経営と教育の視点

企業の再建・再生の経営コンサルタントの一方、大学で兼任講師として日々送る毎日から「視点とその死角」をブログを通して語ります

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

                     【開演前の楽屋で笑福亭松喬師匠御一家と】


新橋演舞場で開演された『還暦落語会』に行ってきました。

桂、三遊亭、柳家、林家・・・
東西の落語家の家号、亭号のうち、「笑福亭」は上方にしかない亭号だそうです。

その「笑福亭」門下の六代目笑福亭松喬師匠の還暦祝い講演が、
12月23日新橋演舞場で行なわれました。

笑福亭松喬師匠は、六代目笑福亭松鶴師匠から、
「笑福亭の噺を一番うまく受け継いだ」と言われる落語家。

しかし笑福亭に入門当初は兵庫県出身の「播州訛り」もあり、
六代目笑福亭松鶴師匠からは、
毎日「あほんだら!ぼけ!カス!間抜け!」
と怒られ放しの厳しく鍛え抜かれた下積み時代。

その師匠亡きあと笑福亭の芸を見事に受け継いだ上方落語の本格派大看板の落語家です。

関西上方の高座を中心に活躍される落語家で、
東京の高座ではめったにお目にかかれませんが、
今回ようやく拝聴出来ました。

今回実は笑福亭松喬師匠の御長男、高田健太さんが昨年度私の大学講義の受講生で、
開演前には楽屋までお招きのうえ、ご一緒出来る機会を頂きました。

新橋演舞場は3階席まで満席で、落語ファンのパワーとともに、
本物の古典落語に接する機会に大変感謝とひとときでした。

TVで活躍の一発芸芸人さんとは別格、話芸の真髄に堪能した一日でした。

開く コメント(0)

7月5日NHK教育テレビ「テストの花道」は明治大学の特集として、
二週連続の放映となります。

7月5日は前編が放映されました。

明治大学「青年社長育成講座機廚蓮
後編の7月12日18:55〜17:25放映の予定のようですね。

明治大学HPでも掲載されました。
 http://www.meiji.ac.jp/koho/hus/html/dtl_0006284.html

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

                     【NHK教育テレビ「テストの花道」取材風景】


明治大学で講義担当の「青年社長育成講座」6月11日(金)の講義が、
NHK教育テレビ「テストの花道」 http://www.nhk.or.jp/hanamichi/の放映取材を受けました。

「テストの花道」は今春から放映開始された大学受験生向けの番組です。

明治大学がこの度NHKより放映取材申込みを受け、
大学の講義風景として、私が講義担当の「青年社長育成講座」が取材されました。

当日は番組に出演の高校生9名も一緒に私の講義を受講され、
大学生と一緒にワークショップ討論会にも参加されました。

【放映取材内容】
 ・放送局 :NHK教育テレビ
 ・放送エリア:全国放送
 ・番組名 :「テストの花道」 http://www.nhk.or.jp/hanamichi/

【放送予定日時】
前編:7月 5日(月) 18:55-19:25  再放送7月10日(土) 09:25-09:55

後編:7月12日(月) 18:55-19:25  再放送7月17日(土) 09:25-09:55

開く コメント(0)

イメージ 1

       明治大 
「難関校コンプレックス」克服へ
     志願者数では早大抜き日本一
       注目浴びる異色授業


4月23日発売の毎日新聞夕刊(首都圏版)「キャンパる」コーナーで、
私の明治大学講義が紹介されました。
http://mainichi.jp/life/edu/campal/news/20100423dde012070035000c.html

明治大学では全学年学部対象の「青年社長育成講座」を、2005年度より開講し講義しています。

4月16日の本年度初回講義を、明治大学の学生記者が取材され(昨年度受講生)
講義内容とインタビュー記事が掲載されました。

今の大学生には、自らの力の形成や、挑戦する精神が最も大切です。

青年社長という希望や挑戦する精神に満ちた学生達が覚醒するとともに、
御両親からの事業継承という課題に正面から向かい合う姿勢、
使命感が私の切なる願いなのです。

開く コメント(0)

検ナ儚廚悗慮尭偉

 さて変革への原動力は、現場の最前線で失敗や恥を沢山かきながら、
地べたを這いつくばり必死にお客様に頭を下げてモノを売る若い社員にあります。

新しい市場や時代を切り拓くことが出来る人財の基本は、
地べたを這いつくばりながら歯を食い縛ってきた社員から生まれてきます。

変革の原動力とは、より厳しく叩き上げて鍛錬され、
激しい競争から自己研鑽に奮闘して結果を出し、
そして誰が見てもフェアなインセンティブが与えられる組織で育ってきた人財の集団にあります。

動かない幹部と動かしたい若手、最前線の現場を知り尽くしているのは、若い人達です。

若いパワーを活かした企業こそ、大いに活性化し発展するチャンスです。

次の時代の勝者、覇者とはフロンティアを担い奮起してきた人達、
その人財はどの企業にも必ず存在します。

トップとしてその人財を見出し、活かせるかがこの難局の修羅場への経営の活力であろうと結論して、
今回の「難局の修羅場に、克つ!」シリーズの最終稿とします。

開く コメント(0)

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事