全体表示

[ リスト ]

第22条(手続の中断又は中止)
特許庁長官又は審判官は、決定、査定又は審決の謄本の送達後に中断した手続の受継の申立について、受継を許すかどうかの決定をしなければならない。
2 前項の決定は、文書をもつて行い、かつ、理由を附さなければならない。

(コメント)
決定、査定又は審決の謄本の送達後に中断の申し立てがあった場合の取り扱いについて規定している。                                              
理由がある(申し立てを認める)場合も理由がない(申し立てを認めない)場合も、受継ぎを許すかの決定をしなければならない。必ず決定を要する。
決定、査定又は審決の謄本送達前に手続きの中断があった場合には、 
第三者側の手続きの承継の場合には、手続きを承継すべき者が受継するまでほっておき、受継ぎを申し立てた後に申立てを認めることができない場合にのみ決定を行う。その他は決定をすることなく、新たな相続人に手続きを続行させる。
権利者側の場合、権利者は書類により形式的に判断されるので、決定という形をとらず、その者が真正な者であれば、21条の規定により手続きを続行すればよい。

(主体)主体は、「特許庁長官又は審判官」に注意!!

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事