ここから本文です

ペットショップ「iP-PLUS」のブログ





イメージ 1



本では昔の中国の暦に習って、現在のこの暑い時期を『大暑』と呼んでいると先日のブログにも書かせていただきましたが、ヨーロッパの場合は古代ローマの暦が今も残っており、この暑い期間を『ドッグデイズ』と呼んでいるそうです。

なんかピンと来ないですね。


おおいぬ座

この『ドッグデイズ』という名前の由来は、おおいぬ座のシリウス(Dog Star)が、7月から8月にかけて日の出と共に現れ日の入りと共に沈むことが、この時期が暑くなることと関連づけられたからだそうです。(ウィキペディアより)


冬の大三角形

シリウスと言えば冬空に煌々(こうこう)と輝く大きな星ですが、冬の大三角形の一つと言えば、星に興味の無い人でもわかる方も多いと思います。

もしくは、
冬のダイヤモンドを形成する一角にもなっているのですが、どちらも日本では冬の夜空に浮かぶ星たちですので、残念ながら日本では秋にならなければ、見えやすい夜に見ることはできないそうです。


とにかくペット業者は『ドッグ』と名がつけばとても身近に感じてしまうのですが、星たちのことともなるとちょっとロマンチックな感じがしますよね。

暑い夏の夜のお散歩のとき、
たまには立ち止まって空を見上げてみてはいかがですか?


イノヨシ

書庫その他の最新記事

すべて表示

    記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事