イスの生活/美しい街並み/国際結婚/町工場/離島/観光立国/少子

米国・パリから黒須三太が政治・社会・ビジネス・ファッション・グルメ・オーディオ・文化・日本復興・美尻についてコメント

全体表示

[ リスト ]

マリオット・インターナショナルは、30のホテルブランド、110か国で5700軒のホテル、110万の客室を擁する世界最大のホテルチェーン(Wiki)




運営ブランド[編集]

マリオット[編集]

  • コートヤード・バイ・マリオット英語版
    中規模のホテルを中心とした中価格ホテルブランド。
  • フェアフィールド・イン・バイ・マリオット英語版
    低価格ホテルブランド。
  • スプリングヒル・スイート・バイ・マリオット英語版
    部屋が広い割りに低価格なホテルブランド。1998年にフェアフィールド・イン・バイ・マリオットの内、スイートルーム主体のホテルを分割して開設された。
  • レジデンス・イン・バイ・マリオット英語版
    長期滞在型ホテルブランド。
  • タウンプレイス・スイート・バイ・マリオット英語版
    長期滞在型ホテルブランド。
  • マリオット・エグゼクティブ・アパートメンツ
    アパートに近い長期滞在型ブランド。
  • マリオット・コンフェレンス・センターズ
    会議設備が発達したブランド。
  • モクシー
    楽しさを追い求める次世代の旅行者をターゲットとしたホテルブランド。

ザ・リッツ・カールトン[編集]

1998年に傘下に入る。マリオット・インターナショナルから独立した運営をとっているが、宿泊や飲食などの利用でマリオット・ポイントの獲得が可能であるなど[2]、傘下ブランドの一つとして扱われている。

スターウッド・ホテル&リゾート[編集]

マリオット・インターナショナルは、「シェラトン」や「ウェスティン」、「セントレジス」などのホテルブランドを運営する「スターウッド・ホテル&リゾート」の買収手続きを2016年9月23日に完了し傘下に入れた。これによりマリオット・インターナショナルは、30のホテルブランド、110か国で5700軒のホテル、110万の客室を擁する世界最大のホテルチェーンとなった。ホテルブランドの統合などは行われていないが、地域オフィスの統合やマリオット・リワードポイントの相互加算などが行われている

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

営業中のホテル[編集]

スターウッド・ホテル&リゾートの施設については、スターウッド・ホテル&リゾートへ記載。

オープン予定ホテル[編集]

  • JWマリオットホテル奈良(奈良県奈良市
    奈良県が奈良警察署・県営プール跡地に整備を進める複合施設に2020年開業予定。
  • 東京エディション虎ノ門(東京都港区、東京ワールドゲート内) - 2020年春〜夏に開業予定[9]
  • 東京エディション銀座(東京都中央区) - 2020年春〜夏に開業予定[9]
  • ACホテル・バイ・マリオット東京銀座 - 2020年夏開業予定[10]
  • エディション(北海道、ニセコビレッジ内)[11]
  • リッツ・カールトン・リザーブ(北海道、ニセコビレッジ内) - 2020年にも運営開始予定。リッツ・カールトン・リザーブとしては、日本初進出[12]

かつて運営していたホテル[編集]

宿泊業以外での展開[編集]

  • ロイヤル・マリオット・アンド・エスシー - ロイヤル(現在のロイヤルホールディングス)および住友商事との三社共同出資で1990年に設立された給食事業者。2008年にロイヤルコントラクトサービスに改称、マリオットとの提携は解消されている。










ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






福岡の”超一等地”に「リッツ・カールトン」 積水・西鉄連合に再開発の交渉権 高級ホテル不足を重視

3/27(火) 13:00配信
西日本新聞
 福岡市都心部にある大名小跡地(中央区、約1・2ヘクタール)の再開発を担う民間事業者を公募していた福岡市は27日、積水ハウス(大阪市)や西日本鉄道(福岡市)などでつくる企業グループを優先交渉権者に選ぶ方針を固めた。同グループは、大名小跡地の建物の高さ上限が国家戦略特区の規制緩和で約115メートル(26階建て相当)まで認められたことを踏まえ、外資系の高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン」を核とした複合ビルを開業させる計画を市側に提案していた。

⇒【画像】福岡の”超一等地”の旧大名小跡地

 大名小跡地は「天神西通り」に近接する都心部の超一等地で、市は再開発事業・天神ビッグバンの中核と位置付け、昨年10月から民間事業者の公募手続きを開始。積水ハウスと西鉄などに加え、福岡地所とJR九州をそれぞれ中核とする計三つの企業グループが手を挙げていた。

 このうち、積水ハウスと西鉄などの企業グループは市に対し、ホテルやオフィス、マンションなど複合用途の高層ビルを軸とする再開発計画を提案。ホテルは、米マリオット・インターナショナルが展開する最高級ブランド「ザ・リッツ・カールトン」の誘致を盛り込んでいた。

 大名小跡地の敷地は市が引き続き所有し、50〜70年間にわたり貸し付けることになっており、選定された民間事業者は年間5億円以上の借地料を市に支払う。

 借地料の価格も含めた3グループの提案内容は、大学教授や市幹部が委員を務める市の評価委員会が審査を行ってきた。その結果、高級ホテルの不足が福岡市の課題となっていることも重視し、世界的に知名度の高いホテルの進出を前面に打ち出した積水・西鉄連合の提案を高く評価したとみられる。

 敷地内には、公募条件で必須機能とされた地域行事や災害時の避難場所として使える広場や、公民館が設置されるほか、旧校舎内に開設している市の創業支援施設「福岡グロースネクスト」も約10年間は継続される。
西日本新聞社






最終更新:3/27(火) 17:55
西日本新聞

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事