Inokutyのブログ〜全国津々浦々、ご当地レポート〜

全国各地で出会ったご当地ものやラーメン、食べ物、乗り物、珍地名などを紹介します!

全体表示

[ リスト ]

釧路市のお隣、釧路町の道道142号沿いは、全国屈指の難読地名の集落が連続する地域です。
 
同じ難読地名が多い沖縄とは異なり、こちらはアイヌ語に漢字を当てたものが多いのが特徴です。
 
今回、厚岸町に調査に行く途中、立ち寄ったのが以下の18箇所です。
(この他にも幾つか難読地名の集落があります。)
事前知識なしでは、ほとんど読むことができません
 
 
イメージ 1
 
これらの難読地名の集落は、高台を通る道道142号から分かれた、海岸へ下りる細い道を下った所に位置します。
集落の入口となる道道142号に、それぞれ読み方と意味が書かれた看板が立っています。
 
では、釧路市側から順番に………
 
 
[1] 又飯時(マタイトキ)
 
イメージ 22  イメージ 23
 
マタイトキは、「海の瀬の荒い所」の意。
「Dinner time again」ではないですよ
 
 
[2] ※寄別(アッチョロベツ)   ※は寉の右に契    
 
イメージ 24
 
アッチョロベツは、「楡の皮を漬けておく川」の意味。
※印の文字は全くお目に掛かったことのない字です(汗)。
 
 
[3] 昆布森(コンブモリ) 
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
コンブモリは読めますね。北海道では比較的目にする地名です。
「昆布の湾、浦」という意味。
 
 
[4] 幌内(ポロナイ) 
 
イメージ 4
 
ポロナイは、「奥深い沢の川」の意味。
幌や内は、北海道の地名としては良く使われていますね。
 
    
[5] 来止臥(キトウシ) 
 
イメージ 5
 
キトウシは、「きとびる(行者ニンニク)の群生している所」の意味。 
「臥」を「ウシ」とはなかなか読めませんね…
 
  
[6] 十町瀬(トマチセ) 
 
イメージ 6
 
 
トマチセは、「エゾエンゴサクが広く群生している所」の意味。
 
 
[7] 浦雲泊(ポントマリ) 
 
イメージ 7
 
 
ポントマリは、「舟がかりが出来る小さな入り江」の意味。
入り江に下りる細い道を訪ねてみると、そこには小さな漁村と広大な太平洋が広がっていました。
 
イメージ 8
 
 
 
[8] 跡永賀(アトエカ) 
 
イメージ 9
 
アトエカは、「昔、海であったところ」の意味。
昔は、コンブのほか、タコ、サケ定置などの好漁場となっていたそうです。
 
アトエカの集落を訪れました。
太平洋に開けた、小さな漁村がありました。
 
イメージ 10
 
 
[9] 冬窓床(ブイマ) 
 
イメージ 11
 
ブイマは、「海の中に立っている岩」の意味。
海岸には、「ローソク岩」という直立した岩が立っています。
しかし、ブイマ、読めない〜!
 
 
[10] 初無敵(ソンテキ) 
 
イメージ 12
 
ソンテキは、「沼のような静かな浦」の意味。
読み方もさることながら、「敵がいない!」という縁起がよい?地名ですね。
実はこの看板、林の中に隠れていて、探すのに苦労しました
 
 
[11] 入境学(ニコマナイ) 
 
イメージ 13
 
ニコマナイは、「川尻に流木の集まる川」の意味。
全く読めません…。すみません。
 
 
[12] 賎夫向(セキネップ) 
 
イメージ 14
 
 
セキネップは、「樹木の少ない山で、石落ちるところ」の意味。
道道には展望台があって、海を一望できます。
 
 
[13] 分遣瀬(ワカチャラセ) 
 
イメージ 15
 
 
ワカチャラセは、「水が滝となって落ちているところ」の意味。
「遣」を「チャラ」と読むのか…
 
 
[14] 円山(マルヤマ) 
 
イメージ 16
 
マルヤマは、道道沿いに山の名前。
京都には円山公園があるので、読めますね。
 
 
[15] 老者舞(オシャマップ) 
 
イメージ 17
 
 
オシャマップは、「川尻に倉の形をした岩山があるところ」の意味。
老人の方の舞い、ではないですね。
 
 
[16] 去来牛(サルキウシ) 
 
イメージ 18
 
サルキウシは、「よしの群生しているところ」に意味。
道道142号から、尻羽岬に向かう林道に位置します。
 
 
[17] 古番屋(フルバンヤ) 
 
イメージ 19
 
フルバンヤは、「川下の陸岸が丘になっているところ」の意味。
「番屋」とは直接関係がないんですね。
 
 
[18] 仙鳳趾(センポウシ) 
 
イメージ 20
 
センポウシは、「小魚のたくさんいるところ」の意味。
難読地名の東端に位置する港町です。
 
イメージ 21
 
 
こうした、釧路難読地名の訪問を終えました。
 
次回は、牡蠣で有名な厚岸に向かいます。

この記事に

閉じる コメント(4)

うわ〜、読めない地名が多いですね。
そんな中、円山なんて書かれたら、何か違う読み方なんじゃないかと、疑ってしまいます(笑)

2013/10/20(日) 午前 8:51 [ kiz ] 返信する

おはようございます☆
難解ですね〜
円山と普通に読めるモノが出てきた時は何だかホッとしました(笑)
読むのも大変かも知れないけれど、キーボードで変換も大変そうです(^^ゞ
日本人だけれども、カタカナやアルファベットで書かれてると本当に有難いなぁ〜としみじみ思いました(^_^;)
面白いですネ♪

2013/10/20(日) 午前 9:35 tomomifox 返信する

顔アイコン

kizさん>
こんにちは。
円山が登場した際は、私も逆に何て読むんだろう、と考えてしまいました。
この地域、難読地名の集中率としては、日本一ではないかでしょうかね〜。

2013/10/20(日) 午前 11:37 inokuty 返信する

顔アイコン

tomomifoxさん>
こんにちは〜。
難解ですよね。パソコン入力の時は、単語登録しておく必要がありますね。
アッチョロベツの最初の字は、私のパソコンには入ってませんでした。
最初の地図の中の文字は、絵として2文字を合成させてます

2013/10/20(日) 午前 11:39 inokuty 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事