パチンコCR銀河鉄道999と80年代レトロゲーム

80年代の若かりし頃に嵌った思い出深いものを綴っています

80・90年代の映画・アニメ

すべて表示

津川雅彦

津川雅彦さんが亡くなられた。
80-90年代の津川さんの映画、ドラマが印象に残っているが、津川さんとは世代が違う。親子ほどの開きがある。だから70年代の活躍は全く知らない。

見た目も悪者顔でどこかカッコいいが、どこか真剣で真面目そうな演技が好きだった。
もちろん兄の長門裕之も好きだった。

自分が良く覚えている作品を語ってみたい。

津川雅彦さんを初めて見たのを覚えているのは確か1983年のNHK大河の「徳川家康」。主演は滝田栄だったが、津川雅彦は幕府の金山奉行「大久保長安」役。言葉足らずで申し訳ないが、その演技は子供の時分が見ても印象的だった。狡猾で女癖が悪く、野望もある。まさに大久保長安にぴったりな役柄だったのだ(詳しくは大久保長安事件 - Wikipediaを参照していただきたい)。兄の長門も家康・側近本多作左衛門を演じている。

大河には欠かせない役者だったが、その次は2000年の「葵三代」の家康。正々堂々とし、英雄色を好み、関ヶ原で天下取りを目指す、まさに家康のイメージ通りの役柄でした。また家康晩年の演技では豊臣氏を滅ぼすべく、あらゆる手段を駆使し、その老獪な家康を演じている。

時代劇ばかりではない。

イメージ 1伊丹十三の1987年の映画「マルサの女」の国税局査察部統括官という堅い役人、花村を演じた。ノンキャリアで現場で先頭に立ってガサ入れを行う、現場の人間役だった。この映画を見て国税局査察官への志望者も多かっただろう。ちなみに1994年の国税局の査察官就職案内に「マルサの女」が紹介されていた。以降、伊丹十三作品に多く出る。宮本信子とのコンビもぴったりだったし、脱税した山崎務との対決シーンもみもの。
「支店長!架空名義の金額はいくらなんだ!」「...1億8千万....です」

1993年には「憎しみに微笑んで」というTBSドラマもあった。
好色家の不動産経営者を演じる。TBSオンデマで観れた模様。

イメージ 2そしてあの必殺シリーズ最終章「必殺!主水死す」(1996年)の劇場版映画。
大奥のゴミを始末する葛西衆元締めの「権の四朗」という役。13代将軍家定生母お美津の方の手足となり、大奥取締り上臈年寄姉小路、老中水野と反目しあう。そして仕事人の中村主水との恋敵を演じ、その不気味な役が面白い。



ちなみにこの必殺を題材にしたセガサターンのアクションゲーム「必殺」はプレミア作品。



ここ数年、テレビで見かけなくなったと思ったら4月に奥さんの死別を受けての5月の記者会見で久しぶりに見ることができた。それからたった4か月のことだった。若い頃、良く観ていた俳優だっただけにとても悲しい。

素晴らしい演技を有難うございます。
ご冥福を祈りたい。

その他の最新記事

すべて表示

メーカー:呉ソフトウェア工房(KSK) 対応機種:PC88/SR、X1、FM-7 価格:6800円(5インチ2D)、4800円(TAPE?) 発売年:1986年 80年代半ばのパソコンゲームでは ...すべて表示すべて表示

Jリーグウィニングゴール

2018/7/28(土) 午前 0:11

ワールドカップが落ち着いた中、紹介するのはゲームボーイ「Jリーグウィニングゴール」です。 箱説付98円+税だったので買ってみました。 メーカー:エレクトロニック・アーツ・ビクター(EAV) 価格:5 ...すべて表示すべて表示

最近買い付けが困難だったセガサターンのゲームをハードオフにて久しぶりに見つけました。 探していたソフトの一つで多少キズものでしたが、帯付で108円と大変お得でした。 値札を見ると1507は2015年7月に値付けしたらしい。 ...すべて表示すべて表示

ブログリンク

更新

.


みんなの更新記事