ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1
 
花札好きにはたまらない手刷り花札を
日本で唯一製作しているところがあります
それが松井天狗堂です。
役百年の歴史のあるお店です
2010年3月いっぱいで後継者が居らず
閉店しました。
現在の3代目松井重夫職人は確か77か8で2009年ごろ花札の新規製造を打ち切り在庫のみで営業していましたそして
述べたように2010年3月約百年の歴史に幕を閉じました。
書類上では閉店しましたが松井天狗堂が松井さんの自宅なので閉店後も松井さんが在宅していれば花札をわけてくれます。
閉店後の2010年6月に閉店した松井天狗堂に電話をかけると、松井さんが出て
今日そちらへいきたいのですがと、の旨を伝えると「わかりましたまってます」と言われたので
いって行ってみると、松井さん本人が店の(自宅)前に出てきて案内してくれました
店は10畳に満たない小さい工房です。
花札やうんすんかるた(日本のトランプ)
などの話をしていて1時間もたってしまいました
イメージ 2
松井天狗堂の花札は手刷りで古歌がカス札はいっています。上のやつは
手刷り金地古歌入り菊華です。



 
イメージ 3
最後に松井天狗堂のご主人3代目松井さんです。
花札は一種類一年に50個しかつくれな
いらしい(ネットヨリ)

 
 
重要なことを書き忘れていました松井天狗堂には印刷の商品が
がそんざいします。ヤフオクでそれにもかかわらず万がついていました。
印刷では本当の松井さんが一生懸命に作ったすばらしい美しさ
が感ぜられませんそこで
松井社長の職人技と美しき花札を画像で保存し
印刷をつかまないための目をつくるを乗せました。
ぜひごらんあれ!
 


不正利用に対する処置(2015年7月21日)
中京鐡道が保有する松井天狗堂様の記事を不正に利用している
疑惑を入手しました。
多くの人に花札の魅力を伝えたい気持ちはあります
このカテゴリー現在各種ネット検索上位です。
しかし魅惑的な松井天狗堂の当時の詳しい価格などは伏せないで
現状のまま公開しますが、オークションに関する記事
等級や限定品に関する記事は不正に拡散するのを防止するため削除させて頂きました。
今後のアクセス分析次第では再開するかもしれません。
じつはまだ限定品や自家用品などの記事もかきたかったんだけど・・・・・
 
2016-9-14 ブログリニューアルにつき内容を大幅に改定しました。
以前の内容はこちら 友達・ファン限定
 

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事