ここから本文です
tabiのブログ
旅の思い出

書庫グルメ

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

酒の肴

イメージ 1

肴とは、酒を飲む際に添える食品を意味する語。派生して、酒を飲む際に共に楽しむ様々な対象(歌舞や面白い話題など)も肴と呼ばれる。酒肴(しゅこう)、酒にあてがうことから主に関西ではアテと呼ぶ事もある。つまみともいう。

二刀流

両手(右手と左手)にそれぞれ刀もしくは剣を持って、攻守をおこなう技術の総称。
酒と甘味の両方を好む人のことを指す事も。

アイスクリームは、牛乳などを原料にして、冷やしながら空気を含むように攪拌してクリーム状とし、これを凍らせた菓子である。そのうち、柔らかいものは「ソフトクリーム」と呼ばれる。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

国によっては「アイスクリーム」製品の規格を規定する場合がある。日本では乳固形分及び乳脂肪分が最も高いアイスクリームと、アイスミルク、ラクトアイスの3種類を合わせて広義に「アイスクリーム類」と称す。

アイスキャンディーは、棒状の氷菓。「アイスキャンディー」は和製英語で、他にアイスキャンデー、アイスバーとも呼ばれる。

若年層には略語から派生した「アイス」と呼ばれることが多く、アイスキャンディー等の呼び名はあまり聞かれなくなった。

英語ではアイスポップ(ice pop)という名称が正しいが、カナダとアメリカ合衆国では登録商標のポップシクル(Popsicle)が一般名称化している。

水、果汁、牛乳などに、砂糖などの甘味料、香料、着色料、固形の原料などを加えて、型となるアイスキャンディー成形器の長軸方向の中央部に木製またはプラスチック製の棒を差し入れて凍らせたもの。

固形の原料としては、果肉、小豆や緑豆のあんなどが使われる。凍らせたあとで、溶かしたチョコレートやアーモンドクリームなどに漬けて、表面を覆う場合もある。
型となる成形器の形状は円筒形もしくは直方体のものが多い。

果実(バナナやスイカなど)そのものに棒を差し、凍らせた菓子は、一般にアイスキャンディーとは呼ばれない。

イメージ 8

イメージ 9

麦焼酎

いいちこは、大分県の酒造メーカー、三和酒類が1979年(昭和54年)から発売している麦焼酎の銘柄である。日本国外でも世界約30の国と地域で販売されている。

商品名の「いいちこ」は三和酒類のある大分県の方言で「いいですよ」を意味し、愛称である「下町のナポレオン」とともに地元紙における公募により決定された。
ムギ、多くはオオムギを主原料とする。一般に米焼酎より癖が少なく、飲みやすいと言われる。

イメージ 10

イメージ 11

もともと長崎県壱岐で生産され始めたのが最初である。「壱岐焼酎」は世界貿易機関のTRIPS協定に基づく産地表示の保護指定を受けている。壱岐焼酎は米麹に麦を掛け合わせている。

麦焼酎は1960年代まで焼酎の中ではメジャーな存在ではなかったが、東京農業大学の柳田藤治によってイオン交換濾過法を麦焼酎へ応用する手法が開発され、宮崎県の柳田酒造によって実際の使用方法が確立すると多くの麦焼酎メーカーがイオン交換濾
過法を導入することとなった。

その後、1960年代後半から大分県で生産されている麦麹に麦を掛け合わせる麦焼酎が日本各地で注目を浴び、現在では大分県も麦焼酎の一大産地となっている。
なお、「大分麦焼酎」は地域団体商標として登録されている。

もともと長崎県壱岐で生産され始めたのが最初である。「壱岐焼酎」は世界貿易機関のTRIPS協定に基づく産地表示の保護指定を受けている。壱岐焼酎は米麹に麦を掛け合わせている。

麦焼酎は1960年代まで焼酎の中ではメジャーな存在ではなかったが、東京農業大学の柳田藤治によってイオン交換濾過法を麦焼酎へ応用する手法が開発され、宮崎県の柳田酒造によって実際の使用方法が確立すると多くの麦焼酎メーカーがイオン交換濾過法を導入することとなった。

その後、1960年代後半から大分県で生産されている麦麹に麦を掛け合わせる麦焼酎が日本各地で注目を浴び、現在では大分県も麦焼酎の一大産地となっている。
なお、「大分麦焼酎」は地域団体商標として登録されている。

この記事に

おいしいチーズスイーツを探す旅!

雪印メグミルクから、「Cheese sweets Journey 抹茶のチーズスイーツ」が2016年9月1日に発売。6個入り、価格は300円(税別)。

Cheese sweets Journeyは、おいしいチーズスイーツを探す旅に出発し、世界各地のスイーツからインスピレーションを受けて、日本人好みのチーズスイーツに仕立てるというコンセプトのブランド。

Cheese sweets Journey 抹茶のチーズスイーツは、クリームチーズと味わい深く香り高い愛知県西尾産の抹茶を合わせたもの。チーズのコクとなめらかな食感が楽しめます。

ベーコン(Bacon)とは、豚肉を塩漬けして燻製にしたものですが日本ではバラ肉の部位を用いたものを特にベーコンと言います。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

この記事に

湯上りに一杯

生ハムの切り落としでビールを飲む。

生ハム
豚肉を塩漬けして低温で燻煙し、湯煮をしないハム。または、燻煙せずに乾燥させたハム。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

燻煙し、表面をろうなどで保護して低温で1・2年熟成させた製品。そのまま薄切りにして食用にする。
 
生ハム切り落としは豚もも肉を岩塩で調味してじっくりと漬け込んだ生ハムの端っこ。
 
イメージ 5

イメージ 6

切り落としの生ハムとはいえ、味や柔らかな食感、旨みは正規品のままお得に、お気軽に生ハムを味わえます。

この記事に

蛇の目猪口

今夜の晩酌は「柳川鍋に熱燗」です。

イメージ 1

↑ 二合徳利

イメージ 2

お猪口の定番・蛇の目お猪口の本当の使い方とは。

日本酒を飲むときの酒器には様々な容器がありますが、よく見るのは白い磁器で、中の底に青い丸が描かれたものです。

イメージ 3

これを通称「蛇の目」と呼び、そこに描かれた二つの丸がまるで蛇の目のように見えるのです。

イメージ 4

特に純米酒などは、山吹色とも呼ばれる黄色が比較的強めに出る傾向かあります。
つまりは、この黄色を目立たせるために、白と青のそれぞれの色を用いて、日本酒の透明度や色の付き方など、確認(検査)するために、この青色の蛇の目は存在するということです。

イメージ 5

日本酒は熟成が進むと、どのタイプの日本酒も黄色が強くなる傾向があり、黄みがかった透明な色、イコール劣化しているのではとの先入観を持ってしまいがちですが、先に説明したとおり、純米酒などは黄色が強くでる傾向がありますので、黄色=劣化とすぐに結びつけるのは間違いです。
出典・masaka-saketen.com お酒の豆知識

この記事に

今夜の晩酌。

妻が友人宅から帰宅し「夕飯食べた?」と聞く。「未だだよ」と答える。

妻が出掛け帰宅が6時を過ぎれば、私は決ってケータリングか外食で夕食を済ませるのが何時ものパターンです。

「じゃあカレーうどん」食べに行こうか?。
「其処のたま家でカレーうどんをはじめたんだって」

と言うことで親子丼屋でカレーうどんを食べる事になりました。
我が家の至近に上質な卵を使用した親子丼のお店が有ります。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

↑ 晩酌ビールの肴に蛤の酒蒸し ↓

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

↑ そして出汁巻き玉子も ↓

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

↑ 酒を頼むと付いて出てくるのは
「突き出し」か「お通し」か「付きだし」か……?。
広辞苑、大辞林とも「突(き)出し」を採用している。
「飲食事典」では「突出し」として「料理の前菜の一種。ごく簡単なつまみ物の類で、普通東京で『通し物』というところを関西ではツキダシという。客の注文の有無にかかわらず先ず突出すとの意であろう」とある。
東京の「通し物」、関西の「突出し」という構図らしいが、「お通し」の語源が「通し物」であった可能性を示唆している。 ↓

イメージ 16

カレーうどん
カレーうどん・カレー南蛮うどん(地方によってはカレーなんば)と呼び、蕎麦の「カレー南蛮」と同様のうどん料理である。

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

だし汁にカレー粉を加えてカレー風味にしたものや、だし汁で延ばした和風カレーをつゆとして用いたもの、あるいは茹でた麺にカレーライス用のカレーを直接ないし温かい麺つゆと共に掛けたものなど多彩である。

昭和10年頃は、カレーライスより盛んに食べられており、各社から「南蛮カレー粉」が発売されていた。

地域により具材、調理法が異なりバリエーションが多い。
南蛮は、かつお節などの出汁を使用し長ネギを入れたカレー風味のつゆを使用したもの(南蛮はネギなどを表す場合があった)。

カレー南蛮が古くから食べられていたが、これと同様の味付けと調理を行う。「冷やし」もあり、地方では町おこしのための独自料理など種類や独自名称も多い。

この記事に

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事