*いんすぱ工房* ブログ

LED加工・その他製品について不定期で掲載します!!

全体表示

[ リスト ]

昨年12月にご依頼頂いていた、以下の「GIVI E450用 LEDランプキット 」のLED打ち換え作業です。
イメージ 2
 
イメージ 3
 
このタイプのハイマウントは、お客様曰くユーザーの方々の間では暗いという方が多いらしいです。
 
早速LED基盤を取り外しましたが、
イメージ 4
ん???
半田付け面にパーツ??
 
因みに裏面
イメージ 5
 
あれ?パーツ実装が裏表逆?
 
因みにこの後、理由が分かりましたが、ここではあえて自粛しときます。(^^;)
 
とりあえず、基本電圧12Vで電流値を測定しました。
イメージ 7
消費電流は5直列×2並列でトータル34mAでした。
消費電力に換算すると0.4W(12V時)ですね。
 
尚、ハイスペックLEDへの打ち変えに当たり、新たに抵抗値を選定する必要がありますので、エンジン始動&ブレーキ時にテールに来ている電圧をご依頼主さんに確認して頂きました。
(エンジン始動時のテール直前の電圧12.8V)
 
次は各パーツの取り外しです。
今回、プリント基板なのですぐに終わるかな?
と思っていましたが・・・
イメージ 6
半田付け面にパーツが付いているので、半田吸い取り機が上手く使用できず、思いのほかてこずりました。(汗)
 
そして、いきなりですが完成画像です。
イメージ 8
リフレクターを組み合わせ、より後方へ光が飛ぶ仕様になっています。
今回は、ハイスペックLEDを使用しましたので、消費電流は約100mA(12.8V時)
消費電力は1.28Wと、打ち換え前の約3倍となりました。
 
 
次は、肝心の明るさです。
簡易測定ですが、照度計にて測定してみました。(測定位置はいずれもLEDユニット上方30cmです。)
まずは、打ち換え前
イメージ 9
195.7LUXです。
正面から見ても何とか直視出来る照度です。
 
 
そして、↓が打ち換え後
イメージ 1
2050LUX
 
10倍以上になりました。
もちろん、直視厳禁です。(××)
消費電力は約3倍になりましたが、明るさ10倍なので見事に効率アップです。
 
M様
この度は、現物加工ご依頼誠にありがとう御座いました。
 
〜 2012年5月7日追記 〜
「GIVI E450用 LEDランプキット」交換用LEDユニット発売です。
イメージ 10 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
通常タイプ(ブレーキのみ点灯)とダブル球タイプ(尾灯&ブレーキ点灯) の2種類あります。
LEDについては純正の10倍以上の輝度のものを使用しているので非常に明るいです。
また、大き目のリフレクターを使用する事で、光源がレンズに近づくので純正に比べ粒々感もあります。
 
↓お客様装着画像
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
交換方法は純正基盤のネジをはずし、当ユニットを付け替えるだけなので非常に簡単です。
配線の接続方法は、純正配線にエレクトロタップ等で繋ぐだけです。
(純正キットの製造時期により、配線の皮膜を剥いで端子に挟むタイプもあります。)
 
価格は通常タイプが3,800円、ダブル球タイプが4,800円となります。
(ダブル球タイプは尾灯[スモール点灯]用の配線をテールから引く必要がありますので、配線について知識のある方向けです。
 
商品をご希望の方は、オンラインショップよりご注文下さい。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事