ここから本文です
きこさんちのおへや
きこさんちの屋根裏部屋元ブログ

久しぶり

久しぶりにブログを開けました。パスワードとか忘れていて、苦労しました。
やっとたどり着きましたよ。

この記事に

ブログに

以前ジオログでUPしていたこの「きこさんちのおへや」
きこさんの初代ブログなのですが、ジオログが終了ということで、このyahooブログに入れなおしました。
いろいろ変わりましたが、文章と写真は残りました。
今は「きこさんちの屋根裏部屋」になっていますので、最新版はそちらでご覧ください。下の写真は開成町の紫陽花
イメージ 1

この記事に

このブログ「きこさんのおへや」は新しいブロブ「きこさんちの屋根裏部屋」に引越しました
新住所は下記です
左下のリンクにも書いてあります

http://kikosanti.cocolog-nifty.com/kikosanti/

この記事に

セキセイインコ2

イメージ 1
全身の写真です。
まだ、シッポが短いわね。
名前はウーン、ぺぺかな?

この記事と次の記事は、「きこさんちの屋根裏部屋」にも載っています

この記事に

セキセイインコ

イメージ 1
屋根裏部屋が今メンテナンス中で書き込めないので、こちらで皆様にデビュー!です。
7月6日夜にきこさんちに来ました。
とっても臆病な子です。
まだヒナから成鳥へのなりかけです。
6日は新しいママの手から離れられませんでした。
やっとハウスの止まり木にのせてもらったけど、一歩も動けませんでした。それからも全然動きません。
水もスポイトで飲ますありさまで、この子は生きられるんだろうかと、とても心配な数日でした。
やっと、数日前からえさも食べだして、ハウスの中を動くようになり、今日、はじめて鳴声を聞きました。一安心です。
よかった!

それから、きこさんちのトップページが変わりましたよ!
ねこ苦手さんでも見やすく改良しました。このくらいなら大丈夫かな。

この記事に

きこさんの部屋

きこさんのおへやは新しいブロブにお引越しです
新住所は左の下の方に書いてあります

この記事に

ヒダノ君のテレビ放映

NHKの課外授業「ようこそ先輩」の放映があった

昨晩からビデオをセットして、うまく入りますように
録画予約は成功!ホッ
最近デジタルになって、セットボックスとの関係がうまく行かないことが多く、トラぶることが多い

放送は最初ヒダノ君の通学路から始まり、ちょっぴりわが家も写った

矢沢小学校の様子はとてもよく写っていた

今は借りれなくなったが、3月まで月2回「コールやざわ」で借りていた音楽室も写っていた
「ありがとう矢沢小」などと窓に貼られたメッセージもよく写っていた

さすがプロのカメラマンで、映像がとてもきれいだった
前景、背景、全形すべてに気が配ってあった
青空はあったけど、富士山があのころ見えなかったのか、映像がなくて残念!西側の窓や校庭から見える富士山が一番なんだけどなあ・・

太鼓を教わる6年生もすなおで一生懸命さが小気味よい
いい記念になったね
最後の3月3日のコンサートはすごかった!
みんなが一生懸命演奏する太鼓の音が、すごい迫力で体の中に聞こえてくるような感じだ



それにしてもヒダノ君はかっこいいなあ!
中学生のころドラムを叩いていたり、高校生のころ栄フィルでパーカッションをやっていたりした頃とは、全然別人のようだ

太鼓は筋力のいる楽器
筋肉がもりもりでたくましかった


ビデオ撮りも成功だったが、本物の映像が見たくて10時までねばり、終了後文化協会の総会準備にかけつけた。(集合は10時)
もちろん遅刻だったが、本郷地区センターはちゃんと総会の準備ができていた。すごい!

この記事に

つばめ

イメージ 1
昼ごろ 外に出たら
すずめやシジュウカラの鳴声の中に
つばめ の鳴声を聞きました

あらっ
どこにいるのかなと空をじっと見ていたら
ちらっとすがたが見えました

もう南の国から帰ってきたのですね

君たちの巣作りの場所は矢沢小学校でないんだよ
上郷小学校なんだよ
と 小さい声で 教えてあげました
ついでに 生徒もふえたらしいよ とも

この記事に

飛鳥

イメージ 1
桜咲く日本から 飛鳥兇出航した

101日世界一周の旅

高級車が買えるという旅行代金にもかかわらず
高い船室から予約が埋まっっていったという

七色のテープの向こうには 幸せそうな姿が たくさんあった

ボーっという霧笛のあと その巨体は だんだん岸壁を離れていく

そしてしばらくすると 目の前の壁はなくなり
ただの港の風景が見えるのみだ

夢の客船は ベイブリッジをくぐり やがて見えなくなった







この記事に

馬事公苑

イメージ 1
世田谷にある馬事公苑
ここで撮影の行われたNHKの朝の連続ドラマ「ファイト」に出てきた馬のジョンコのいた馬舎にも桜が満開だった。
エイプリルフールの4月1日、卒業以来、実に42年ぶりとなった「最初で最後の母校での同窓会」がこの馬事公苑のすぐ近くの学校で開かれた。
当時は回りに家1軒もなく、広々とした野原のようなところに校舎があり、近くにはこの馬事公苑と東京農大の大根畑しかなかったが、現在は普通の住宅、商業地になっており、42年ぶりに行ったら校舎を探すのも大変だった。28期生くらいから88期生まで約200人が参加した。ちなみに私は46期生。
エイプリルフールなので、同級生13人が全員来るという話はウソだろうと思っていたが、なんと、学校での行事には11人しか間に合わなかったが、次の場所には仕事を終えた残りのメンバーが2人来て、本当に全員の顔がそろった。
遠くは山口、広島、大阪、新潟から埼玉、横浜、東京からよくぞ集まったものだ。
それぞれに近況報告を聞きあい、現役で仕事をしているメンバーの多さにびっくりした。わたしなんざ もう20年以上も仕事をやっていないイソップの「きりぎりす」だった。
物故者が2人も出て、会えるときは会っておかなきゃと危機感があったことはたしかだ。
卒業時私の進路を心配してくれた恩師は3月9日に亡くなっていた。3週間前の出来事だ。会いたかったなあ。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事