ここから本文です
なんか記事がまともにアップ出来ないです。アップ出来ても今度は修正が反映されない。なんじゃこりゃ?
おはこんばんにちわ。
今回は久しぶりなSDガンダムの紹介になります。


イメージ 1
バンダイより発売されたSDガンダム Gアーマーユニットです。
これは食玩として同社から発売されたSDガンダムコロニーの関連商品となりまして、同じく食玩として1994年に¥300で発売されたものです。
商品仕様としてはGアーマーユニット+メッキ人形が入っていますが今回はメッキ人形が見つからなかったため本体のみの紹介となります。


パッケージ

イメージ 2
イメージ 3
裏にはSDガンダムコロニーと組合わせた時の遊び方一例が載ってます。
側面はアソートの説明ですが付属のメッキ人形はランダムで入っているのがわかります。
ちなみに箱の裏は組み立て説明書です。

①コロニージェット

イメージ 4

イメージ 5
2門のコロニービーム砲を装備した戦闘機。
4基のGコロニーエンジンで最大マッハ15のスピードだ!

形は下部にカーゴをつけたGファイターと言ったところ。スラスターはシールで再現されてます。


イメージ 6
ギミックとしては機体上部のコロニービーム砲が左右に可動、カーゴのハッチ開閉、機体上部にガン消し(メッキ人形)を乗せられます。カーゴの横のパーツは別売のSDガンダムコロニーのベースを取り付けるものですが付けようとしたら折れそうなので断念。


②コロニータンク

イメージ 7

イメージ 8
二本のドリルと二門のハイパーコロニービーム砲を装備した戦車。二基のGコロニーエンジンで駆動する!

ドリルとキャノン、キャタピラが付いたタンク。
男のロマンですな〜(´▽`)

多分単体で買って一番遊べると思う。
コロ走行出来るし。


イメージ 9

タンクはコロ走行の他にビーム砲が可動。
また別売のSDガンダムコロニーのベースを取り付けることが出来ます。
またコックピットは角度が変えられます。


③コロニーベース

イメージ 10

イメージ 11
ハイパービーム砲と2連装の対空砲をそれぞれ2門ずつ装備している。
対空レーダーで、敵をキャッチする。

多分ハズレ枠・・・。
一番基地っぽいかもしれないけど・・・。

イメージ 12
ギミックは武器がついてる部分は固定されてなく回転する。もちろん食玩のベースにからませることができ、対空砲の下の出っぱりにベースを固定させることが出来る。(パッケージ写真のような状態です)
しかし付けようとしたら折れそうなのでまた断念。古いんですよ・・・。


三種合体
イメージ 13
なんとも言えない無理やり感。
悪くないですねぇ・・・。
説明書にも載ってるんで正式な合体かと。
食玩のベースが沢山あれば映えるかも?





今回はGアーマーユニットを紹介しました。
SDガンダムブーム末期の商品で他のブーム期のSDガンダム艦隊や武者城等の基地ものに比べるといまいちかもしれませんがモノ自体は悪くないかも・・・でもやっぱりジオラマ好きな自分としては武者城とかの基地ものの方も出て欲しかったですね。(。・ω・。)

最後にまた適当に並べてみました。
イメージ 14


それではまたまた〜

この記事に

開くトラックバック(0)

久しぶりなおはこんばんにちわ。

しばらくぶりの更新になりますがその間に長雨、台風やら殺人的暑さやらで大変でしたがなんとか生きてたりします。


取り敢えず今回は久しぶりの更新なので以前アップしたヴィルガストのレビューをもう一度しようかなと。

というのは最近メルカリやヤフオクでヴィルガストの出品が相次ぎパーツが以前より揃って来たためです。
後追いには本当ありがたいです。

という訳で今回はこちら。
イメージ 1

もちろんコンプはできてないので穴だらけですがお許しを・・・

まずはキャラクター編 その1・・・


◯ 三池 瞬  
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4








イメージ 5



主人公ですね。ヒポサイクロプスに敗れて負傷後アリア国から譲り受けた新しい装備です。
これは第3装備になるのか?
皮装備から大きくかわりパワーアップしてます。


◯ 中島 美智子
イメージ 7
イメージ 6
イメージ 8








イメージ 9








正式参戦したヒロインです。
デザインがキューピーでもフル装備ですとなかなかかっこいいかも。
けどなぜか瞬、リュキアと違い直立姿勢・・・

イメージ 10
イメージ 11









しかし美智子はインナーはブルマです。
ヴィルガスト1では洗脳ビキニ鎧だったしネタにはつきない人です。


取り敢えず今回はこのぐらいですかね。
次回があればイコリーナさんとクリントをやるかも。
ちなみにリュキアはエピソード2では新規追加はないためやらないです。

本当にフル装備ですとかっこいいですがやっぱり単体だと造形が厳しいかも・・・


この記事に

開くトラックバック(0)

ついに来ましたよ!

おはこんばんにちわ!

いきなりですがうちについに来ましたよコレが!


イメージ 1

イメージ 2


スーパーミニプラ 獣騎神 キングブラキオンです。
恐竜戦隊ジュウレンジャーに登場するロボで大獣神を最強形態にするには必須のロボットです。
これでジュウレンジャーのロボは揃いました。

さすがにだいたい13,000円のミニプラ、箱がそこそこでかいです。

ただ、今すぐは作らないかも。
開封、ラムネを食べてパーツ不良のチェックだけして戻しました。
他の人の作成ブログや動画をみてから作ると思います。

でもやはり当時の玩具のパッケージデザインを踏襲してあるのが良いですな

ライブロボとライブボクサーも楽しみにしてますよ〜

この記事に

開くトラックバック(0)

おはこんばんにちわ。

先日bruderのLANDROVERのジャンクを買いました。
横文字を使ってますが要するにミニカーです。

イメージ 1

イメージ 2



このジープ風な感じ?もなかなか引かれます。
また外車なのでハンドルが左側に有ります。

今回買ったのはミラー欠品、後部のドア破損など有りますが、まあ500円とワンコインなのでこんなもんかなと。
ちなみに新品は4100円位です。

あとbruder社というのはドイツのおもちゃメーカーでして創業は1926年とかなり老舗メーカーです。
日本でも通販用のサイトがあり新品の購入は可能です。


イメージ 3

イメージ 4

タイヤはゴム製、ダイキャストは使われていないですがなかなかの大きさの為
存在感があります。
縮尺は16分の1となっています。
各部ドアは開閉可能でボンネットも開きます。


イメージ 5

各タイヤにはサスペンションが内蔵されているため押し込むとこうなります。



で、このシリーズは16分の1なんですよね・・・

ならば・・・


イメージ 6

やっぱり食玩のミニフィギュア系と相性良いですね。
私はウルトラマンVSしかないのでこれを使います。


イメージ 7

イメージ 8

運転手はハンドパーツの関係からウルトラマンジャックに。
するとちゃんとハンドルをつかめました(笑)
タロウも違和感ない・・・スゲーピッタリ!

イメージ 9

後部にはセブンとエース、こちらは若干きつそうですがなかなか・・・




イメージ 10

今回はbruder社のLANDROVERでした。
馴染みの薄いメーカーかもしれませんがこれ食玩のミニフィギュアやミクロマン等を集めてる人にはちょうどいいサイズだったり。
ただしミニフィギュアとのサイズがちょうどいいだけであって飾るときにはかなり場所をとるためなかなか薦めにくいかも。


とりあえずしばらくはこのまま飾ろうかな

しかしこうみるとステップワゴンのCMみたい・・・

この記事に

開くトラックバック(0)

おはこんばんにちわ。

今回はこちらになります。


イメージ 1

バンプレスト 機動戦士ガンダム
SDフラッシュアクションです。

こちらはアミューズメント商品、簡単にいうとUFOキャッチャーのようなゲーム機で獲得する景品になります。

2000年にコンビニ愛テムのくくりで展開されました。

仕様としてはゼンマイ走行、目の部分が発光といった割とシンプルなギミックですが何より造形が素晴らしい‼
これぞSD的な体型がなんとも言えません。


イメージ 2

後ろから。
台紙は共通です。
実はアソートは全4種でしたがガンダムは獲得しませんでした。
ライフルを両手持ちしてるから腕が長すぎに見えてそこが気になったからですが今思えばとっとけば・・・


イメージ 3

とりあえずは量産型ザクを開けました。
中には本体と説明書のみです。


イメージ 4

本体後ろから。絶縁シートがありますが、これがスイッチの代わりになります。点灯させるときは抜く、消すときはまた差すといったところ。


イメージ 5

点灯!
なかなか良いですね。
何かモノアイ起動音も欲しいですね。

ただし経年劣化でゼンマイがまともに走りませんでした。
本当ならとことこ歩くようになるのですが残念ですね。


この景品に限らずバンプレストの特定の作品の景品は出来が凄く良かったなと思います。(ガンダムやエルガイム・ダンバイン等の単一作品)

また2000年前後もアミューズメント商品の全盛期だったこともありキーホルダーやライト、時計など様々なものがありました。

今ではバッグ等の実用品やフィギュアが主ですが再びこういうおもちゃ的なのも出せませんかねぇ?

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事