そこにある幸せ

やりたいことがあってブログの時間がなかなか取れません

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

想念の影響

最近難解な用語を使って分かりにくいことを書いています。

 できるだけ易しく書こうとしているのですが、なにぶん非才ですので(^^;。
もっと分かりやすく表現できるようになったらもう一度書き直してみたいと思っています。
イメージ 1
 人の想いは眼に見えないけどエネルギーです。
そして、そのエネルギーは色々な作用をします。

 漫然と想う場合は微弱なエネルギー、強く想う場合は比較的強いエネルギーを発することになります。
ですから母親が子供の安全を願って祈るという行動をすると、そのエネルギーが子供の周りに漂って子供の力になるのです。

 ただし、メンタル体が発達した人とそうでない人ではエネルギーの力が違います。高度に発達したメンタル体を持つ人の想いは多くの人に影響を与える力があります。

 人の想念は、特にそれが強くかつ明瞭であればあるほど、他の多くの人々に必ず影響を与えるのであるから、考える人にはすべて大きな責任があるのである。不純な想い、あるいは邪悪な想いを懐いている人は、そのことによって人々の間に非道徳的という伝染病を撒き散らしている、といっても過言ではない。

・・・中略・・・

 善き想念が同様にして他に善い影響を与えることはいうまでもない。したがって、このことをよく理解している人は、絶えず自分の友人や隣人に、愛や静謐や平安などの想いを放射して事実上太陽と同様の働きをすることができるのである。もしその気になれば、人は想念の力によって善のためにどれだけ大いなる力を発揮しうるものであることか、このことを知る人は少ない。


・・・中略・・・

 数名の人たちが集まってなす想念の力は彼らが個人個人で考える想念の合計よりも遥かに強力である。それはその結果を見ればよくわかる。したがって、高いレベルで想念を発しうる何名かの人々が街の真ん中で絶えず会合することはその市や地域社会にとってきわめて有益である。
神智学大要 メンタル体(上) A.E.パウエル編著/仲里誠拮訳 出帆新社 より引用

 想いのエネルギーには方向性があります。
そしてそのエネルギーは同じような傾向の考えを持つ人がキャッチしやすいのです。

 例えば憎い人を殺したいなどと思ったとします。
周りに粗暴な人がいると、そのエネルギーをキャッチして暴力的、攻撃的な性質がより高まります。
その為に自分が被害に遭う可能性もあるのです。

 もし周りにキャッチする人がいなければ自分のところに戻ってきます。
類は友を呼ぶわけです。攻撃的なエネルギーを発すると言うことは自分の心(正確な表現をすれば違うのですが)にも同じエネルギーがあるのですから。

 逆にいつも周りに愛情を注ぐ気持ちでいると、周りの人の愛のエネルギーを高めます。
平穏な心で、平和を願う、あるいは家族の、友人の幸せを願うと良い影響を与えることが出来るわけです。

 また善いエネルギーを発している人と一緒にいる、あるいは本を読む(書物からもエネルギーが伝わります)、講演を聴くことも善いエネルギーを受け取ることになります。

 メンタル体の発達した人は(計測器が無いので計りようがないのだけど)一人でも大きな影響を与えることが出来ます。でも我々のような(特に私は)凡人でも人数が集まることによってエネルギーを増幅することが出来ます。

 善い友達を選び、その人達との交流をすることは非常に重要な要素だといえます。私は善い友人達、家族を持って幸せだなと思っています。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事