ヒポクラテスの木

プラタナスの全て、ヒポクラテスの木、渋沢栄一、シーボルト、メディカル エシックス、エコロジー・・・・・・・・・

全体表示

[ リスト ]

『養育院』変遷地図

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

『養育院』の引っ越し過程を古地図に辿ってみた

【写真 曚蓮古地図ライブラリー2・幕末人物事件散歩:人文社2003に書き込む
)楸寝嘆貳余絏杏澡長屋:【写真◆http://blogs.yahoo.co.jp/inamatsu06/51720198.html
  明治5年10月15日、ロシア大公アレクセイ訪日に際し、市中の浮浪者240人を応急的に収容。
  この日を、「養育院」創立の日とす。

∪草溜:【写真】
  明治5年10月19日、浅草溜の、車善七に「養育院」の恒久施設出来るまで、一時預け
現在の浅草寺の後ろ、吉原:千束の辺り
  事務は本郷に残す。
  11月5日、上野の護国院跡への移転決定

8邱餘‘憶Г鯒磴ぜ茲蝓9欝彁楡澆箸垢襦А攫命伸ぁ暸 現・東京芸術大学の一部
  明治6年2月5日、上野への移転完了。
  大久保一翁視察。養育院掟書き整備
  明治6年11月、共有金(七分積金)払底、大蔵省より借入
  明治7年11月、渋澤榮一は、共有金取締りを嘱託 
  明治9年5月26日、東京府の事業となり、渋澤榮一事務長となる。
  明治12年、博物館建設のため移転 

た静掴太町、藤堂和泉守邸跡:【写真ァ暸 現・三井記念病院
  明治12年、移転(官地、無償貸し付け)
  明治17年府費支弁打ち切り決定 
  
ニ椽蠶慌町:【写真Α杆什漾⊂辰┐芯名で、江戸時代の地図では住人の記載無し。
            棟割り長屋の貧民街?。地所購入
  明治18年、委任経営時代となる。移転完了。
  明治20年 養育院第一回次善会(鹿鳴館のバザー、寄付金などで運営費捻出)
  明治23年 東京市制施行、「東京市養育院」となる。 

β臘幼堋:【写真А曄、 現・大塚病院、監察医務院
  明治29年(1896)本格的大規模施設建設、3月31日、本所長岡町より移転完了、
  大正12年9月(1923)関東大震災で壊滅。
  
●板橋・大山
  大正12年9月23日大塚より引っ越し
  関東大震災後、板橋・大山の競馬場跡に建てていた新施設に急遽、引っ越す。
  ;地図の外になるが、板橋宿仲宿の近く。近藤勇の斬首されたところも近い。

Ь石川養生所、薬園

┛絣愆曄多紀一族の漢方医学の教育所

昌平黌(しょうへいこう)

大久保一翁屋敷、三番町

蛮書調所:田安門出た所、九段下

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事