観音寺あけぼの山の会

自然の中で心と体をリフレッシュ!山に登ろう!会員募集中!

全体表示

[ リスト ]

8月20日〜21日に、愛媛県鉄砲石川キャンプ場にて行われた沢登り交流会に、5名が参加しました。
1日目、まずは、青空の下、資料をもとに沢の用語、遡行図、安全な沢登りについての講話がありました。今年は、雨が降らず沢にも水が少ないそうです。

イメージ 1

次は、近くの沢で実技を行いました。沢で起こった事故を再現し、事故の原因を解明してくれました。最短距離で沢を渡った時、岸でザイルを支えている人にかかる力は、400キロ近くになるそうです。当然、激流に巻き込まれてしまいます。それを知っておくことが大切です。

イメージ 2

そこで、安全に沢を渡るための方法を学びました。3種類の方法が、講師の先生から、次々とザイルを使って説明され、圧倒されました。

イメージ 3

沢を渡っていた人が流された場合、その人を沢から引き上げるザイルの使い方を実際にやってみました。

イメージ 4

2日目、沢の景色が素晴らしく、しばしみんなで眺めました。

イメージ 5

そして、5人くらいのグループに分かれ、沢登りの始まりです。地図とコンパスで、現在地を確認しながら、進みました。

イメージ 6

水量が少ないので、水が溜まっている所に入水して楽しんでいる人もいました。なめ床では、スライダーを楽しむこともできました。

イメージ 7

ここから鉄砲石川左俣に進みます。岩登りのように、小さな滝を登ります。危険なところでは、ザイルを使いました。

イメージ 8

最後に、みんなで感想を言い合いました。水量が少なくて残念だったこと、素晴らしい初心者向けの沢だったことなどが出されました。

イメージ 9

沢には、赤腹イモリやサンショウウオ、アメゴなどの小魚がいて、可愛かったです。
初心者だったので、滑るのが怖かった(~_~;)です。楽しそうに、スライダーをしたり、水に入ったりしている人が羨ましかったです。だから、キャンプ場に帰ってから、近くでスライダーをしました!

巷では、暑いのですが、ここではとても涼しく、沢でも涼しく、暑い事を忘れていました。

また、来年も参加したいと思った沢登り交流会でした。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事