パチンコCR銀河鉄道999と80年代レトロゲーム

80年代の若かりし頃に嵌った思い出深いものを綴っています

花のあすか組(フジテレビ版)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 前のページ | 次のページ ]

4話

040イエローリボンが風林火山と遭遇するシーンNEW!

イメージ 1
渋谷宮下公園前の明治通りとのY字路、ここにイエローリボンの一人が入ってきます(左図)。本編では一瞬ですが、Y字奥の褐色のビルが確認できます。ここは渋谷に詳しい方ならわかると思います。
 
 
 
イメージ 14
イメージ 13
風(速水昌未)が現われるシーン(左図)。
それから右の小道に入ります。
 
林(千葉美加)が現われる(右図)。
正面の赤褐色の建物が本編にもあります。
 
 
火(和久井映見)の現われるシーンは林のアングル左90度の方向なんですが、家が建ってしまって検証がしにくいです。
 
イメージ 15山(蜷川香子)が現われ、イエローリボンを放り投げるアングル。
正面の赤褐色の建物と金網が確認できます。
 
この広場に風林火山に取り囲まれます。
右手は古くなった都営住宅がありますが、本編でもまだ新しい同建物が写ります。
 
 

041あすかとミコがイエローリボンから助けを求められる公園のようなシーン

埼玉県朝霞中央公園野球場出口付近。
ここは中期オープニングであすかが走ってくる紹介シーンでも使われています。

042西5区であすかとミコが山と遭遇し、自転車を投げられるシーン

イメージ 2
吉祥寺図書館周辺。
正面の建物の色は異なりますが、概観が本編と全く同じで周囲の位置関係も当時と変わりありません。ただ右側は現在無人駐輪場になってるようです。
 
 
 
 

043西5区であすかとミコが初めて林に待ち伏せされるシーン

イメージ 3
吉祥寺シアター周辺。
本編で通り奥の建物の概観が一致してます。また左側の水村歯科医院は本編で一瞬映る医院の駐車場になっていました。シアターはまだ当時なかったようです。
 
 
 
 

044あすかとミコが山に追跡され、更に行く手を火に待ち伏せされるシーンNEW!

イメージ 11
イメージ 10
本編で左図正面十字路からあすか・ミコが山に手前に追い立てられます。茶色の飲食店風建物が本編と一致しています。
 
右図では火が待ち伏せした時のあすか側のアングル。本編でもクリーニング店の看板が確認できます。
 
イメージ 12
火側のアングル。手前右の壁の模様やざっくりとですが、奥右の建物も一致しています。実はこの3ショットは同じ一本道で距離が結構あります。本編では撮影技術によって短く見えるようにしてます(カメラ引きやUPを駆使してます)。
 
 
 

045西5区であすかとミコがスケボーで林を突破するシーンNEW

吉祥寺本町の繁華街とすぐわかりますが、当時と変わってしまって特定するのに時間がかかりました。本編で三井信託銀行の看板が一瞬見えたので参考になりました。現在の中央三井信託銀行から道路を挟んだ路地です。イメージ 7イメージ 6
右図ではあすかとミコがスケボーで手前に迫ってきます。斜めに不自然な電柱が本編でも写っています。遠くに三井信託の茶色の看板が見えます。左図では林が紙を投げつける場所と思われます。
 
 

046西五区であすかとみこを風が待ち伏せするシーンNEW

イメージ 8
イメージ 9
左図で風が待ち伏せする。遠くの褐色の建物も本編でも写っている。右図は逆アングルであすかとミコが出てくる。右側の白い壁、レール付きの扉も本編で確認できる。
 
 
 
 

047風林火山のいるあけぼの橋、西六区であすかとみこが横断歩道を渡った道路

イメージ 4
当時とほとんど変わらず、正面のビル群も確認できる。本編では手前から奥へあすかとみこが突破する。
西早稲田2丁目新目白通り。
ここもすぐわかる。右図で正面のマンション1F部分もほとんど変わりなし。本編でも一瞬都電荒川線の線路も見える。奥はあけぼの橋。
 

048あすかが野立てをし、風林火山が上った坂

イメージ 5
微妙に狭い感じがするが、間違いなさそう。
 
右図は坂の上からの逆アングル。左手の白い家、格子窓が本編でも確認できる。当時、フジテレビが河田町にあったので整合性も取れる。
 

001前期エンディングであすか・ミコ・はるみがジャンケンをしながら登ろうとする陸橋

イメージ 1
都道413号を渡る渋谷NHKホール側から代々木公園に向かう陸橋。
 
よく観察するとこの付近は色々なシーンに使われています。
 
 
 

002前期でエンディングであすか・ミコ・はるみが歩く歩道


代々木公園を通る都道413号の歩道。
正面は代々木公園交番のある交差点です。





1話

010金貨が転がり、あすかが一回転する坂のシーン

イメージ 2
豊島区高田二丁目17番地。
 
ここは当時とほとんど変わっていないようです。
 
 
 
 

011紅が馬に乗ってくる道と泰山学園の正門

イメージ 3
写真と本編のシーンを比べると校舎だけでなく、中央の緑地帯と時計の位置が非常に似ています。本編で紅が馬に乗ってくる道には自転車道と歩行者道の標識が見えますが、反対側から見たグーグルマップ(右)でも今でも標識が確認できます。推測ですが、紅と対決したシーンなどこの学校の校庭だと思われます。
 

012紅がサチ(佐藤恵美)を痛めつけるシーン、2話での紅のアジトなど

エンドロールクレジットにJ TRIP BAR  六本木とあります。アートギャラリーで一致しました。
東映ロケ地に当時流行のクラブを起用したのは違和感があります。
 
3話
 

030ミコが弁当を食い、光子と智代がタイマンはる神社NEW!

練馬区高松八幡神社
本編で微かに八幡神社と読めますが、神社前面の木や2つの銅像、周りの建物の位置関係、ミコの居る階段など一緒です。
 

031ミコがあすかを待ち伏せし、背景に渋谷NHK放送センターが見える陸橋

イメージ 5
イメージ 4
都道413号を渡る渋谷NHK放送センター側から代々木公園に向かう陸橋。
本編で陸橋上から都道413号を見下ろしたシーンが、現在(右)と同じなのが確認できます。この陸橋は多くのシーンで使われます。
 
 
 
032ミコが夜、酔っ払いに絡まれるシーン
池袋南口、南池袋公園付近。
 
イメージ 6
本編でも見える日興證券、商工中金の看板が見えます。ただ本編で富士ホールというパチンコ店は今はないようですね。
 
南池袋公園から望遠の撮影かと思います。
 
 
 
イメージ 7ミコが歩いてくる道と酔っ払いに絡まれるシーン。
正面のビル、右側に五右衛門という居酒屋が本編でも確認できます。間違いありません。
 
 
 
 
イメージ 8
最後ミコが独り言を言うシーン。
これは南池袋公園の近く。ちょっと分かりにくいですが、右側の出っ張った一階の屋根が本編でも映ってます。
 
ここの道路の正面には池袋の西武デパートがあり、高校教師(TBS/1993年)のロケでも使われました。

033あすかが葵と戦うために乗り込んだ廃工場(本編では化け物屋敷と呼称)など

キャンプドレイク( 米軍朝霞基地)跡の廃墟だと思います。確証はないですが、周辺にロケ地が多かったことやキャンプドレイクとの情報がありました。1988年頃は既に廃墟だったものの、民間の興行やロケ地等に使用されたとの情報があります。現在では老朽化から立ち入り禁止になってるようで画像等もほとんどありません。おそらくは建物自体壊されていると思います。貴重な画像をUPされているサイトがありました。
3話の終盤、風林火山が昇っている給水塔らしきものが写ってました。
6話の弥勒の初登場シーン、9話の蝶のいる廃工場なども多分そうだと思います。
14話の終盤にも燃料塔、給水塔が写っているのも同じ画像だと信じたいです。
 
識別ロケ地ナンバーの見方
例)1話の5番目のロケ地→015、10話の9番目のロケ地→109、それ以外の×番目のロケ地→00×
 
注意事項
ここに掲載された情報は個人的趣向として年月とともに埋もれていくドラマ情報を保存し、より楽しんで頂く目的で作成しています。情報の正確さには努めておりますが、事実とは限りません。また掲載された地域をもし訪問する場合、常識の範囲で行動し、問い合わせなどしないようお願いします。
 
関係者様に対して掲載された情報が不都合で連絡次第、直ちに削除致します。
今回紹介するのは小沢なつきさんの「Chocolate Candle」というデビューアルバムです。
 
[アルバムデータ]
32DH-849 廃盤
1987年12月9日発売
ソニー
定価3200円 現在相場500円〜http://t0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQa61FNzLIZ5R5xHE-_6ogVliBaAss3X0oFr2fWbRN5LiPCSkgnzI2j24Ez
01.星座だけのランデヴー
02.クリスマスには間に合わせたい
03.悲しみのとなり
04.気持ちはグラデイション
05.TALK BACK〜口ごたえ〜
06.追いかけて夏
07.愛・そめて
08.帰り道
09.15歳の境界線
10.ローレライ


「花のあすか組」繋がりで最近購入したのですが、そもそも80年代後半のアルバムCDは当時としては高価で
持っていませんでした。私が本格的に音楽CDを収集し始めたのはB'zやエイベックスのスーパーユーロビートなど全盛期だった90年初頭ですから所有している最古参のCDになります。そもそもCDが出始めたの80年代半ばだと思います。
 イメージ 1
小沢なつきさんは存じていましたが、当時あまり記憶にありませんでした。
雑誌等のグラビア系が多かったと記憶していますが、色々調べてみるとCBSソニーからまとまった曲を出されていたようです。あすか組でのユニットデビューなどもありましたが、アイドル歌手および女優活動時期は3年程(1986年〜1989年)と短く、ここでは触れませんがその後は波乱万丈だったようです。
 
ちなみにファミコンディスクシステムの「オトッキー」(1987年アスキー)という語られる謎の音楽シューティングゲームのキャンペーンガールをされていました。
 
80年代後半にかけてはバンドブーム、本格派ミュージシャン志向の曲が台頭してリスナーのアイドル離れに拍車をかけ、従来型のアイドル曲は厳しい状況だったのではと思います。
 
それはそれとして曲全体として時代遅れさが感じられつつも大人に憧れる背伸びした歌詞が多く、曲もアイドルらしい躍動感のあるものからフォークっぽい曲まで多彩で今聞くとかなり新鮮に感じられます。
 
作詞作曲は秋元康さん、馬飼野康二さん、大内義昭さん、イルカさんです。
 
CD(コンパクトディスク)の考察
現在の音楽の流通は80年代、90年代に比べ劇的に変化しています。
パソコンや携帯端末でのダウンロード、また一曲からでも可能な課金制となっているのは周知のとおりです。
探す手間なく、手軽で便利なシステムだとは思いますが、やっぱり形として残らないファイルに少し空しさを感じます。CDに印刷されているタイトル名やメーカーロゴ、ブックレットやジャケット写真などがあるからこそ記憶に残り、自分の好み曲がなお大切になると思います。
 
個人的には80年代〜90年代のあまりヒットせず、生産量の少ないアルバムCD、変わったジャンル物は今後レア化がすると思っています。一時大量にあったCDを処分しようと考えた時期がありましたが、想い出を簡単に捨てないほうがよさそうですね。
「NEWTYPE 100% COLLECTION 13 花のあすか組!TVバージョン」を購入しました。
 
[書籍データ]イメージ 1
角川書店
1988(昭和63)年8月1日 発行
A4変型判 平綴じ ソフトカヴァー
本文 96p (カラー 46p/モノ 50p)
980円(税抜)
 
テレビ版の「花のあすか組!」唯一の書籍です。白黒ページが多いのがちょっと残念ですが、かなりたくさんの写真で構成されています。 メインキャラクターからゲストキャラクターまで、かなり細かく説明されていますし、撮影風景の写真も満載。カラーページは主役の3人の写真集という感じです。テレビ版「花のあすか組!」ファンは買って絶対損はしません!!! 胸を張ってお薦めします!! (amazonでのレビューより)
 
イメージ 4
イメージ 3
内容はカラー写真集兼設定資料集です。
 
撮影風景や出演者の解説、スタッフインタビュー、あすか組金言集も掲載されています。故・田中秀夫監督からの貴重なインタビューも掲載されてます。

ただ放映中に発売されたこともあり、14話までしか解説がありません。
また東映の「スケバン刑事」にも同じようなムック本があります。 
 
イメージ 5テレビ版「花のあすか組」唯一の書籍ということでネット上ではかなりの高値が付けられています。
 
amazonで3000円台〜18000円、まんだらけで2000円、オークションで約1万円と開きがあり、定価の2倍〜20倍です。24年前の出版ですからなかなか保存も難しいでしょうし、古本のほとんどのものが、劣化し、捨てられてしまいますので仕方ないかもしれません。またゲームと違い、書籍は復刻はありえませんので個人的にはいくら出しても購入するつもりでした。
 
 
イメージ 8
イメージ 6イメージ 7
CONTENT(目次)
小高恵美・天使の時間割
メイキング・オブ・あすか組
小沢なつき・瞳で囁いて
キャラクター・オブ・あすか組
石田ひかり・青空の余白に
データファイル・オブ・あすか組
「花のあすか組!」金言集
 
 
 
イメージ 2故・田中秀夫監督の「端的でわかりやすく!30分ものはテンポで勝負」とドラマへの姿勢、また主演三人へ女優としての期待の言葉を述べられています。 
「花のあすか組」(1988年4月〜9月の月曜19:30/フジテレビ)のちょっとした情報
(ネットでの信憑性の高い情報を元に判断して作りましたので大体あってると思います)
 
・CXでの再放送は無く、リアル放送時に関東圏では最終回がニュース速報で潰れたとの報告あり。
(関西圏は遅れ夕方放送、2012年現在でCS東映ch=1回「2001年」、ファミ劇で3回「?・2010・2012年」)。
・視聴率低下(概ね10%がMAX)のため26話>23話で打切、VHS版は無し(1997年LD版、2007年DVD版発売→)。
・視聴率回復のため、後半はコントギャグのようなシナリオに大幅な変更が見られる。
・「花のあすか組/総劇伴集」(1997年ポニーキャニオン発売)は現在プレミア価格。
・スケバン刑事の成功で幅広く多数応募。これでもかという程のアイドル及びB級アイドル、予備軍が多数、ゲストや脇役として出演していた。
・あすか組に負けず劣らず、人気のあった全中裏の風林火山。
・主演の3人は「あすか組」としてポニーキャニオン(LP)、CBSソニー(カセット)、テイチク(8CD)からユニット歌手デビュー。曲名「悲しげだね」、B面には「MABU-DACHI Long Version」。【オリコンデータ】最高順位12位/登場週8週/売上5.2万枚。 なおソロの「MEGUMI Solo Version」「PIKA・Version 」あり。
・エンディング主題歌3曲「Get a Chance!(BeBe)」、「BLUE WIND(小高恵美)」、「悲しげだね(あすか組)」
・挿入歌3曲「早春の駅(小高恵美)」、「.きれい?(小沢なつき)」、「.少女・熱風・天然色(石田ひかり)」
・隠れ挿入歌2曲「卒業(小沢なつき)」、「帰り道(小沢なつき)」、「パステルメモリー(石田ひかり)」
・ユーミン(あの日にかえりたい)と原田知世(時をかける少女)、TMN(You Can Dance)の挿入歌あり。
 
・ロケ地情報(ロケ地濃厚な場所を箇条書きにしています。詳細ロケ地はこっち
群馬水上駅&周辺(17話)、茨城鮎川駅埼玉大麻生駅(20話)、珈琲館くすの樹(13話)
ひばり邸と蘭塾(茨城の牛久シャトー=現・カミヤシャトー
蘭塾ひばりの間とひばり邸の中(埼玉川越の鳳凰氷川会館)
泰山学園(埼玉志木市の中学)?
最終話エンディング(練馬光が丘の光のアーチ、ふたご橋=東映作品にはしばしば使われるとのこと)
他に大泉学園東映撮影所、東池袋(7話)周辺、渋谷旧コクド本社・NHK付近、神田川あけぼのばし周辺(4話)、吉祥寺図書館周辺(4話)、新宿モザイク坂(18話)、石神井公園?(7話)、高円寺周辺の報告あり。
新宿三角街周辺(7話)、西早稲田3-17周辺(4話)、豊島高田2丁目(1話)、代々木公園陸橋 
・関連リンク
 Megumi Odaka Fan Site(英語による小高恵美さんのファンページ)
 Japanese Megumi Odaka Fan Page (相互リンクされました)
 花のあすか組!資料館(原作者の高口氏のページ)
 花のあすか組!の部屋(テレビドラマ作品解説やCD/LDの出演者・関係者情報など) 
 本田理沙のマンマミーア!(全中裏・左大臣春日役の本田理沙さんのラジオ番組)
 お気に入りは東宝シンデレラ(小高恵美さんや花のあすか組のかなりレアな雑誌取材の資料が充実してる)
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
           
      
                                                                                                    全中裏トップ・ひばりと春日
 イメージ 9
         
 
 
 
 
 
 
                                                                                                    人気のあった風林火山
イメージ 8
                                                      
 
 
 
 
                                                                                                    芸人鬼奴似の笑い転げた弥勒                    
 
イメージ 10
 
 
全23話を視聴して人物関係図を作成しました。 
 
6/22 現在、所属事務所HP等で現役、またはHPがなくてもTV出演など過去3年以内に芸能活動されている方は赤文字として更新しました。
 
7/7 ロケ地情報更新。 
7/12 関連リンク作成。 
 
 
 
 
イメージ 3イメージ 1イメージ 2
当時の貴重な雑誌取材。出典:集英社ダンク1988年5月号
 
 
出典:学研ボム1988年6月号
 
イメージ 6イメージ 5イメージ 4
 
 
ここに掲載された情報は当時の雑誌に掲載されたドラマや裏話を知る上での貴重な資料です。このドラマでご活躍された出演者様、関係者様の失われつつある当時の貴重な雑誌取材等の情報を喪失しない目的と一般の方に懐かしんで頂く目的で作成しました。出演者、各関係者に対し今後のご活躍を期待する一方、もし関係者の皆様に不都合がございましたらご一報頂ければ速やかに削除等させて頂きます。

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事