経営と教育の視点

企業の再建・再生の経営コンサルタントの一方、大学で兼任講師として日々送る毎日から「視点とその死角」をブログを通して語ります

必然の出会い人

[ リスト | 詳細 ]

今日名刺交換した人から、その人との興味深い会話を中心に記事にします。
記事検索
検索

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

                     【開演前の楽屋で笑福亭松喬師匠御一家と】


新橋演舞場で開演された『還暦落語会』に行ってきました。

桂、三遊亭、柳家、林家・・・
東西の落語家の家号、亭号のうち、「笑福亭」は上方にしかない亭号だそうです。

その「笑福亭」門下の六代目笑福亭松喬師匠の還暦祝い講演が、
12月23日新橋演舞場で行なわれました。

笑福亭松喬師匠は、六代目笑福亭松鶴師匠から、
「笑福亭の噺を一番うまく受け継いだ」と言われる落語家。

しかし笑福亭に入門当初は兵庫県出身の「播州訛り」もあり、
六代目笑福亭松鶴師匠からは、
毎日「あほんだら!ぼけ!カス!間抜け!」
と怒られ放しの厳しく鍛え抜かれた下積み時代。

その師匠亡きあと笑福亭の芸を見事に受け継いだ上方落語の本格派大看板の落語家です。

関西上方の高座を中心に活躍される落語家で、
東京の高座ではめったにお目にかかれませんが、
今回ようやく拝聴出来ました。

今回実は笑福亭松喬師匠の御長男、高田健太さんが昨年度私の大学講義の受講生で、
開演前には楽屋までお招きのうえ、ご一緒出来る機会を頂きました。

新橋演舞場は3階席まで満席で、落語ファンのパワーとともに、
本物の古典落語に接する機会に大変感謝とひとときでした。

TVで活躍の一発芸芸人さんとは別格、話芸の真髄に堪能した一日でした。

開く コメント(0)

「ヤングマハラジャ」

イメージ 1

今日から2/7までオリンパスギャラリーで、
http://olympus-imaging.jp/plaza/gallery/2007/gallery070201.html
写真家本多元氏の「ヤングマハラジャ」展が開催されています。

事務所の出勤途中にオリンパスギャラリーがあるので、寄ってみました。

本日が写真展初日、何と私が訪問者第1号で芳名帳に初記名を!
一通り拝見しながら、
「さて?この写真の意図するところは???」と思っていたところ、
最後に掲示してあった解説文を読んで、
「なるほど!」と納得。

インドでは5指に入るといわれる「カトガラ家」は、
100年以上の歴史を誇るインド最大のロジスティックと旅行会社を経営する一族です。
その一家の生活を実写したのが、今回の写真展でした。
4代目の現経営者とわずか10歳の長男の5代目後継者の実写が、
「ヤングマハラジャ」の意図です。

私が興味を惹いたのは、本多氏との会話から、
カトガラ一族はインドの少数派民族パールシー族で、この民族は8万人の少数派民族とのこと。
さらに一族全体では毎年200人が誕生する一方、700人が死亡のため、一年で500人が減少。
つまり150年後には民族が絶えてしまう運命にあることです。

絶滅の運命にあるこの少数派民族は、
原始宗教(鳥葬)を中心にし、「恩」と「義理堅い」(本多氏談)一族の強い結束が、
インド有数の財閥としての基盤ではないかと教えられました。

さらにこの一族には、混血は禁止され、純血で一族を守り、
それが強固な企業としてインド経済を支えているようです。
なお、インド最大の財閥の一つ「TATA」もこのパールシー族とのことです。

今の日本人には失われてしまった「家系」について、考えされられた写真展です。

開く コメント(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事