一般社団法人「いのちを守る親の会」◆京都本部 ◆<公式ブログ>

「年間100万人の赤ちゃんのいのちを救いたい!!」(あなたの協力でいのちが救われます!!)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全187ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]



いのちを守る情報の拡散を!!
京都いのちのミュージアム設立以来の
歴史的快挙です。ありがとうございます。

お腹の中の赤ちゃんを守る光明放送局を作りたい・・・
その夢が多くの皆さんの協力でついに5年以内実現しました。この時を・・・信じてくださった皆さんのおかげです。

いのちを守る放送局が
  京都に生まれました。
    応援してください。

「京都光明会館」で制作放送されている「京都光明放送局」です。インターネット・ラジオテレビ(ラジテレ🄬)というオンデマンド式(いつでもどこでもさかのぼって無料で見たい聴きたい情報や娯楽番組を視聴できる)インターネット・ラジオテレビ。最新の無料放送です。


イメージ 2

不思議な出会い。ご縁。
大熊理事長とⅮuoゴジュ〜
のお二人。村岡千佳さんと村主真裕美さん。

京都光明放送局
インターネット
 ラジオテレビ(ラジテレ🄬)
    <第一回:先行配信>





イメージ 2


 
 人間信頼に基いた
  いのちを生かす情報を
      大熊 良樹

情報には「人を殺す情報」もあれば「人を生かす情報」もあるのです。良い情報は書いてどんどん拡散しておきましょう。実は・・昨日、昨年11月の私の「フェイスブック」を見ていのちを救われたという妊婦さんからの電話がありました。私自身、多くの仕事をこなし、多くの人と連絡を取り(通常3人から5人でこなす仕事を一人でこなしているはずです。狂気です。)1日80件以上のメールを受けていますので・・1か月が、1年以上の長さに感じられます。ときに「何かを送ったのにお礼がない」と叱られるときもあります。先日は、返信が1か月遅れたことも・・。妊婦さんやいのちに関することが最優先なのです。<本当にすみません。涙( ;∀;)>そんな中で・・すっかり、戴いたお礼状を掲載していたことも忘れていました。

しかし、そのような記事で赤ちゃんの
命が救われることも、実は、多いのです。

下記の記事です。拡散いただければありがたいと思います。いつだれが見て、いのちを、人生を救われるやもしれません。これは人間力ではありませんね。・・
人智人力を超えています

イメージ 3



ご許可を戴きましたので、
掲載させていただきます。

2016/8/9(火) 午後10:58 書き込み

 「いのちを守る親の会」
   大熊良樹先生へ

私は妊娠七週の妊婦です。
まだ実感がわきません。19歳です。
身分は専門学校の学生です。

いのちに関する事を
専門学校で学んでいます。(中略)

彼は社会人です。産めないこともありません。
しかし彼は、(産むのは)次にしようと言います。
(中略)そこで先生方に教えていただきたいのです。
こういう場合、どうしたらよいでしょうか。

いのちを守る親の会の動画や記事を
この1週間、ずっと、見て相談を決めました。
宜しくお願いします。

2016/8/24(水) 午後7:47 書き込み

 「いのちを守る親の会」
   大熊良樹先生へ

大熊先生、先日はありがとうございました。
先生に言われた通り、言ってみました。
そうしたら先生の言われた通り、
「そんなことはできない」といわれました。
自分の子を、切り刻むことはできない
と言われました。中絶の内容も見てもらいました。

その後、「知らんかったら、とんでもないことするとこやった・・ごめん。」と頭を下げて謝られました。彼が涙を流していました。初めて見た彼の涙でした。本当に愛されているのだと、嬉しくて私も泣きました。先生の言われたように「学校はどうにかなります」。学校のことは、考えます。いまは嬉しくて嬉しくて最高に幸せです。大変なこともあると思いますが、二人・・いえ、3人で頑張ります。

イメージ 1


     重要文書


理事長随想
 いのちを守る親の会(設立秘話)

(1)「感涙止まらず
 
 
(3)「奇蹟の事務所誕生!!

イメージ 6

イメージ 7




  理事長随想が動画になりました。
  「100万人の赤ちゃんの
    いのちを守る運動秘話」


一般社団法人
 いのちを守る親の会も、
   今年8月で設立4年になります。

民間で補助も受けずに
 赤ちゃんのいのちを守る運動など
   絶対に無理と言われながらも・・

 1番大変な時期を多くの皆様の
   ご協力で、乗り越えました・・

京都いのちのミュージアム
  オープンも多くの皆さんの
   力添えで成し遂げられた
      素晴らしい「奇跡」でした。



「奇蹟の飛躍」 
    京都いのちのミュージアムご案内


この奇蹟の活動3年9か月間の体験と
  出会った多くの皆さんとで、
    共に情報発信をしていきます。

いのちの尊厳を
 さらに伝えてゆきましょう。

この国の赤ちゃんを守る
  動きや着眼点が確実に
      変わりつつあります。

何故・・いのちを守る
 親の会では・・・
 
 「産んでくれて
   ありがとうと基本的
     に書かないか・・ 
 
それは受胎した時点で
  「生れている」からです。
  
生んでくれてありがとう。
  
 この世に生んで
   くれてありがとう。
  
  これがこの世への
    第一誕生です。
  
 子にとって、受胎時点で
  すでに親は神様の
    ようにあり難い
      存在です・・・。 
 
 生れた子を10ケ月
   お母さんが守り。
  
 母体から
   産む行為を・・・
     第二誕生である
    出産」といいます。
  
  これを「産む
     といいます。
  
生んでくれて
   ありがとう。
  
 そして・・・
    産んでくれて
       ありがとう。
  
お母さんにこころから、
  2つの感謝を捧げます。
 
 

  
イメージ 12


  
(1)中絶を考えている方は
  
 (2)妊娠して困っている人は
 

     
        

拡散下さい。
この動画の拡散で
「中絶される」赤ちゃん
の生命が救われます。

貴重な画像です。
 
 妊娠12週13週の
   胎児はお母さんを信じて
    お腹でこんなふうに遊んでいる。
 

 
イメージ 5
全国の救命サポータ様。
 多くの皆さまのおかげで
   赤ちゃんと妊婦さんが
       守られています。

私たちは教条主義で
 「中絶反対」「堕胎するな」と
   言うのではありません。

  いろいろ事情もあるでしょう。

  その事情に寄り添い
    一人でも守ることのできる命
        守ってゆきたいのです。

    無関心こそ
       私たちの敵なのです。

イメージ 6
 守れる赤ちゃんのいのちを
   守りたい・・それが、
       私たちの願いです。

妊娠問題悩んでいる
今すぐお電話下さい。貴方の立場で相談に乗ります。

全国47都道府県対応。
    一般社団法人
  「いのちを守る親の会」
妊娠相談お気軽。 
  (0774)23−7077
(全国対応第一相談室)

FAX(0774)66−5299
 
相談電話・問い合わせが多いため、
事務連絡はFAXお願いします(事務局)
  大熊先生直電(携帯)
  080−5301−0041

イメージ 5

  いのちを守る運動3周年(昨年)
   地元の新聞でもその活動が
        取り上げられました。  


イメージ 4
子供にいのちの
  尊さを伝える勉強会。    


この記事に

開く コメント(0)






イメージ 1

いのちを守る放送局が
  京都に生まれました。
    応援してください。

見るだけ聞くだけでも
いのちを守る応援活動
になります。(^O^)/

〒611−0021京都府宇治市宇治壱番139「京都光明会館」で制作放送されている「京都光明放送局」です。インターネット・ラジオテレビ(ラジテレ🄬)という単純なテレビでもラジオでもない。オンデマンド式(いつでもどこでもさかのぼって無料で見たい聴きたい情報や娯楽番組を視聴できる)インターネット・ラジオテレビ。それが、最新の無料放送「京都光明放送局」なのです。


イメージ 2

不思議な出会い。ご縁。
大熊理事長とⅮuoゴジュ〜
のお二人。村岡千佳さんと村主真裕美さん。







京都光明放送局
インターネット
 ラジオテレビ(ラジテレ🄬)
    <第一回:先行配信>



明るい人生観と人間観を持ち、命を大切にする。生きる喜びを、いのちの尊さを伝える。人生を大切にする放送局。今後、芸人さん。芸能人。文化人。教育者など多くの方と交渉済みで、「その意義の深さ」から出演の承諾をいただいています。何せ、無料視聴の番組ですので「奉仕」と「愛」の心でご協力いただいています。

また、視聴者の皆さま、どうぞ、番組を視聴されて、バンバンお便りや御意見をお送り下さいませ。(^O^)/

運営に関してはⅭⅯスポンサーを大募集中です。どうかご協力くださいませ。医院。社会奉仕団体。会社。
有志。店舗。どうぞご連絡ください。協力いただけそうな方や企業や団体をご紹介ください。京都光明放送局


  京都光明放送局
    事務局(連絡先)

FAXかメールで
連絡をお願いします。
FAX(24時間受信中)
 0774−66−5299

後援
京都いのちのミュージアム
京都光栄出版社(広報部 )
主催
京都光明放送局(事務局)

イメージ 3

イメージ 4


イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9


         重要文書


理事長随想
 いのちを守る親の会(設立秘話)

(1)「感涙止まらず
 
 
(3)「奇蹟の事務所誕生!!

イメージ 6

イメージ 7



  理事長随想が動画になりました。
  「100万人の赤ちゃんの
    いのちを守る運動秘話」


一般社団法人
 いのちを守る親の会も、
   今年8月で設立4年になります。

民間で補助も受けずに
 赤ちゃんのいのちを守る運動など
   絶対に無理と言われながらも・・

 1番大変な時期を多くの皆様の
   ご協力で、乗り越えました・・

京都いのちのミュージアム
  オープンも多くの皆さんの
   力添えで成し遂げられた
      素晴らしい「奇跡」でした。



「奇蹟の飛躍」 
    京都いのちのミュージアムご案内


この奇蹟の活動3年9か月間の体験と
  出会った多くの皆さんとで、
    共に情報発信をしていきます。

いのちの尊厳を
 さらに伝えてゆきましょう。

この国の赤ちゃんを守る
  動きや着眼点が確実に
      変わりつつあります。

何故・・いのちを守る
 親の会では・・・
 
 「産んでくれて
   ありがとうと基本的
     に書かないか・・ 
 
それは受胎した時点で
  「生れている」からです。
  
生んでくれてありがとう。
  
 この世に生んで
   くれてありがとう。
  
  これがこの世への
    第一誕生です。
  
 子にとって、受胎時点で
  すでに親は神様の
    ようにあり難い
      存在です・・・。 
 
 生れた子を10ケ月
   お母さんが守り。
  
 母体から
   産む行為を・・・
     第二誕生である
    出産」といいます。
  
  これを「産む
     といいます。
  
生んでくれて
   ありがとう。
  
 そして・・・
    産んでくれて
       ありがとう。
  
お母さんにこころから、
  2つの感謝を捧げます。
 
 

  
イメージ 12


  
(1)中絶を考えている方は
  
 (2)妊娠して困っている人は
 

     
        

拡散下さい。
この動画の拡散で
「中絶される」赤ちゃん
の生命が救われます。

貴重な画像です。
 
 妊娠12週13週の
   胎児はお母さんを信じて
    お腹でこんなふうに遊んでいる。
 

 
イメージ 5
全国の救命サポータ様。
 多くの皆さまのおかげで
   赤ちゃんと妊婦さんが
       守られています。

私たちは教条主義で
 「中絶反対」「堕胎するな」と
   言うのではありません。

  いろいろ事情もあるでしょう。

  その事情に寄り添い
    一人でも守ることのできる命
        守ってゆきたいのです。

    無関心こそ
       私たちの敵なのです。

イメージ 6
 守れる赤ちゃんのいのちを
   守りたい・・それが、
       私たちの願いです。

妊娠問題悩んでいる
今すぐお電話下さい。貴方の立場で相談に乗ります。

全国47都道府県対応。
    一般社団法人
  「いのちを守る親の会」
妊娠相談お気軽。 
  (0774)23−7077
(全国対応第一相談室)

FAX(0774)66−5299
 
相談電話・問い合わせが多いため、
事務連絡はFAXお願いします(事務局)
  大熊先生直電(携帯)
  080−5301−0041


イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3






この記事に

開く コメント(0)



7月1日(土)先行配信。
いのちを守る放送局が
ついに京都に開局します。



京都光明放送局
インターネット
 ラジオテレビ(ラジテレ🄬)
    <第一回:先行配信>



イメージ 1

このブログはお腹の中の
赤ちゃんの「いのち」を守るいのちのブログです。

 平成29年6月25日〈

本日、13時より
京都本部で勉強会です。

午前11時まで、参加の御予約可能です。参加者全員に資料を進呈します。<大熊>

御予約番号(お気軽にお電話ください。)
 (電話)080−5301−0041

イメージ 2

イメージ 3


掲載許可戴いたメッセージ




 今悩んでいる
  全国の妊婦さんへ
イメージ 4

大阪府寝屋川市
    エミリ〈27歳〉
 ある事情から、過去の記事を3週間かけて、殆ど読ませて戴きました。感動に涙が出ました。私は十代で一人、二十代で一人の赤ちゃんを中絶しました。かわいそうなことをしました。後悔先に立たずです。なんでこのブログに書かれているようなことを学校で教えてくれないのだろうかと、思いました。大熊先生が「赤ちゃんだけでなく親も幸せになることが大事」と書かれていたことに涙が出ました。犠牲のない生き方があるとも書かれていましたね。もっと早くこのブログを見たかった。でも、8年前だから、このブログ、当時は無かったんですね。今の人は幸せですね。多くの人に見てもらえますように。バカで、ひどい親の私の大きな反省と後悔です。どうぞ、これから「中絶」を考えている人へ。一生後悔する「子殺し」はやめて。子供のいのち。赤ちゃんの命は助けてあげて。お願いします。生きてこそ。生きてこそです。人のこといえないけど、お願いします。今は4歳の子の母です。少しはましな人間になりました。大事な事を教えてもらったからです。自分を裏切らない生き方ですよね。大熊先生。これからもがんばって多くの妊婦さんと赤ちゃんを守って下さい。〈後略〉
  平成29年6月17日
    午後4時23分受信
イメージ 5



      重要文書

理事長随想
 いのちを守る親の会(設立秘話)

(1)「感涙止まらず
 
 
(3)「奇蹟の事務所誕生!!

イメージ 6

イメージ 7



  理事長随想が動画になりました。
  「100万人の赤ちゃんの
    いのちを守る運動秘話」


一般社団法人
 いのちを守る親の会も、
   今年8月で設立4年になります。

民間で補助も受けずに
 赤ちゃんのいのちを守る運動など
   絶対に無理と言われながらも・・

 1番大変な時期を多くの皆様の
   ご協力で、乗り越えました・・

京都いのちのミュージアム
  オープンも多くの皆さんの
   力添えで成し遂げられた
      素晴らしい「奇跡」でした。





「奇蹟の飛躍」 
    京都いのちのミュージアムご案内


この奇蹟の活動3年9か月間の体験と
  出会った多くの皆さんとで、
    共に情報発信をしていきます。

いのちの尊厳を
 さらに伝えてゆきましょう。

この国の赤ちゃんを守る
  動きや着眼点が確実に
      変わりつつあります。

何故・・いのちを守る
 親の会では・・・
 
 「産んでくれて
   ありがとうと基本的
     に書かないか・・
 
 
 
それは受胎した時点で
  「生れている」からです。
 
 
生んでくれてありがとう。
 
 
 この世に生んで
   くれてありがとう。
 
 
  これがこの世への
    第一誕生です。
 
 
 
 子にとって、受胎時点で
  すでに親は神様の
    ようにあり難い
      存在です・・・。
 
 
 生れた子を10ケ月
   お母さんが守り。
 
 
 母体から
   産む行為を・・・
     第二誕生である
    出産」といいます。
 
 
 
 
  これを「産む
     といいます。
 
 
生んでくれて
   ありがとう。
 
 
 そして・・・
    産んでくれて
       ありがとう。
 
 
お母さんにこころから、
  2つの感謝を捧げます。
 
 
 

 
 
イメージ 12


  
(1)中絶を考えている方は
 
 
 (2)妊娠して困っている人は
 

     
        

拡散下さい。
この動画の拡散で
「中絶される」赤ちゃん
の生命が救われます。

貴重な画像です。
 
 妊娠12週13週の
   胎児はお母さんを信じて
    お腹でこんなふうに遊んでいる。
 

 
イメージ 5
全国の救命サポータ様。
 多くの皆さまのおかげで
   赤ちゃんと妊婦さんが
       守られています。

私たちは教条主義で
 「中絶反対」「堕胎するな」と
   言うのではありません。

  いろいろ事情もあるでしょう。

  その事情に寄り添い
    一人でも守ることのできる命
        守ってゆきたいのです。

    無関心こそ
       私たちの敵なのです。

イメージ 6
 守れる赤ちゃんのいのちを
   守りたい・・それが、
       私たちの願いです。

妊娠問題悩んでいる
今すぐお電話下さい。貴方の立場で相談に乗ります。

全国47都道府県対応。
    一般社団法人
  「いのちを守る親の会」
妊娠相談お気軽。 
  (0774)23−7077
(全国対応第一相談室)

FAX(0774)66−5299
 
相談電話・問い合わせが多いため、
事務連絡はFAXお願いします(事務局)
  大熊先生直電(携帯)
  080−5301−0041


イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3











この記事に

開く コメント(0)


イメージ 2






イメージ 3



「救命効果指数」と
 「笑顔効果指数」の導入を。

 一般社団法人いのちを守る親の会理事長
        
大熊 良樹

 先日、上野動物園でパンダのシンシンに赤ちゃんが生まれたという。そこで早速「パンダの赤ちゃんが生まれる事の経済効果」を関西大学の宮本勝浩先生(名誉教授)が試算していた。その金額は267億円だという。パンダの赤ちゃん「一匹」でさえもそれほどの経済効果を社会にもたらすことができるのである・・・。

 「経済効果」の試算といえば、近年では2020年に行われる東京オリンピックの経済効果を都が試算し「32兆円」という大きな数字を出したことに「驚いた」という体験のある人も多いのではないだろうか。ちなみに経済効果には「直接効果」と「遺産効果(レガシー効果)」とがある。

 私はこのニュースを聴きながら・・「経済効果」「経済効果指数」とは「お金」の動きだけではない。金銭と同時に「人の心の動き」や「人の心の状態」を表す数値でもある。当然 大事であるけれども、もっともっと大事なのは「いのち」ではないだろうか。

 私は、その意味で「経済効果」の用語と同時に「救命効果指数」や「笑顔効果指数」などの用語も社会には必要ではないかと思うのだ。
 
 また、そのような観点からものを観て「評価」し「提唱」し「情報拡散」「協力」「支援」することの大事さを、今だからこそ、思うのである。

 「救命効果指数」や「笑顔効果指数」などの用語(概念)をテレビでもっともっと頻繁に使用、報道すれば、多くの「いのちが守られ」「救われるであろう」・・もし、それが不可能であるのならば、先ほど述べたが、心ある人々が「そういう価値観」を持ち「そういう観点から物事を見る感覚」を更に強く持つことでこの世の中が良く変わって行くことになるだろうと思うのだ。

 私たちの「いのちを守る運動」とは「直接の救命」と同時にこの「いのちの尊さ」の
啓発運動の推進である側面が非常に重要である事を思う。多くの皆さんの御協力で設立された、運動の中心にある「京都 お腹の中の赤ちゃん救命センター」(1F)と、京都「いのちのミュージアム」(2F)、広報活動をする「京都いのちの教育センター」<この6月に始動する「京都光明放送局」[いのちを守り輝かせるためのインターネットラジオ・テレビ放送局]の設立>もそれらを念頭においた「いのちの活動」である。

 いのちを守る親の会の周辺での出来事でいえば、例えば・・・熊本の蓮田太二先生(熊本慈恵病院院長)が、赤ちゃんのいのちを守るために、熊本県で立ち上げた「こうのとりのゆりかご」(マスコミの通称:赤ちゃんポスト)は、今年でその設立より10年を迎える。

 その間、125人の赤ちゃんが預けられてその命を守られた。一方でその出自(親は誰か?自分のルーツ(家系))の不明に関してわからなくなるという「問題」と疑問を投げかける「報道者」、慈恵病院に勤務されていた元看護士さんの問題提起もあるようである。10年前に世間から「捨て子を助長する」と言われて、「こうのとりのゆりかご」の計画を一度断念した蓮田先生である。
 
 しかし、皮肉にもそのような時期に、熊本で赤ちゃんが遺棄され・・そのうち2人が亡くなった。そのことを知り蓮田先生は当時来日していたマザーテレサの言葉。「愛の反対は憎しみでなく無関心です。」との言葉を聴き、私こそ、その「無関心」(当事者)ではないか・・と、猛省され「意を決して」施設をたちあげられたのであった。

 私は昨年。熊本地震において「妊婦さんと赤ちゃんの救援隊」としていのちを守る親の会で「災害援助隊」を結成、いのちを守る親の会の多くの協力者のお力添えで「支援物資」を集めて熊本へ向かった。
このいのちを守る親の会の「被災妊婦緊急避難に関する情報拡散」に協力くださった方々の人数は、なんと(妊婦さんや助産師さんも含め)総勢2万人を超えた。

 「被災妊婦援助」その道中、福岡では、被災妊婦さんを受け入れている福岡助産師会の窓口である役員さん(助産師・助産院院長)と対談。深く温かい縁がむすばれた。

 また、被災地の熊本では、被災した熊本慈恵病院の蓮田先生と奥様とも、ゆっくりとお話させていただく機会を得た。(実は・・その2か月前に、大阪に来られた蓮田先生に、慈恵病院経由で「いのちを守る親の会」で救われた妊婦さんと、いのちを守られた赤ちゃんとで、お礼に伺ったばかりだったのである。)

 ・・・その時に、私の口から蓮田先生と奥様に向けて出た言葉が「蓮田先生の活動は100人と言わず、数に上がらない、千人万人を救っていますよ。先生のなされている活動は、まさに、マザーテレサ効果を現代に起こしている愛の活動ですよ。」というものであった。 蓮田先生は謙虚な方なのでひたすら恐縮されていたが、なんと素晴らしい方であろうかと、大きな感銘と大きな感動をいただいたのであった。

 尊い赤ちゃんのいのちを、命がけで守る行為。その事自体も素晴らしく尊いけれども、更にはその事の 「救命効果指数」や「笑顔効果指数」と合わせて赤ちゃんと妊婦さんのいのちを守る「直接効果」以外の「間接効果」や「遺産効果(レガシー効果)」はいかばかりだろうと思うのである。赤ちゃんを守ることは、実に、妊婦さんのいのちを守る行為でもあるのだ。そのことは、裏返せば、赤ちゃん殺しが、実は「親の自殺行為」(魂の自殺・良心の自殺)でもあるからである。

 思えば、いのちを守る親の会の救命支援施設。相談支援施設であるが、いのちを守られた赤ちゃんの総数は、少なくとも年間100人以上と言われて4年がたつ。その間、総数400人以上の妊婦さんと赤ちゃんが救われて守られていることになるけれど、実数は更に多いと思うのである。

 「もう駄目」と思っていた妊婦さん。電話が途絶えて数か月後。「産まれましたよ」1年後に「赤ちゃんが産まれましたよ」と連絡くださる方も 意外に多い。記事を見て「中絶や止めたんですよ。」「あの時に記事を見て心が折れずに、出産に向かえました。」などのお礼の言葉を戴くことも多い。

 私たちは、少しでも「救命」と「生きる勇気」や「生きる希望」「生きる喜び」につながる情報発信を、ただただ、してゆくのみなのです。

見えない人には見えないかもしれませんが、そこには、厳然として、実に素晴らしい 「救命効果指数」と「笑顔効果指数」が、みちみちているからです。

さらに 「救命効果指数」と「笑顔効果指数」の高いことをなんでも、やってゆきましょう。例えば、愛知で行われる8月19日の行事。「いのち輝いて」(いのちを守る運動で救われた妊婦さんの体験が歌になりました。)の2400人大合唱の企画も 「救命効果指数」と「笑顔効果指数」の高い、素晴らしい行事です ぜひご参加ください。

愛知で行われる8月19日の行事。
詳細は下記。クリック下さい。
http://www.sugurumayumi.com/pg829.html

イメージ 1



京都いのちのミュージアム資料館より引用。

 

イメージ 3
京都いのちのミュージアム資料館より引用。
イメージ 4
京都いのちのミュージアム資料館より引用。


      重要文書

理事長随想
 いのちを守る親の会(設立秘話)

(1)「感涙止まらず
 
 
(3)「奇蹟の事務所誕生!!




  理事長随想が動画になりました。
  「100万人の赤ちゃんの
    いのちを守る運動秘話」


一般社団法人
 いのちを守る親の会も、
   今年8月で設立4年になります。

民間で補助も受けずに
 赤ちゃんのいのちを守る運動など
   絶対に無理と言われながらも・・

 1番大変な時期を多くの皆様の
   ご協力で、乗り越えました・・

京都いのちのミュージアム
  オープンも多くの皆さんの
   力添えで成し遂げられた
      素晴らしい「奇跡」でした。




「奇蹟の飛躍」 
    京都いのちのミュージアムご案内


この奇蹟の活動3年9か月間の体験と
  出会った多くの皆さんとで、
    共に情報発信をしていきます。

いのちの尊厳を
 さらに伝えてゆきましょう。

この国の赤ちゃんを守る
  動きや着眼点が確実に
      変わりつつあります。

何故・・いのちを守る
 親の会では・・・
 
 「産んでくれて
   ありがとうと基本的
     に書かないか・・
 
 
 
それは受胎した時点で
  「生れている」からです。
 
 
生んでくれてありがとう。
 
 
 この世に生んで
   くれてありがとう。
 
 
  これがこの世への
    第一誕生です。
 
 
 
 子にとって、受胎時点で
  すでに親は神様の
    ようにあり難い
      存在です・・・。
 
 
 生れた子を10ケ月
   お母さんが守り。
 
 
 母体から
   産む行為を・・・
     第二誕生である
    出産」といいます。
 
 
 
 
  これを「産む
     といいます。
 
 
生んでくれて
   ありがとう。
 
 
 そして・・・
    産んでくれて
       ありがとう。
 
 
お母さんにこころから、
  2つの感謝を捧げます。
 
 
 

 
 
イメージ 12


  
(1)中絶を考えている方は
 
 
 (2)妊娠して困っている人は
 

     
        

拡散下さい。
この動画の拡散で
「中絶される」赤ちゃん
の生命が救われます。

貴重な画像です。
 
 妊娠12週13週の
   胎児はお母さんを信じて
    お腹でこんなふうに遊んでいる。
 

 
イメージ 5
全国の救命サポータ様。
 多くの皆さまのおかげで
   赤ちゃんと妊婦さんが
       守られています。

私たちは教条主義で
 「中絶反対」「堕胎するな」と
   言うのではありません。

  いろいろ事情もあるでしょう。

  その事情に寄り添い
    一人でも守ることのできる命
        守ってゆきたいのです。

    無関心こそ
       私たちの敵なのです。

イメージ 6
 守れる赤ちゃんのいのちを
   守りたい・・それが、
       私たちの願いです。

妊娠問題悩んでいる
今すぐお電話下さい。貴方の立場で相談に乗ります。

全国47都道府県対応。
    一般社団法人
  「いのちを守る親の会」
妊娠相談お気軽。 
  (0774)23−7077
(全国対応第一相談室)

FAX(0774)66−5299
 
相談電話・問い合わせが多いため、
事務連絡はFAXお願いします(事務局)
  大熊先生直電(携帯)
  080−5301−0041


イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3









この記事に

開く コメント(0)




今回・・ひかり陽子先生が、
マナ助産院の奇蹟と似ていると感じた「いのちを守る親の会」草創期の奇蹟動画。

今回、ひかり陽子先生が、
大熊理事長の代わりに 京都大学医学部第一講堂で行われた「こうのとりのゆりかごイン関西」のシンポジウムに参加してくださいました。ありがとうございました。





イメージ 1

こうのとりの
 ゆりかごin関西

一般社団法人いのちを守る親の会
   本部長 ひかり陽子
 
 
 64日、「こうのとりのゆりかごin関西」のシンポジウムが京都市内であり、参加させて頂きました。このシンポジウムに参加するのは2回目です。

 昨年大阪で開催された時は、熊本県慈恵病院の「赤ちゃんポスト」を目標に「こうのとりin関西」の実行委員会の方々が中心となって、関西でも実現可能な「赤ちゃんポスト」を模索されている状況でした。1年が経ち今回は具体的な動きがあり、神戸市にあるマナ助産院で、24時間相談窓口「面談型こうのとりゆりかご」を設置することが公表されました。

 マナ助産院では、子供を産みたいけど育てられないという匿名の相談や、良きせぬ妊娠をして誰にも相談できない女性に対して相談支援、身元を明かして子供の処遇を相談する事なども想定して、相談の後の出産支援も考えておられました。助産院に専門の窓口を設け、面談室で助産師が相談にのり、内容によってはこども家庭センター(児童相談所)等につないだり、特別養子縁組の選択肢を示したりすることも視野にいれ、今後調整を図っていくそうです。

 ここまで来るには山あり谷ありで、とても大変だったことを拝聴しながら感じとりました。医師がいないと「赤ちゃんポスト」の設置はできないという神戸市からの壁にぶつかり、諦めかけたこと、でも命に対して諦めない「こうのとりのゆりかごin関西」の方々の思いが、マナ助産院の「面談型こうのとりゆりかご」の設置につながっていったことを、お話して下さいました。

 1つ興味深い話がありました。マナ助産院で「こうのとりのゆりかご」話が進んだ時に、今ある助産院の場所では狭いと言う問題が起き思案していたところ、隣の物件が格安で売りに出され、そこを購入することになったという話でした。宇治の「赤ちゃんを守る親の会」の事務所の奇跡と似ているなぁと感じました。

 今回、慈恵病院の蓮田先生は、2016年の相談件数は過去最高の6565件、と過去最高であり、相談にくる産婦さんの匿名性が必要であること、メディアの方に対しては報道方法に気をつけてほしいこと、国の取り組みは遅れており、子供を守る支援が必要と強く訴えておられました。

 また、ドイツの赤ちゃんポストを研究されている千葉経済大学短期大学部の柏田恭典先生の講演もとても素晴らしいものでした。ドイツではこの問題に関しては専門性は必要ない、みんなでやっていこうと言う意識があるそうで、赤ちゃんポストを設置しているのは、保育園だったり、シスターの家だったり、相談窓口においては、普通のお宅だったり、専門家がいると何も言えなくなってしまうから、そのようなことにしてると教えて頂きました。

 最後に、マナ助産院の永原郁子委員長は「追い詰められた女性のよりどころになって幼い命を守り、子供が安心して育つ場所に命をつなぎたい」と強調され、今後、ほかの場所での「赤ちゃんポスト」の設置に関して検討を続けるとの事でした。

 この会の小林副理事長が「11人今できることを考えてやって行きましょう」と提案があり、私自身はこれから助産師になる大学生にこの事実を共有していくことだと思い、準備を始めてる次第です。

(備考:ひかり陽子先生は、現在、大学の医学部にて将来 助産師を目指している学生に対して 授業を担当。講師をされています。)



 
大熊良樹理事長のコメント

 赤ちゃんを救う施設。「あればいい」とはだれでも思う。しかし、何かを失うかも知れないとしたら?・・・

 大きな病院では総意が得られない。そこで・・・マナ助産院という、カトリックの信仰が深く、献身の思いで良心のままに、助産師さんの自営する助産院が名乗りを上げたわけである。

 当初は「八幡の男山病院」などが候補にあがっていたが・・大病院は、頼もしいが、「損失」を覚悟できない。それは当然である。構成員が多いからである。

 マナ助産院も数人のヘルプがあるのだろうが、24時間の「相談対応」には3交代。3人体制で6人から12人の対応者が今後必要である。経費もおそらくは、2千人ほどの支援体制が必要であろう。

人材や経費だけの問題ではない。行政や政治的課題や認可の問題もある。

 実は・・私たちも「いのちを守る運動」の対策として、最初は地方政治家廻りから始めた。新潟の中絶率に関する情報を入手。友人である町議会議員の手伝いもあり、市議会議員廻りをした。

そして・・驚き、
  現実を知った・・・。

 政治家は「票」にならないことはやりたがらない。まして・・おなかの赤ちゃんには投票権も、驚くことに「人権」もないのである。私も、政治家から直接「藪蛇になります」と耳打ちされた・・・

 産まれた後の「養育」「幼稚園」「生活費」「学費」までが・・政治問題として出てくる。スルーした方が得策だというのだ。

 ひかり先生から、慈恵病院の蓮田先生は、今回、 本気ですよ・・と聞いた・・・それはそうだ。

蓮田先生もまた「常識」としては、10年前に、一度「こうのとりのゆりかご」の計画を断念したこともあるのだ。

そんな時に熊本で捨て子があり・・・赤ちゃんが2人死んだ。蓮田先生は「愛の反対は憎しみではない。無関心です。」というマザーテレサの言葉が浮かんだという。

自分こそ・・「無関心」。愛の反対を行じてしまった。後悔したという。そして決心した。

「常識」を超えて・・

「赤ちゃんを守るため」ならば 私は、どうなってもいいと 思ったときに「こうのとりのゆりかご」はできたのだ。。。

特別養子縁組の橋渡しとなった、菊田昇医師の歴史も同じである。。。

 皆がこういう思いになれるわけではないだろうが・・そういう人を応援することはできる。

私たちは、これまでの経験を生かして「言論活動」で「慈恵病院」「蓮田先生」「こうのとりのゆりかご」を応援支持してゆきたいと思います。  大熊良樹拝



イメージ 2

いのちを守る
  弛みなき活動。


イメージ 47
    いのちの尊さ啓発運動。
イメージ 48
子供たちにいのちの尊さ
   素晴らしさを伝えよう。

 平成29年6月14日(水)

(御参考)
   中絶に関する
    コラム二ストの




全国47都道府県対応。
    一般社団法人
  「いのちを守る親の会」
妊娠相談お気軽。 
  (0774)23−7077
FAX(0774)66−5299 
相談電話・問い合わせが多いため、
事務連絡はFAXお願いします(事務局)
   大熊先生 (携帯)080−5301−0041

イメージ 8
産婦人科病院・小児科病院に
  救命スターを貼る運動を展開中!!


    いのちを守る親の会
      3つの支援(サポート) 

相談支援(電話相談・面談)。
出産支援(緊急保護・妊婦検診)。
里親支援(里親探し・養子縁組)。


(1)(2)(3)の記事を・・
  中絶で
   悩んでいる
 友人、知人、彼、御主人に
     見せてあげてください。。。


(1)中絶を考えている方は
 (2)妊娠して困っている人は



「一般社団法人いのちを守る親の会」
   に勇気を出してご相談ください 。 

   話の内容(最近の多い事例)
 
●おもわぬ妊娠をした。
●彼が堕ろせと言う。(;一_一)
●彼の親が中絶を迫る。
●赤ちゃんを産みたい。
●母体を傷付けたくない。
●経済不安がある。(;一_一)
●中絶したくないが不安がある。
●赤ちゃんのいのちを守りたい。
●とにかく相談できる相手がいない。
  妊娠無料相談室     
 全国無料対応(京都
(0774)23−7077
  にいさん 7まる77
お気軽にご相談ください

  一般社団法人いのちを守る親の会
 イメージ 5

  (0774)23−7077
FAX(0774)66−5299 
相談電話・問い合わせが多いため、
事務連絡はFAXお願いします(事務局)
   大熊先生 (携帯)080−5301−0041


 妊婦さんの体験談から生まれた歌を聴いて・・
    妊婦さんと小さな
    いのちが救われました。。。

イメージ 4



   うれしい近況報告

最近の傾向。専門家からの問い合わせが・・・。

最近よく、児童相談所の保健婦さんや、教育委員会の先生から問い合わせがあります。「教えてください」「これこれご存知ですか・・」(昨日は、児童相談所からのⅮNA判定に関する質問でした)(先週は「赤ちゃんポスト」についての意見を、育委員会の方に求められました)これも 救命サポーター様たちとの4年間の活動の蓄積が社会的に大きく認められてきたのだと嬉しく思います。

 特に日本初の「京都いのちのミュージアム」が大きな信用を作ってくださっているようです。企画の段階では、反対もありましたが本当多くの方の協力で完成し、よかったと思います。その後、多くの著名な先生方が見学され、多くの縁をむすんでくださいました。

京都いのちのミュージアム
案内動画をご覧ください。(5分)


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 8
 赤ちゃんと松下先生

イメージ 9
 妊婦さんとひかり先生
 
イメージ 7
 赤ちゃんと大熊理事長

大熊良樹理事長
 今日のいのちの講話
「いのちを守る
  ことは命より大事」

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14
今日も見て戴きありがとうございました。毎日見て戴くことで赤ちゃんの守られる可能性が高まります。感謝







この記事に

開く コメント(0)

全187ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事