ここから本文です

以前からお知らせのあった、ヤフーブログのリニューアルについて
本日11月16日(木)より、β版の試行が始まったぞ。
そして、この度「βテスター」として当選したので、使ってみることにした。
っつーか、来年の春には泣いても笑ってもβ版になってしまうのである。

昨今のスマホの普及によって、ブログも変わっていく。
まあ、従来のヤフーブログの形態では広告収入で稼げないということだろう。

ブログの強みは「ガッツリ書ける」ということだ。
ガッツリと思い通りに自己表現できる。
ツイッターやインスタが流行っても、ブログが廃れないのは、
この点においてアドバンテージがあるからだ。

今回リニューアルされるβ版は、スマホを意識してかなり簡略化された印象だ。
はっきり言ってしまえば、現状はツイッターのパチもん。
2018年春までのテスト期間に、いろいろと機能は追加されるとのことなので、
最終的には他のSNSにはないブログの強みを損なわないことを期待しよう。

開くトラックバック(0)


 50 80 喜んで
シロハラゴジュウカラ

イメージ 1
 (2015.5.4 北海道川上郡弟子屈町 屈斜路湖 和琴半島)

【スカウターデータ】 
 スズメ目 ゴジュウカラ科 シロハラゴジュウカラ Sitta europaea asiatica
 攻撃力: 防御力: 素早さ: 増殖力: 魅力: レア度:
 スカウト日:2015年5月4日
 スカウト地:北海道川上郡弟子屈町 屈斜路湖 和琴半島
 
【戦闘力】2,900


これはシロハラゴジュウカラとかいうチキンナゲットです。
本土にいるゴジュウカラの亜種で、北海道にしかいません。
林の中にいるクソ地味な灰色の鳥です。
しかし、こいつは太い木の幹に貼り付くという特技があります。
どんな状態でも貼り付くことができます。
ただし、これをやるには一生懸命下敷きでこすらないといけません。

イメージ 2
 (2015.5.4 北海道川上郡弟子屈町 屈斜路湖 和琴半島)

イメージ 3
 (2015.5.4 北海道川上郡弟子屈町 屈斜路湖 和琴半島)

イメージ 4
 クモ捕った(2015.5.4 北海道川上郡弟子屈町 屈斜路湖 和琴半島)

開くトラックバック(0)

イメージ 1
八丈島はひょうたん島だ。
ひょうたんみたいな形をしている。

くびれ部分に空港があって、民家が集中しており、中心地となっている。
一方で、それ以外の場所は何もないと言ってもいい。
何もないというか、険しい山岳地帯になっている。
実際にはひょうたんのようにツルツルではない。



イメージ 2
7月22日(土)の昼近くに、中心地から外れた漁港2ヶ所を巡った。
ガケの下にかろうじて港が整備されてるような感じ。

たとえば、沖縄だとリーフが発達してるから、海岸沿いは穏やかなんだけど、
ここは目の前がいきなり外洋。うねりを伴う真っ青な海だ。

普通は船で釣るような魚が足元で釣れたりする環境。
多くの釣り人は巨大魚狙いで、20cm以上もあるムロアジを泳がせて、
巨大な青物を狙っている。

ミノーで大きなカンパチを掛けてるおっさんもいた。



イメージ 3
カンパチの小さいやつを「ショゴ」と呼ぶけど、
そいつらはどこにいるのかというと、漁港の一番奥のよどんだ場所。
漁船の下でサボっている。

青物だから泳ぎまわってるのかと思ったら、ブラックバスと生態が同じ。

船のキワにメタルジグ落とすと、ワーッと何匹も寄ってくる。
そんでやる気のあるやつがハリにかかる。

予想していたのとだいぶキャラが違ってた。




そんなことで今回の様子だぞ。



【今日のおまえら】
 ・カンパチ(未掲載)(29cm、20cm、17cm)
 ・アカエソ(未掲載)(25cm)
 ・イトヒキアジ(10cm)
 ・ナンヨウツバメウオ(未掲載)

開くトラックバック(0)


 白いブラックサンダー
エゾコマルハナバチ

イメージ 1
 (2016.8.6 北海道川上郡弟子屈町 屈斜路湖 和琴半島)

【スカウターデータ】 
 膜翅目(ハチ目) ミツバチ科 エゾコマルハナバチ Bombus ardens sakagamii
 攻撃力: 防御力: 素早さ: 増殖力: 魅力: レア度:
 特殊能力:毒針
 スカウト日:2015年5月4日
 スカウト地:北海道川上郡弟子屈町 屈斜路湖 和琴半島
 
【戦闘力】230


この野郎はエゾコマルハナバチとかいうやつです。
コマルハナバチの北海道限定商品です。
北海道に行かないと絶対に見ることができませんが、
見たところで「ふーん」とか言うことしかできないやつです。
しかし、そんなことを気にせず花の蜜をペロペロペロペロとしています。

イメージ 2
 (2016.8.6 北海道川上郡弟子屈町 屈斜路湖 和琴半島)

イメージ 3
 (2015.5.4 北海道川上郡弟子屈町 屈斜路湖 和琴半島)

開くトラックバック(0)

開くトラックバック(0)

イメージ 1
むかしむかし、10月8日(日)のことだけんどが、
愛知県田原市に釣りに行った。
たびたびやってくるポイントで、シーバスか何かを釣ろうと思って。

そしたら、シーバスじゃなくて、何かの方が釣れた。
以前に釣ってる人を目撃しているので、生息していることは知ってたけど、
実際に自分が釣るのは約15年ぶりくらいだろう。
なかなかこいつばかり狙うような対象でもないからねえ。




まあ、そんな時の様子です。



イメージ 2
さて、ついでにチニングポイントにも寄ってみた。
いつものウンコみたいな水路だ。



イメージ 3
この魚影。これ全部クロダイなんだよね。
ほぼみんな40cmオーバー。

すごいだろう。
これだけおっても1匹も釣れないんだよ。



【今日のおまえら】
 ・マゴチ(初)(42cm)
 ・タケノコメバル(7cm)

開くトラックバック(0)

No.1493 オジロワシ


 でっかいどう
オジロワシ

イメージ 1
 (2016.8.7 北海道標津郡標津町)

【スカウターデータ】 
 タカ目 タカ科 オジロワシ Haliaeetus albicilla
 攻撃力: 防御力: 素早さ: 増殖力: 魅力: レア度:
 付加価値:国指定天然記念物、絶滅危惧Ⅱ類(環境省RDB)
      国内希少野生動植物種(種の保存法)、特定動物(動物愛護管理法)
 スカウト日:2015年5月3日
 スカウト地:北海道目梨郡羅臼町
 
【戦闘力】200,000


こいつはオジロワシとかいう野郎です。
冬に北海道にやってきますが、1年中いるやつもいます。
トビとかに比べるとはるかにデカく、翼を広げると2mになります。
ケツのあたりが白いのでこの名前があります。
ちなみにフンも白い色をしています。
とてもすごいですね。

イメージ 3
 (2015.5.3 北海道目梨郡羅臼町)

イメージ 2
 (2015.5.3 北海道目梨郡羅臼町)

イメージ 4
 (2015.5.4 北海道斜里郡斜里町 斜里漁港)

開くトラックバック(0)

(3) けわしい

イメージ 1
真夏の7月22日(土)の話だ。
八丈島2日目の朝。今日も早速釣りをしよう。

八丈島の漁港で特筆すべきことは、ウミガメがおるってことだ。
漁港内でウミガメをめっちゃ見る。
沖縄の漁港でもたまに顔出したりするけど。それよりも高密度で見かける。
なんか漁港のスロープ付近で海草か何か食ってるようだ。



イメージ 2
そういうわけで、
神湊(かみなと)漁港 → 底土(ていど)港 → 八重根(やえね)漁港
という感じで回ったが、クソしかかからない。

ちなみにこれら港は市街地に近いので、行きやすい場所だ。



イメージ 3
八重根漁港の水たまりでちょうちょが水吸とった。
カラスアゲハだなと思ったけど、
どうやら「ハチジョウカラスアゲハ」とかいう固有亜種らしいぞ。



イメージ 4
それにしても、この島の地形は険しすぎる。
隣に「八丈小島」ってのが見えるんだけどね、すごい地形だ。
砂場の砂盛ったやつのでかいのだね。




そんなわけです。


【今日のおまえら】
 ・マアジ
 ・ハチジョウカラスアゲハ(初)

開くトラックバック(0)

No.1492 エゾメバル


 ひな壇に命を懸ける
エゾメバル

イメージ 1
 (2015.5.3 北海道目梨郡羅臼町 羅臼漁港)

【スカウターデータ】 
 スズキ目 メバル科 エゾメバル Sebastes taczanowskii
 攻撃力: 防御力: 素早さ: 増殖力: 魅力: レア度:
 スカウト日:2015年5月3日
 スカウト地:北海道目梨郡羅臼町 羅臼漁港
 
【戦闘力】620


この野郎はエゾメバルとかいうウオです。
北海道などの寒い海にいる茶色いやつです。
漁港の水のよどんだ場所には必ず群れているやつです。
ガヤガヤとうるさいほどいるので「ガヤ」と呼ばれています。
しかし、「イエイ!」とか「フー!」とか言ってるだけではありません。
それなりにMCの反応を見ながら的確な発言をしています。

イメージ 2
 (2015.5.3 北海道目梨郡羅臼町 羅臼漁港)

イメージ 3
 (2015.5.5 北海道目梨郡羅臼町 羅臼漁港)

イメージ 4
 (2015.5.5 北海道目梨郡羅臼町 羅臼漁港)

イメージ 5
 (2016.8.5 北海道標津郡標津町 標津漁港)

イメージ 6
 (2016.8.7 北海道目梨郡羅臼町 羅臼漁港)

開くトラックバック(0)

いろいろおる

イメージ 1
10月1日(日)のことだけんどが、
今年は2回目となる三重県尾鷲市に行ったぞ。

海という場所は、山に比べて行きやすい。
なんでかっちゅーと、日本列島の海岸沿いには
だいたい高速道路が作ってあるからさあ。

それでもうちから3時間以上かかる。
沖縄まで飛行機で2時間と考えると、どうかと思う。



イメージ 2
まあしかし、3時間かけて来る理由ってのは、
ここは「いろいろおる」ってことだなあ。
うちのあたりでは(スーパーを除いて)決して見ることのできない魚がおる。
日本の魚はだいたいおる、と言ってもいいんじゃないかと。

今回は、ロックフィッシュのオオモンハタを狙ったんだけど、
こいつもうちのあたりにはいない魚だ。

こいつを狙ってるときには、デカいハマチが追いかけてきたりした。
メタルジグばかり1日中投げたら漁港でハマチが釣れるんじゃないかなあ。




そんな場所をシコシコやった結果です。



【今日のおまえら】
 ・アカエソ(初)(21cm)
 ・オオモンハタ(未掲載)(16〜25cm 9匹)
 ・アカハタ(未掲載)(13cm、13cm)

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事