*いんすぱ工房* ブログ

LED加工・その他製品について不定期で掲載します!!

全体表示

[ リスト ]

ハイフラキャンセラー

最近、当工房で販売中のハイフラ対策商品「省電力ハイフラキャンセラー」と「可変ハイフラキャンセラー」についてのお問い合わせが多いので、少々説明させて頂きたいと思います。
(興味を持って頂きありがとう御座います。)
 
お問い合わせの中でダントツに多いのは「○○の車種には使用可能ですか??」になるのですが、当工房のハイフラ対策商品については、少々制御が複雑で全ての車種での動作保証が出来ないため、基本的に当工房で直接の動作確認が取れた車種のみ適合車種に追加しております。
地元のお客様の場合は、当方で取り付けるため直接確認がとれますので動作確認車種リストに随時加えておりますが、大半が遠方のお客様のため難しい所があります。
 
お試しをご希望のお客様には返品対応可で販売させて頂いておりますので、ご興味のある方は当工房オンラインショップ「http://www.inspa-koubou.jp/?jumppar=7f6c3b06e5a991d5df070818ce47cc3ff0b23cfa」より条件などについてお問い合わせ頂ければと思います。
 
尚、省電力タイプについては電子リレータイプ(ピコピコ音)の場合は使用できないケースが多いので以下の「可変ハイフラキャンセラー」をご検討下さい。
 
「可変ハイフラキャンセラー(以下、当キャンセラー)」については、消費電力調整タイプとなり、電球とLEDウインカーとの電力差を補いハイフラを解消する商品となります。
必要最小限の電力に調整可能なため、一般的なハイフラ抵抗を使用する場合と比較して、無駄な電力を消費せずに済みます。
 
現在販売中のものは、これまで販売させて頂いた商品の最新版となり、制御ユニットの発熱は大幅に改善し長時間点灯でも温くなる程度に抑えられています。
また、レギュレーターユニットにはメタルクラッドタイプを使用していますが、こちらの発熱についても、一般的に販売されているメタルクラッドタイプと比較しても低発熱になっております。
 
以下は市販のメタルクラッドタイプ(2種)と当レギュレーターユニットの発熱テストの結果です。
テストは室内(28℃)にて点滅動作(80回/秒)で10分間通電後のレギュレーターの表面温度です。
・市販品メタルクラッド抵抗(8.2Ω)→94℃
・市販品メタルクラッド抵抗(6Ω)→132℃
・当商品レギュレーター(メタルクラッド抵抗)→66℃
上記の様に、当商品レギュレーターの場合、大幅に温度上昇を抑えられます。
また、当キャンセラーは、フロントまたはリアのいずれかに設置するだけで車1台分のハイフラを解消でき、さらにハザード時にレギュレーター回路を遮断する機能もありますので、長時間ハザード点灯をする場合にレギュレーターの発熱&消費電力をほぼゼロに出来ます。
(※一部車種では当機能は使用出来ませんが、それでも消費電力は片側分のみで済みます。)
 
因みに、最近の電子リレータイプでウインカーリレーを交換できないお車にお乗りの方や、アイドリングストップ車で他社のレギュレーターが使用できないと言った内容のお問い合わせも頂いておりましたが、本日「スズキ ハスラー アイドリングストップ車※電子リレータイプ」で当キャンセラーをテストする事が出来ました。
結果、ハザード時電力カット機能および、通常動作について問題無く使用できる事が確認できました。(省電力タイプは使用不可でした。)
 
 
 
 
最近、LED加工や新商品開発など少々バタバタしているため、お問い合わせメールへの返信などが少々遅れ気味になっていますが何卒ご了承願います。(遅くても2日以内には返信出来る様に頑張ります。)
 
それでは、本日はこの辺で・・・・(^^)ノ
 
 
 

この記事に


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事