全体表示

[ リスト ]

おはようございます!
9月20日、土曜日の朝、いかがお過ごしですか? 松本 潤です。

え〜、今日は、僕も大好きなアーティスト、小田和正さんが61歳の誕生日ということで、
おめでとうございま〜す!! 61歳ですよ。
今、ツアー中? もう終わったのかなぁ。 ツアーやってたと思うんですけども。
えー、今回は行けずで、残念だったんですが。はい。
すごいですね。えぇ。今日はちょっと、曲聴いていただきたいと思っております。

♪1 ラブストーリーは突然に/小田和正


あらためましておはようございます。嵐の松本 潤です。
今日のオープニング曲は、小田和正さんで『ラブストーリーは突然に』を聴いてもらってます。
小田さんとの出会いはこの曲ですねぇ。92年だよね、たしかね。

えーっとねぇ〜、すっごいよく覚えてるんですよ、ボク、小学校2年だったと思うんですけど、
あんねぇ、昔、交通事故に遭いまして、2ヶ月入院してた時に、
もちづきさんっていうね、女の子なんですけど、
えーっとねぇ、オレ、小2で、その当時たぶん、中学生ぐらいの女の子だったと思うんですけど。
その、同じ病棟に入院してて、こう、いろんな曲を、
おすすめみたいなのをまとめてくれたんですよ、カセットで。
で、その中に入ってた曲っていう印象がありますね。
それこそ「東京ラブストーリー」?だよね、これね。
「東京ラブストーリー」自体はね、全部ちゃんと観てないはずなんですよ。あの、リアルタイムで。
それこそあの、「カンチ」ってところとかは「○×△しよ」って…、
言うところとかは聞いてたんすけど、聞いてたんじゃない、観てたんだけど、
観た記憶はあるんですけど、全部が全部やっぱ観た記憶、ないっすかねぇ。

この曲はすごいっすねぇ。あの、ほんとかどうなのかちょっとわかんないっすけど、
フジテレビのプロデューサーの爐おたさん瓩箸いκがいらっしゃって、
そのおおたさんが小田さんに曲をお願いしたいって話をした時に、
まぁ、噂ですよ、僕が聞いたのは、あの、ご本人に聞いた話じゃないですけども、
その〜、デモを持ってった時に、こういう曲にしたいって話をした時に、
「いや、こんな曲じゃダメです」って、初めて小田さんが言われたらしくて、
こ〜の野郎と思って作ったのがこの曲だったらしくて、そしたらドカーン売れたらしいっすよ。
ほんとかどうかわからないですけど。っていう話を聞いたことがあります。すげぇなって思いました。

でもこのギターのさぁ、あのイントロの始まり方とかさぁ、
もう聞くだけでやっぱ、一発でわかるじゃん。
ライブとかでもさぁ、かかった瞬間やっぱ、うぉ〜!ってなるし、えぇ、すごいなと思いますね。
やっぱ印象、今でも印象的ですね。そしてこの曲を聴くと、小田さんのコンサートのことと、
その爐發舛鼎さん瓩里海箸鬟椒は思い出します。はい。
あの、この曲だけじゃなくて、ホントにそれこそオフコースの頃からもそうですけど、
すごい、いい曲たくさんあるなって思いますね〜。えぇ。
ってことで、小田さんおめでとうございます。
ここでもう一曲、小田さんの曲を聴いていただきたいと思います。

♪2 まっ白/小田和正


松本 潤がお送りしている嵐JUN STYLEです。
ずいぶん前の話になっちゃうんすけど、映画「ダークナイト」。
え〜、ボクね、公開して3日目かなんかに観に行ったんですよ。夜。面白かったですね!
あの〜、それは、明日発売になるその、ボク「ロードショー」っていう映画誌で、
連載やってるんですけど、そこで毎週…、あ、毎月1本映画を観て、
その映画について、こう、話すってことをやっているんですが、
9月発売のその号がですね、「ブロークバックマウンテン」でヒース・レジャーが、
まぁ、出てるんですけども、それでまぁ、すごいやっぱ面白くて。
あの、面白さがちょっと独特なんですけど、こう、観終わってスカッとしたとか、
観終わった時にこう、感動したなぁとかっていうことではなくて、
観終わった時は、けっこう、なんか、さーっと流れてくんですよ。
なんだけど、あ、これはこういう事だったのかなぁとか、
う〜ん、へぇ〜とか、なんかこう、ふとした時に、その「ブロークバック…」の、
なんか映像とか、なにかをこう、フラッシュバックしてくるっていうか、
なんかね、不思議なこう、印象を残す映画なんですよね。

で、まぁ、ヒース・レジャーが、まぁ出てまして、まぁ素晴らしいわけですよ。
で、まぁそれもあって、「ダークナイト」を観たいなと思って、
こないだ、その公開して3日目ですか、に、まぁ観てきて。面白い作品でしたね、すごく。
あの、まぁ面白いって言うとちょっと、えーっと、テーマが違うかもしれないですけど、
ボクは好きでしたね。
あれを、あの映画が、アメリカ人がはまって歴代記録みたいなのを作ってるっていうことも、
なんか、不思議だなっていう印象ですね。う〜ん。
まぁ、ある側面から見ると、あ、確かに好きそうだなって思うんだけど、
ある側面から見ると否定したくはなるんじゃないかなって思うんだけど、
それでもそうやってウけてるって言うのは、う〜ん、面白いなぁと思いましたね。

まぁ見る側に、こう、それこそさ、日本とかでもありますけど、
こう、なんつーの?こう、観てる人に悪影響を及ぼすから、なんか自主規制しようとかさ、
っていうことがあるみたいだけど、
すごい面白いなと思ったのが、その、えーっとぉ「ブロークバック…」で、
その雑誌で連載やってる時に話をしてたんだけど、
ニコラス・ケイジがその、同じようなことを昔言われたことがあったんだって。
その作品で、こう、観る人に対して悪影響を及ぼすようなことを、
しちゃいけないんじゃないかみたいなことを言われた時に、ニコラス・ケイジが言ったのは、
「見る側が、やっぱりこれからは頭がよくなるべきだ」っていうことを言っていて。
ふーんと思って、確かにそうだと思うんですよ。選択ができるでしょ、やっぱり。
それを頭ごなしにNOという、まぁNOと言わないのもどうかとは思うけど、
まぁ、そこはなんかこう、うん、そのなんかこう、まぁ返し方ですね、ボクが面白いなと思ったのは。
あの、そう言われた時にニコラス・ケイジがそう返したっていう返し方が、
すごい面白いなぁと思うんですけど、ある種、なんかそれは確かにそうだなって、
ボクは思うところがあって、やっぱりこう、規制規制規制と言われて押しつけ…、
なんかこう、萎縮して小っちゃくなるのは、いいものを作んないではないかなぁとは思います。

ただその反面やっぱりこう、規制をすることもそうだし、う〜ん、自分たちからこう、
影響を与えると言うことをちゃんとわかった上で物を作ると言うことの両方が、
やっぱバランス良くできるような、
うーん、業界になればいいなっていうのはすごく感じますね、ボクは。うん。
まぁ、そんな事もなんか考えながら観てたんですけど「ダークナイト」う〜ん。
なんかそうですね、いい時間でしたね。そういう意味で。えぇ。
まぁそんな近況でございます。はい。

♪3 If I Ain't Got You (Black Eyed Peas Mix)/アリシア・キーズ


さぁ、ということで話すことがなくなりました、ついに、3本撮り。ふふふ。
何しゃべろうかね。このまま何しゃべろうかねって言って終わってみるっていう手もありますけど。

いい?古い話でも!あの〜、まぁさっき、映画観に行ったって話もしましたけど、
もうこれも先月の話になるんですけれども、歌舞伎も観に行きまして、
歌舞伎観たのも、けっこう、ひっさびさだったんですよね。
8月の歌舞伎座の方に行ってきたんですけども。
『愛蛇姫』という、野田秀樹さんがオペラの『アイーダ』を歌舞伎に翻訳してやってる、夜の部、
観てきたんですけど、これもすごかったですねー。う〜ん。
なんかもう、そうだな、作り方とかテーマとか、あぁこの言葉いいなとか。
後はもう展開とか舞台の構成の仕方がやっぱすごいなと思いましたね。
歌舞伎座でこう、あのー、ファンファーレが鳴ったりとかしてるところとか、
そんな楽器鳴るの?っていうところとかがやっぱ聞いてて耳に入ってくる、
こう感じとして好きでしたね。
歌舞伎座でその音を聞くっていうのは面白いなぁ〜と思って、えぇ、聞いてましたけども。えぇ。

歌舞伎も久々に観て、すごい面白かったですね。
今度ねぇ、ボクの友達が、狂言やってる友達がいるんですけど、
その友達が初めて自分の会を開くって言ってて、
それ観に行けたら、行きたいなと思っているんですが、
なんか伝統芸能は伝統芸能で、すごい奥深かったり、
いろいろ今、現代的なことをやってるボクからすると、
すっごいヒントになることがたくさんあるんで、面白いなぁ〜と思いますね。えぇ。う〜ん。
そんな歌舞伎も、最近、全然観てなかったですけれども、えぇ。
9月入って、歌舞伎だけじゃなく舞台、映画観ていきたいなと思っております。
はい。そんな感じです。

♪4 truth/嵐

♪5 One Love/嵐


いかがだったでしょうか今日のJUN STYLEは。
えー、エンディングは嵐で『ONE LOVE』聴いてもらってます。
9月はまだやってると思うんすよね、まぁ場所によると思うんですけども。
ボクが今聞いてる話だと、9月一杯ぐらいはたぶん全国でやってるんじゃないかということなんで、
えー、映画「花より男子F」観てない方、観ていただきたいと思います。

え〜、インフォメーションです。
え〜、もう1ヶ月たちましたね『truth/風の向こうへ』発売中です。はい。
そして今かかってる『One Love』も発売中でございます。
え〜、そして、この番組では皆さんからの参加も待っています。

10年目に突入する嵐でございます。まぁ正確に言うと突入したのかな。結成日でいうと。
突入しましたね。えぇ。嵐さん。
えー、ホントにみなさん、日ごろからお世話になってる応援してくださってるみなさん、
ありがとうございます。
えー、そんな嵐に希望することとか、こんな1年にして、一緒に祝いたいなどなど、
お便り送ってきていただきたいと思います。

も〜9月も20日ですよ。ボクの夏はどこだぁ〜〜〜…。がんばります。
いや、いいことですよ。えぇ。ホントにね。ありがたいと思います。
がんばっていこう…、てな感じで、また来週聴いていただきたいと思います。
お相手は嵐の松本 潤でした。バイバイ!

この記事に

閉じる コメント(2)

アバター

今回は、リアルに聞けたのですが・・・
ここにくれば、また潤くんに浸れる思って、お邪魔しています。
今回のツボは、やっぱり「○×△しよ」のとこですかね・・・
ちょっとエコー入ってて・・・思わずにやけてしまいました。
ホントいつもありがとうございます!!!

2008/9/22(月) 午後 11:13 ゆきだるま 返信する

今回は、自分の趣味的なことについて、喋りまくってましたね。
松潤が小田さんを好きだと聴いて、自分もそうなので、ニンマリしてしまいました。
それにしても、歌舞伎までいけるとは、なかなか幅が広いですなぁ〜、彼も!

2008/9/23(火) 午前 1:31 インディわん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事