ザ・真正護憲論(憲法無効論)<大日本帝国憲法は現存しています!>

「日本国憲法」は憲法として無効ですが帝国憲法の下位規範(講和条約)として有効です。ツ→@inosisi650

全体表示

[ リスト ]

結論!帝国憲法から日本国憲法への改正は帝国憲法違反だから無効です!

◆帝國憲法75条◆

憲法及皇室典範は攝政を置くの間之を變更することを得ず

これに関する伊藤博文著 憲法義解の75条の解説 にはこうあります。
恭て按ずるに、摂政を置くは国の変局にして其の常に非ざるなり。故に摂政は統治権を行うこと天皇に異ならずと雖、憲法及皇室典範の何等の変更も之を摂政の断定に任ぜざるは、国家及皇室に於ける根本条則の至重なること固より仮摂の位置の上に在り、而して天皇の外何人も改正の大事を行うこと能わざるなり
これらに関し南出喜久治氏が明解に解説しています。 → 國體護持(憲法考)
理由3 軍事占領下における帝國憲法と正統典範の改正の無効性
 ポツダム宣言では、「全日本国軍隊の無条件降伏」(第13項)を要求し、その目的のために「聯合国の指定すべき日本国領域内の諸地点は、吾等の茲に指示する基本的目的の達成を確保する為占領せらるべし」(第7項)としてゐた。これは、我が軍の武装解除などの目的のために、我が国の一部の地域を占領し、その地域内における統治権を制限することを限度とする「一部軍事占領」の趣旨であり、国土全部を占領し、統治権自体の全部の制限、即ち、「完全軍事占領」を意味するものではなかつた。ところが、降伏文書によれば、「天皇及日本国政府ノ国家統治ノ権限ハ、本降伏条項ヲ実施スル為適当ト認ムル措置ヲ執ル聯合国最高司令官ノ制限ノ下ニ置カルルモノトス」とされ、ポツダム宣言第7項に違反して「完全軍事占領」を行つたのである。ポツダム宣言受諾後に武装解除が進み、一切の抵抗ができなかつた状況で、「日本軍の無条件降伏」から「日本国の無条件降伏」への大胆なすり替へである。このやうに、我が国は、その全土が連合国の軍事占領下に置かれ、統治権を全面的に制限することを受忍してポツダム宣言を受諾したのではないので、その後の完全軍事占領は国際法上も違法である。このやうな完全軍事占領下で、連合国が帝國憲法と正統典範の改正作業に関与すること自体が違法である。また、独立した国家の憲法解釈として、明文がなくとも、外国軍隊の占領中の憲法改正は当然に禁止されるものである。
 「フランス1946年憲法」第94条には、「本土の全部もしくは一部が外国軍隊によって占領されている場合は、いかなる改正手続も、着手され、または遂行されることはできない。」と規定されてをり、これは我が國にも妥当する普遍の法理と考へられる。
理由4 帝國憲法第75条違反
 この普遍の法理は、帝國憲法にも規定がなされてゐた。「憲法及皇室典範ハ摂政ヲ置クノ間之ヲ変更スルコトヲ得ス」(帝國憲法第75条)との趣旨は、摂政を置く期間を国家の「変局時」と認識してゐることにある。従つて、「通常の変局時」である摂政設置時ですら憲法改正及び典範改正をなしえないのであるから、帝國憲法の予想を遥かに越えた「異常な変局時」であり、マッカーサーといふ「摂政」を遙かに超えた権限を有する者によつて、天皇大権が停止、廃止、剥奪されてゐた連合軍占領統治時代に憲法改正と典範改正ができないし、また、それを断行したとしても絶対無効であることは、同条の類推解釈からして当然である。この事由こそが占領憲法と占領典範とが法的に無効であることの根幹的な理由である。つまり、帝國憲法と正統典範に違反した帝國憲法の改正と正統典範の改正はいづれも無効であるといふ単純な理由なのである。

憲法及皇室典範は攝政を置くの間之を變更することを得ず

実に単純明解です。

完全軍事占領下主権喪失の状態が「摂政設置」という国の変局状態を超える変局状態か否か?それさえ見極めてこの75条を適用するだけで法理論としての無効が明らかとなります。

帝国憲法75条の法意が文字通りの「摂政設置下の改変」と「完全軍事占領下の改変」とどちらを強く禁止するかを考えればよい、だれが考えても答えは後者でしょう。

前者は禁止されるが後者は禁止されないなどという答えは導き出せないのです。

尚、憲法明文化にあたりズバリ「外国に完全軍事占領されている場合は憲法の改変が禁止される」なとどいう不吉な悲観的なことは憲法条文に明記されるはずがないし違憲な憲法が制定された場合の処理方法まで明文化されるはずがないのは常識があれば理解できることです。禁止されて当たり前のことほど書かれないしもし書かれたとしても最小限の異常(変局状態)を例示するに留まるのは当然です。

 不吉までを予測させない程度「摂政を置くの間」と75条のようなスマートな表現に留まるのは当然でしょう。それでいて法意としては天皇大権の行使が円満に行えない場合の最小変局、つまり国の変局時を予測し、この「最小変局期間乃至これを超える変局状態にある期間」内での憲法や皇室典範の改変を禁止するという的確な法意が現れているといえるでしょう。
又、「外国によって完全軍事占領されている間には憲法改変を禁止する」というような当たり前すぎてズバリ書かれないことはほかにもあります。 

●禁止を破って行われた改変はなんらの行為を要せずそのままで無効です。 
●違憲無効の憲法をまかりとおらせたままの国家運営も禁止されます。 
●もし違憲無効状態を出現ならしめた場合にはその状況から一日も早く脱出する策を実施しなければなりません。

これら当たり前のことは書かれないのです。
しかし世の憲法学者(=憲法業者)はこの言うべき当たり前のことを言わないのです。
◆帝国憲法75条違反という無効原因の破壊力については以下を参考にしてください。
日本国憲法の死亡 ―― 有効論への即効解毒剤

↓↓↓「日本国憲法」が憲法として無効でも心配はいりません!

【簡単で安心かも!「新無効論」実施手順で〜す。】


つづきは後日に(2)として記します

この記事に

閉じる コメント(46)

>新しく制定されたものであれば、国民の側の合意があれば、それは十分受けいれられる憲法といえるとわたしは思うのですが。<

有効な憲法は立法機関において有効に成立してから手続を経て国民に公布されます。
違憲な憲法は国民が慣れ親しんでいたとしても、通用によって無効から有効に転化するものではありません。

以下は貴殿のおもいこみがかなりあると見えるのですが効力論と無関係ですので特に異議を述べません。
>わたしは右翼でもないし、左翼でもありません。イデオロギーが嫌いなのです。で、女性としては、明治憲法のような女性の人権を認めない憲法よりは、ちょっとはましな現行憲法のほうがいいです。わたしは現行憲法をもっと開明的に、正真正銘「改正」するのであれば改正に賛成です。でもネトウヨさんや自民党・民主党の改正案には絶対反対です。 <
ありがとうございました。

2008/5/5(月) 午前 0:20 いのしし 返信する

顔アイコン

いのししさん、お返事ありがとうございます。

旧憲法から現行憲法への変化が「改正手続き」によって成立しえたのはなぜか。これは、歴史的観点から見れば説明は簡単です。アメリカの占領政策が天皇制を廃止せず、その国民統合能力を利用したというだけのことです。

ですから、旧憲法の改正手続きに従ったというのは政治的な必要から取られた「形式」でしかありません。

でも占領が終わり、中国で共産党政権が誕生すると、アメリカの政策も変わりました。日本を反共防衛前線と位置づけるようになり、戦犯を釈放させ、政治舞台に復帰させました。こうして旧憲法支持派が息を吹き返し、「自主憲法」制定を目指して自民党が誕生しました。彼らは憲法の正当性に疑いを挟むようになりました。

実際、旧憲法から現行憲法への「改正」を法的に説明しようとすると困難になるのです、特に憲法改正限界説に立てば。そこで旧憲法の失効・廃止による、新たな憲法の制定という立場に立ちます。そうなると、旧憲法を強制的に廃止させるということですから、その効力も無効にさせることができるのです。

2008/5/5(月) 午後 11:04 夜光虫 返信する

顔アイコン

憲法制定の主体も、現行憲法前文には現行憲法の根拠は国民主権の原理に基づく、とありますから、憲法制定権力を持つ国民が、旧憲法をいわば潰して新原理に基づく憲法を制定したということができます。そして実際、現実のありさまはこうなっているのです。旧憲法と現行憲法は全く性質が異なりますからね。

でも自民党はどうしても「自主憲法」を作りたいから、法的根拠を論点に持ち出すわけです。たとえ、形式的だったとしても、現行憲法の上諭で「帝国議会の議決を経た帝国憲法の改正」手続きと銘打っているからには、いわば「ツッコミ」ができますからね。明らかに現行憲法の前文とこの上諭は矛盾しています。前文ではこの憲法制定の主体は国民だといいながら、上諭では旧憲法に基づく改正だといっているわけですから。この矛盾は、歴史的経緯に見られるとおり、「改正」は形式であって、実際には旧憲法の無効化と新憲法の制定だったということを暗に示しています。

2008/5/5(月) 午後 11:07 夜光虫 返信する

顔アイコン

でも憲法旧守派はこれをひっくり返して言います。現行憲法は前文で、国民の制定権によるというが、それはアメリカから押しつけられたものだ、現に上諭では旧憲法からの改正であると述べられている、と。

そこで、現行憲法の正当性を理論的に説明しようとしたのが、宮沢俊義さんによる「8月革命説」です。日本はポツダム宣言受諾によって、法的な意味で革命があった、旧憲法の原理は現行憲法によって否定されたのではなく、ポツダム宣言受諾によってすでに否定されていた、だから旧憲法の効力は現行憲法制定時にはすでに失効していた、と言います。でも、現行憲法の原理は国民主権です。ポツダム宣言受諾は占領受諾でもありました。占領下にあった日本人には「主権」はありませんでした。ですからこの点で「8月革命説」には無理があることになります。

2008/5/5(月) 午後 11:08 夜光虫 返信する

顔アイコン

現在では憲法学者たちは、現行憲法の正当性、有効性を説明するのに、そんな強引な論理を考案する必要はない、と考えているようです。単に、前文にあるとおり、現行憲法は国民の総意によって、国民の憲法制定権に基づき、新しい原理が望まれ、それに従って新しい原理の憲法が新しく制定された、とするので十分だということになっています。

わたしもそれで十分だと思います。歴史的経緯をたどれば、天皇制維持はアメリカの便宜的政策でしたし、アメリカの介入があったにせよ、現行憲法制定には国民も加わっていましたから、「おしつけ」と断定できない部分も多分にあるわけです。こういう歴史的経緯を考慮に入れて、現行憲法には十分正当性も有効性もあるとみなすべきだと思います。

2008/5/5(月) 午後 11:10 夜光虫 返信する

顔アイコン

それと、最後に書いたこと、わたしの信念を「思い込み」という侮辱的なことばで表現されたことには不快感を覚えます。わたしは国家権力やそれに類する権力によって生き方をあれこれ指図されたくありませんし、何を愛するかということまで権力に介入されたくない、というわたしの信条はわたしのアイデンティティに深くかかわるものですので、それを否定されるのは、私の人格を否定されることになり、それこそ議論には関係のないことだと思います。ネトウヨさんの失礼な点は、人格攻撃に堕することだと思います。サヨクさんももちろんそうです。そういう言い方はやめて下さい。議論はあくまで議題に関して行うもので、人格や信条を否定しあうものではないはずです。人にはそれぞれ信じるところがありますし、現行憲法はそれを尊重しようと宣言しているのですから。第一そういう発言は議論を感情的な口論に引き下げてしまいます。議論のルールはお互いに守るようにしたいです。

以上、長々と失礼しました。

2008/5/5(月) 午後 11:10 夜光虫 返信する

顔アイコン

このブログをざっと拝見させて頂きました。私にとりましてはいささか難しい内容になっていますが、帝国憲法75条により現憲法は違反であり、主権のない時に一方的IGHQにより作られた占領憲法だということかと思います。以前「焼け跡から生まれた憲法」という番組をNHKでみました。いろいろな解釈があり、いのししさんの見解もなるほどと思います。ただ、私は「戦争放棄・戦力を保持しない。交戦権を認めない」とする9条は、どのような理由があれ、現実的でなく机上の空論と言われても「世界に誇るべき内容」と思っています。私も自民でも民主でも共産でもありません。パウロの「キリスト感」と史的イエスの生き様の接点を追い求める老人です。さて、いのししさんは「戦争放棄・戦力不保持等」をどのようにお考えですか。先日「9条世界会議」に参加してきました。とても感動しました。9条への関心の高さを感じました。とはいえ日本全体からみればささやかな会合かもしれませんが・・。でも私の力になりました。

2008/5/6(火) 午後 4:49 [ kabanotakara ] 返信する

kabanotakaraさん こんにちは。
>いのししさんは「戦争放棄・戦力不保持等」をどのようにお考えですか<
人間としての道に外れる規定だと思います。
9条をほんとに欲するのなら正統憲法の改正においてそれを勝ち取ればよいだけです。そのうえでなら日本人による憲法なのですから世界に誇れる可能性があります。つまり、勝ち馬にのる必要はありません。勝ち馬にのって「日本国憲法」を憲法だと認めている時点で、すでに法の支配を否定し暴力実力の支配を優位としていることになると思います。占領軍の暴力の端くれを肯定する本物の軍国主義者の意見だと思います。

2008/5/6(火) 午後 5:13 いのしし 返信する

顔アイコン

いのししさんの早速な返事ありがとうこざいます。そこでお伺いしますが、現憲法を離れて「戦争放棄」「戦力不保持」「交戦権の否認」についてどのようなお考えをお持ちでしょうか。是非、お考えをお聞きしたいと思います。宜しく!!

2008/5/7(水) 午前 9:18 [ kabanotakara ] 返信する

顔アイコン

ひとつ聞いていいかな?
では、恐れ多くも、改正を決済された陛下のご決定に背く、と。そういうわけだな。
しかも、恐れ多くも、陛下が直々に交付し、時々において「憲法を遵守し」とおおせられているのに。それだのに背くのか?
法理論としていかに正しくとも、臣下の振る舞いとしてはただしくないとおもうが。
改正が面倒だからでは済まされんぞ。分かって言ってるんだろうな?

2008/10/13(月) 午前 1:38 亜州 返信する

顔アイコン

それに、大日本帝国憲法は、日本国憲法が発効した時点で当然のことながら、失効しているぞ。
わかっていってんのか?

2008/10/13(月) 午前 1:58 亜州 返信する

大馬鹿者さん こんにちは。
大馬鹿者らしいですが法理論としては正しいということは理解できるのですね。それでは「日本国憲法」が国際系(講和条約レベル)で有効だというこちらの主張は理解されてますか?(分かって言ってるんだろうな?)つまり、帝国憲法も「日本国憲法」も両方有効だという主張だということ理解されていますか?両方有効だということは、どうでしょう?
>陛下が直々に交付し、時々において「憲法を遵守し」とおおせられているのに。それだのに背くのか?<
背いたことになりますか?天皇といえども帝国憲法下にあるのだから陛下の公布も帝国憲法の規定も両方遵守して「日本国憲法」を効力評価すればよいですね。

2008/10/13(月) 午前 11:35 いのしし 返信する

>大日本帝国憲法は、日本国憲法が発効した時点で当然のことながら、失効しているぞ。<
ここの75条違反のブログ本文読みましたか?違憲な手続のもの(日本国憲法)が憲法として発効するはずがないでしょう。

新無効論の特徴は、
http://sinnmukouronn.up.seesaa.net/image/3-3-1-B9C4BCBCC5B5C8CFA4C8B7FBCBA1.pdf
p114以降を参照してください。

2008/10/13(月) 午前 11:42 いのしし 返信する

本当の承詔必謹論(1)
http://inosisi80.iza.ne.jp/blog/entry/171886/
本当の承詔必謹論(2)
http://inosisi80.iza.ne.jp/blog/entry/171860/

2008/10/13(月) 午前 11:58 いのしし 返信する

顔アイコン

コメントもあわせて勉強になります。

そもそも75条違反云々ではなく、占領下において制定された憲法を有難がる自体、意味がわかりませんね。

憲法学者だけではなく、有名な社会学者の方々も、現憲法の制定過程や、現在における日本国憲法のあり方にかなりの苦言を呈していますよ。9条改正云々の前に、まず「国民」が「憲法とは何か?」について、理解するべきじゃないか、と。
国民は「憲法」についても9条問題についても、考えてはいるけど、何処か「自分達のことではないから」というような「カヤの外」の印象を受けます。加えてその9条があるからこそ、本質的なところで「憲法」というものを捉えられなくなっているのだと思います。

なんか主旨とズレたような気が。。スマソ。

2008/11/16(日) 午後 4:35 桜乃宮アリス 返信する

おっしゃるとおり、9条!9条!9条!
問題の本質から国民の目をそらして見えなくするマスクイデオロギーですね。改正!改正!改正!というかけ声もおなじですね。

2008/11/16(日) 午後 10:34 いのしし 返信する

西村眞悟 75条違反!
http://www.youtube.com/watch?v=xLqGfczSy_8#t=23m31s

2011/7/20(水) 午後 3:21 いのしし 返信する

顔アイコン

私は、日本国憲法は「憲法(Verfassungsgesetz)(constitutional law)」として有効だと思います。
理由4について:帝國憲法第75条違反のまま改正を強行したとありますが、では、違反しているから当然無効と、どうして言えるのでしょうか?「75条に違反した改正憲法は無効とする」という規定でもあるのでしょうか?これに関しては、例えば刑法199条に、「人を殺した者は、死刑又は無期・・・」と書いてありますね。だから、だから、人を殺したら、こういう刑罰に処せられるのです。もしこれが、「人を殺してはいけない」とだけ書かれていたら、どうなるのでしょうか?この場合、もし、人を殺した人がいても、その人をどうすることもできないです。なぜなら、人を殺したらどうなるか、が書かれていないからです。これと同じで、帝国憲法第75条も、「人を殺していけない」とだけ書かれているのと同じです。よって、現行憲法を無効とする理論に帝国憲法75条を持ち出しても意味がありません。

2012/4/1(日) 午後 11:53 [ 鮎河ナオミ ] 返信する

顔アイコン

理由3について:ポツダム宣言第7項中の「日本国領域内の諸地点」は、聯合國が、どことどこなどと指定したのでしょうか?そこが示されていませんね。また、たとえ指定があったとしても、その指定が日本全国の全都道府県全市区町村であった場合、これは、「完全軍事占領」になってしまいますね。なので、これも理由になりませんね。もし、その「指定」が特定の地域のみであった場合は、また問題が変わってきますが。フランス1946年憲法第94条の規定が、不変の法理である理由が示されていません。

2012/4/1(日) 午後 11:53 [ 鮎河ナオミ ] 返信する

ai_ohtsukaさん コメントありがとうございます。
貴殿の意見によく似た主張をされていた方が過去にいらっしゃいましたよ。
この記事↓でも参考にしてください。
http://blogs.yahoo.co.jp/inosisi650/53117697.html
http://blogs.yahoo.co.jp/inosisi650/52982032.html

2012/4/2(月) 午後 10:34 いのしし 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(8)


.


みんなの更新記事