内問題も日本に責任をなすりつけてくるのでしょう。
日本人の中には、日韓合意で「日本側が拠出した10億円を返せ」と言う人が居ますが、それは韓国が利する方法です。
10億円は国家レベルでは端金ですが、日本が返還を要求した時点で、日本から日韓合意を破棄することになり、国際条約違反の汚名と再交渉を余儀なくされます。
そもそも、韓国側が日本に返したいのですから、受け取るべきではありません。

大使の召還も検討されているようですが、そのカードを切るのは今ではありません。
カードを切るタイミングを間違えないように、外務省が立ち回ってくれることを願っています。

この記事に

原子力発電の賛否について、「新・風の谷の生活」にまとめました。


是非、御覧ください。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事