ここから本文です
里山ぶらり
のんびりモードでフィールド歩き!

露地のユキノシタ(雪の下)が咲きだしました。

二種類あって、その一つは緑系の地色に銀白色の斑が入るもので、

イメージ 1

葉の裏側は薄赤い短毛が無数に生えているのでうっすら赤く見えますが、地色は薄緑で、

イメージ 5

こんな花が咲きます。

イメージ 3



もう一種は、緑系の地色に赤い斑が入り、

イメージ 2

上の画像は日照に強いところの鉢植えですが、

日照の少ないところでは下の画像のように赤みが強く、上下とも葉の裏も赤色で、

イメージ 6

こんな花が咲きます。

イメージ 4

※ 2017.05.27  コンデジ SZ-30MR

葉の形を虎の耳に見立てた生薬名が『虎耳草』
手持ちの漢方系本によると、消炎、解熱などとして民間薬としても使われていたそうです。
てんぷらにして食べられるということで、葉裏の赤いほうでなく、緑のほうを一度食べてみましたが取り立てて美味いものではなかったような記憶が♪ 

この記事に

開くトラックバック(0)


我が家から36kmほど離れたフィールドからの続きで、今回も前回と同じ サカハチチョウ です。
今季初見でしたが、全体としては十数頭はいたように見え、色々なシーンも見せてくれました。

吸蜜に夢中になっている一頭にぶつかるのではないかと思うほどまっしぐらに飛んできた別の個体♪

イメージ 1


同じ所は無理と感じたか?

イメージ 2


すぐ下に!

イメージ 3

逆さになった翅の表の模様が漢数字の八に見えることが名の由来のようですが、こうして見ると、なるほど! そんな感じですね♪



ウツギの隣にある山椒の木の葉に二頭の姿があって、

イメージ 4


そこに飛んできた一頭、

イメージ 5


イメージ 6


どうしても仲間に加わりたいようで、葉の先端にとまって、

イメージ 7


イメージ 8

重量オーバーでさらに撓る葉を懸命によじ登っていきました。

※ 2017.05.19  E-M1+M.75-300



この記事に

開くトラックバック(0)


このところの雨模様で、保全緑地で自然観察の予定があった保育園児とのふれあいも延期になったり、また、昨夜はお誘いもあって、久しぶりに11時過ぎまで夜遊びを楽しんできました(笑)


今回から、
今月中旬に観察に行ってきた別のフィールドでの出会いを載せていきます。

ひょっとしたきっかけで毎年行くようになった沢沿いのウツギの花の咲くところ。
この上流域は昔から散策に行っていたので知ってはいたとはいえ、この場所は通り過ぎるだけ。
数年前に、ウツギの花が綺麗に咲いていたので寄ってみたところ、サカハチチョウがたくさん来ていたので一つの観察ポイントにしました。

「そろそろかなァ〜〜??」と思って様子見に行ったところすでに花も真っ盛りで、今年も目的の蝶に会えました。


サカハチチョウ(春型)

イメージ 1


吸蜜に来ている個体や、地表近くの葉の上で日光浴をしようとしている個体も♪

イメージ 2



花に来ていた数頭が去り、林道をうろついて何かの出会いがないか物色♪

道脇の草にまだ動きの鈍い個体がいて、

イメージ 3


イメージ 4


丁寧にお願いしてコンデジで、、、 寄りすぎ!!

イメージ 5


イメージ 6



この沢に沿った林道を歩いて、カワトンボや花などにも出会い(これは後日に!)、ウツギの花に戻ると、また複数の個体がやってきていました♪

イメージ 7


イメージ 8


※ 画像  5・6 コンデジ SZ-30MR
  その他     E-M1+M.75-300


サカハチチョウは今季初ですので次回も、、、(笑)

この記事に

開くトラックバック(0)


とうとう、というか、やっと、と言ったほうがいいか?
今月初旬の山間部の観察結果も本日が最後です!!

前回に続き、今季初見初撮りの サンコウチョウ で締めます♪

薄暗い黒木(杉・桧)林内にひっそりと佇み、林内を飛びまわる動きにあわせて身をまわしながらでしたが、ほぼ一定の距離を置いて、それ以上近くには来ませんでした。

(針葉樹林内で暗いこともあり、ISO感度をあげて露出を補正しての画像ですが、鳥の特徴はどうにか分かるでしょう?)

今季初ですから枚数も多く、、、(笑)

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9

※ 2017.05.08  E-M1+M.75-300

と、こんなふうに遊んでくれました。

最後の画像が12:30頃 これを最後に林から消えました。


次回からはまた別のフィールドからお届けします♪

この記事に

開くトラックバック(0)


昨日、そして今日、と雨模様です。
それでなくとも ボ〜〜ッ としているお頭の中がさらにぼやけています。

気を取り直して、
初旬に行ってきた山間部からの残っている出会いを片付けましょう♪

今回は、通った五日間に出会った小鳥さんです♪
すでに子育てが始まっていて静かに行動しているものもいたり、木々の葉が茂って見つけにくくなっている今の季節。

その中で姿を見せてくれた何種類かのなかのこの鳥は、、、??

イメージ 1


イメージ 2
2017.05.06
ホオジロ でした♪



山中に入ってこの数日間、二羽で静かに枝の間を飛び交っている姿を見ていたのですが、時折り大声をあげるので気付かれてしまう ヒヨドリ

イメージ 3
2017.05.06



ウツギの花に来るアオバセセリを待ちながら、萌え出した葉にまとわり飛ぶミヤマセセリの観察をしていた時に、ヤマガラ もやってきていたのに気付いた♪

イメージ 4


イメージ 5
2017.05.06




小さな流れを覆い隠している藪の中でジッとしていたのは アオジ ♀ のような?? 

イメージ 6


イメージ 7
2017.05.08



昨年だったか、この観察ポイントで耳にしていた「ヒ ツキ ホシ ホィホィホィ」と聞こえる鳴き声。 今年も観察最後の日にこの声を聴いた!!

長靴は履いているが、足元に注意しながら薄暗い杉・桧の林の中に入って鳴き声を頼りに沢の向こう側の雑木林の中でその主の姿を見つけた♪♪

サンコウチョウ(三光鳥)

イメージ 9


イメージ 8


イメージ 10


イメージ 12


イメージ 11
2017.05.08
撮影技術が伴わず証拠写真程度ですが、長い飾り尾をなびかせながら飛ぶ姿もいいものです。

※ E-M1+M.75-300

この後、黒木(杉・桧)林のなかに我が身を置いて、それらしく見える姿を何枚か撮っていますので次回に♪

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事