一般社団法人「いのちを守る親の会」◆京都本部 ◆<公式ブログ>

「年間100万人の赤ちゃんのいのちを救いたい!!」(あなたの協力でいのちが救われます!!)

シエアするだけで命が守られることもあるのです。





イメージ 4



(本日フェイスブックより)9月22日(金)お彼岸

 緊急告知 [応援下さる皆さんにお願い]

赤ちゃんの「いのちを守る」運動に力をお貸しください。
今月は、財務ピンチで、法人が取り消されるか、取り消されないかの瀬戸際です。1週間で、財務支援者、全国で30人募集します。すでに救命サポーターの皆さんは、支援いただける方を1人でも、2人でも、ご紹介ください。急なピンチでなく、4年間、理事長がすべての赤字を持ち出し補填(寄付)していたのですが、限界に来ました。法人など別にいいじゃないか、という会員様もおられますが、妊婦さんが安心して相談するためには、「会計がガラス張り」で「利益を分配できず完全公益使用」できる社団法人が理想(今のままが一番の理想)と考えます。この運動を4年間 見続けて、本当に素晴らしいと思われている方。どうぞ、詳しく資料をご覧くださいませ。宜しくお願い致します。 大熊良樹拝
[画像添付:一般社団法人いのちを守る親の会]

メールwarai88waraiyahoo.co.jp
(に置き換えて送信下さい。)
   ※ 宛名は「大熊先生へ」で、
      相談室が受理致します。

イメージ 3


 どうぞ、5つのうちできることから
       御協力くださいませ。
 
   (1)御入会(救命サポーター)
               援して下さる方へ。
 
   (2)毎月の財務支援(時々でも可能)
 
   (3)季刊紙・速報の広告支援
    FAX(0774)66−5299
 
   (4)PR支援(ポスター・ステッカー・チラシ)
 
   (5)このブログを見る・拡散する
 
申し込みは・・・  
  FAX(0774)66−5299
 
   (24時間受信中) 



 第4日曜日
 (定例勉強会の日です!!)
 9月24日(日)13時より。京都本部にて
   「いのちの勉強会」を行います。
      参加希望者は 予約下さい。
     (京都本部事務局)
 080−5301−0041






イメージ 2


妊娠問題で悩んでいる妊婦さんを支援しています。相談支援。出産支援。里親支援。まずは、相談支援からお気軽に、どうぞ。(^-^)






昨日の大熊良樹理事長
のフェイスブックより。 

本日も、お昼からお2人・・妊娠相談電話がありました。お一人は、この動画を見て電話してくださったそうです。初産。何もわからない。事実を説明するだけで、その妊婦さんは自信が湧き、それなら「産める」と言ってくださいました。もうおひと方は、2人目の出産。人生問題が絡んでいました。
お話し していると、少しずつ 希望が見えて来たようでした。この動画は、なんと、3000人以上の人が見てくださっています。ぜひ、拡散ください。シエアするだけで命が守られることもあるのです。素晴らしいですね!! 
https://youtu.be/A1Hjhegwj88



  
 

赤ちゃんを中絶する
  前にお電話下さい!!
 
来週、中絶の予定です。
 
 明日、病院に行く
   ことになっています。
 
  多くの電話あり
    多く妊婦さん
 
 赤ちゃん
   救われています
 
4年700近く
 過去記事アップして
   いますのでご覧ください
 
100近く動画
  24時間全世界
     配信しています
 
 35万人以上
   閲覧されています
 
更に拡散の協力を
 お願致します。拡散で、
 
 赤ちゃんのいのちを
   守ることができます。

 平成29年9月22日(金)

 
イメージ 6
       ↑クリック下さい。
多くの 赤ちゃん救った、
いのち守る親の会
公式ホームページです。
 
イメージ 2
 
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
 妊娠問題に直面
  されている妊婦様。
 
赤ちゃんを中絶する
  前にお電話下さい!!
 
 私たちは、
 子供が親の
  犠牲に成ることも、
 
 子の犠牲に親が
  成ることもあっては
   ならないと考えます。
 
「いのちはひとつです。」
  親は子の喜びを
     我が喜びとして
        生きる事で、
子の犠牲になる
  ことはありえません。
 
 子も親も幸せになる
    道があるのです。
 
 良き相談者がいれば
  子供のいのちは
   守ることができます。
 
  御相談ください
    相談者の立場で
      相談に乗ります 
イメージ 7

  一般社団法人
  いのちを守る親の会 

   (第一相談室)
電話(0774)23−7077
緊急080−5301−0041
FAX(0774)66−5299

メール
warai88waraiyahoo.co.jp
(に置き換えて送信下さい。)
※ 宛名は「大熊先生へ」で、
      相談室が受理致します。 

 大熊良樹理事長
  1ヶ月31日講話(^−^)
 


公式ホームページ

イメージ 1
 

イメージ 14
 
いのちを守る親の会に
   電話してよかった (クリック↓)。
     
イメージ 15

赤ちゃんのいのちを    
 救っている記事です。 
 拡散して下さい。


 
(1)中絶を考えている方は
 
(2)妊娠して困っている人は
 

     
 

 日本で唯一つの、赤ちゃんを救う
   いのちのミュージアム
     を京都にオープンしました
 
 今後も更に情報や
  資料を提供下さい。
 
 ご協力お願致します。
  
イメージ 19

イメージ 8
  
  5つのうちできることから
       御協力くださいませ。
 
   (1)御入会(救命サポーター)
               援して下さる方へ。
 
   (2)毎月の財務支援(時々でも可能)
 
   (3)季刊紙・速報の広告支援
    FAX(0774)66−5299
 
   (4)PR支援(ポスター・ステッカー・チラシ)
 
   (5)このブログを見る・拡散する
 
申し込みは・・・  
  FAX(0774)66−5299
 
   (24時間受信中) 
 
イメージ 8

※悩める妊婦さんがいたら、
  いのちを守る親の会の救命相談
 (相談室)を御紹介下さい。

救命サポーター募集!!

 皆さんの愛と思いやりで
    運営されています。    
イメージ 10
救命サポーター募集中!!
   あなたの御協力で確実に
     守られる命があります。


  歴史的偉人の言葉

イメージ 12
 
大事なことは偉大なことを
 為すことでなくて心を
    込めて為す事です。
        マザーテレサ
 
 愛の反対は、
  憎しみではありません。
     それは「無関心」です。
         マザーテレサ
 
  日本の親たちは何を
    恐れているのですか。
  (経済難を恐れる親に対して)
 
    お腹の中で子を殺す行為。
      中絶は胎内殺人です。
         マザーテレサ
 
  この世で最大の
    苦しみは貧乏でも
     病気でもないのです。
 
  それはひとに
    必要とされないことです。
      中絶(殺人)はやめてください。            マザーテレサ  
 
イメージ 5

全国47都道府県対応
イメージ 1











.


みんなの更新記事