ここから本文です
tabiのブログ
旅の思い出

書庫グルメ

記事検索
検索

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ソバ

蕎麦は、タデ科ソバ属の一年草。

一般に穀物は、 イネ科(単子葉類)であるのに対して、ソバはタデ科、つまり双子葉類である。

このようにイネ科以外の穀類として、アマランサス(ヒユ科)、キノア(アカザ科)等があり、これらは擬穀類とよばれる。

利用方法として、主にソバの実の製粉して蕎麦粉として利用し、それを用いた麺(蕎麦)や蕎麦掻等を食用にする。

特徴
草丈は60〜130cmで、茎の先端に総状花序を出し、6ミリほどの花を多数つける。花の色は白、淡紅、赤、茎の色は緑、淡紅、濃紅であり、果実の果皮色は黒、茶褐色、銀色である。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

主に実を食用にする。ソバは、新たに作ったばかりの畑のような痩せた土壌、冷帯に属するような冷涼な気候、雨が少なかったり水利が悪かったりする乾燥した土地でも、容易に生育する。

イメージ 7

しかも、種まきをしてから2〜3ヶ月程度で収穫できることから、救荒作物として5世紀頃から栽培されていた。

イメージ 8

イメージ 9

原産地は、ド・カンドルが中国北部からシベリアという説を提出し、これが信じられてきたが、1992年に京都大学のグループが中国南部で野生祖先種を発見したことから、中国南部説が有力となっている。

日長反応の違いから、感光性が弱い夏型、強い秋型、両者の中間タイプの中間型があり、中間タイプはさらに夏型に近い中間型、秋型に近い中間型に分れる。さらに、栽培形態として、播種期の違いにより春播きの夏蕎麦と夏播きの秋蕎麦がある。

日本の主産地北海道では年一作で、夏蕎麦、秋蕎麦の区別はない。
つまり、北海道のソバは夏型であるが夏蕎麦ではない。

東北以南では、いわゆる夏蕎麦、秋蕎麦に別れ、地域により年に2回、ないし3回収穫できる。例えば、北海道の夏型の牡丹そばを本州で夏播きした場合には秋蕎麦になる。

北海道産品種は夏蕎麦にも秋蕎麦にも利用できる品種群である。そのため、北海道の新蕎麦も秋の味覚の走りとして最近は「秋新」と呼ばれる。

また、最近、4〜5月播種の春播きソバを春蕎麦と呼ぶ事例があるが、夏蕎麦の低質のイメージを回避した呼称であり、従来通り夏蕎麦と呼ばれるべき作型である。

イメージ 10

↑ 父方の従兄弟が港区内で家業の日本蕎麦店を継いでいる ↓

イメージ 11

食用利用
食用とされるのは実ばかりではなく、幼い茎や葉は、スプラウト(新芽野菜)としてサラダの材料などとしても食用となる。

このため、家庭でソバを栽培した時などは、間引きを行った時に、間引いたソバを野菜として利用することもある。また、ソバは蜂蜜の蜜源植物としても知られている。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

ソバの花からは黒色で鉄分が多く独特の香りを持つ蜂蜜が得られる。さらに食用以外にも利用され、ソバの実の殻(果皮)は比較的簡単に取ることが可能であり、これを蕎麦殻と呼ぶ。

実または蕎麦粉
ソバは、主に製粉して蕎麦粉として用いられる。 蕎麦粉は、ソバの実(種実)から殻(果皮)を除き(丸抜き)、種子の胚乳の部分を粉状にすることで作られている。
こうして作られた蕎麦粉を、さらに加工、加熱して食用にする。

しかしながら、粉状にはせずに利用されることもある。例えば、殻を剥いたそば米は、カーシャ、そば茶に利用されたり、コメと混ぜて炊いて食べたりもする。

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19
↑ 盛り蕎麦と冷酒
イメージ 20
↑ たぬき蕎麦と日本酒
イメージ 21
↑ おかめ蕎麦と日本酒

この記事に

寿司で日本酒

酒の肴が出来る前に「かっぱえびせん」で日本酒を飲んでいたが、妻も夕餉の支度が面倒臭く成ったのか、100メートル足らずの距離あるテイクアウト専門店の寿司を買ってきました。 

イメージ 1


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

テイクアウト専門店
テイクアウトは、客が飲食物を店内から持ち出して自宅へ持ち帰るなど店外で食べる、飲食店のシステムである。

日本において「テイクアウト」は、飲食物を店外に持ち出すことを意味する。

客が直接持ち出す場合をテイクアウトと呼称するのに対し、店舗の経営者や従業員などスタッフが飲食物を店外に持ち出して客の自宅等に運ぶことは、「デリバリー」または「出前」と呼ばれる。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

店内飲食は「イートイン」と呼ばれる。
既に出来上がっている調理の必要のない調理済みの飲食物を持ち帰るのがテイクアウトであり、調理の必要のある生鮮食品などを持ち帰るのは定義上、テイクアウトとは呼ばない。

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

またイートインもデリバリーも行わないテイクアウト販売のみの店舗やチェーン(例:コンビニ弁当など)には冗語になるので使用しない。
自動車に乗りながら注文可能な「ドライブスルー」はテイクアウトの一形態である。

多くのチェーンによるファミリーレストランやファーストフード店がテイクアウトを実施しており、利点として店舗に収容可能な人数の顧客をさばける事や、顧客のスケジュールに柔軟に対応できるなどが考えられる。

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

プラスチックや発泡スチロールの容器が普及していなかった時代はテイクアウトにも限界があったが、今日、日本では店舗に食事スペースを保有しないチェーン店も多くあり、ピザチェーンや一部の寿司チェーンのように「デリバリー、テイクアウトのみ」という形態が一般に多くなった。

イメージ 23

イメージ 24

日配食品を使用した物などのメニューの一部は状況により衛生面を考慮してテイクアウトができない場合もある。

イメージ 25

この記事に



「かっぱえびせんで日本酒」

私の様な飲兵衛は思い立ったら今すぐ飲みたがる。
時には妻の都合などで中々酒の肴が用意出来ない事も有る。

イメージ 1

イメージ 2

そんな時の「間に合わせ」として「かっぱえびせん」は重宝である。

イメージ 3

かっぱえびせんは、カルビーが製造している小麦粉とエビを主原料とするスナック菓子である。

イメージ 4

日本を代表するお菓子のロングセラー。
1955年に発売されたスナック菓子「かっぱあられ」に由来する。漫画家の清水崑の代表作『かっぱ天国』のキャラクターのカッパをパッケージに起用したためにこの名称となった。

イメージ 5

かっぱあられの27番目の派生商品として、1964年に量り売り用一斗缶入りで「かっぱえびせん」を日本国内で発売開始。

一斗缶入りでは湿気を吸いやすかったため売り上げは芳しくなかったが、湿気を防ぐため袋入りにしたところ人気商品となった。

原料として使用されている小エビは当初は瀬戸内海産だったが、現在はグリーンランド近海・中国・日本産のアカエビ・サルエビ・キシエビ・ホッコクアカエビの4種類で、製造時の漁獲量によって種類ごとの割合が変化する。

イメージ 6

なおパッケージに描かれているエビは一般的なエビのイメージを元にデザインされたもので、特に種の特定はされず、愛称も付けられていない。
出典・ウィキペディアフリー百科事典。

この記事に

沖縄料理其の4

イラブチャー・クチナジ・アーガイ三点盛

イラプチャー

アオブダイ(青武鯛)は、スズキ目ベラ亜目ブダイ科の魚。岩礁やサンゴ礁に生息する大型魚で、名のとおり青みの強い体色が特徴である。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

体長は最大90cmほど。名のとおり体色は青みが強いが、体の各所に赤褐色、白、黒などの斑点が出るものもいる。

成魚は頬に白っぽい斑点が出て、前頭部がこぶのように突き出るが、若魚は頬に斑点がなく、額にこぶもない。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

上下の顎の歯が融合して、鳥のくちばしのような形状をしている。これは他のアオブダイ亜科の魚にも共通する特徴で、人間の指を噛み切るくらいの顎の力もあるので注意が必要である。

イメージ 9

イメージ 10

東京湾、朝鮮半島以南からフィリピンまでの西太平洋に分布し、浅い海の岩礁やサンゴ礁に生息する。

ナンヨウブダイやカンムリブダイなど、他のアオブダイ亜科の魚が熱帯のサンゴ礁に生息するのに対し、アオブダイは温帯域にも生息する。

イメージ 11

この記事に

台風の三連休

9月17日 ウェザーニュース
大型で強い勢力の台風18号が、午前中に九州南部に上陸する恐れが大きくなっています。

イメージ 1

台風が近づく前から宮崎県や大分県で、局地的に激しい雨が降っています。
台風の中心を取り巻く雨雲は、同じ中心を持つドーナツ状に広がっていて、発達した積乱雲の列を作ります。

イメージ 2

↑ 季節限定ビール ↓

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

こうした台風周辺の積乱雲の下では、激しい雷雨のほか、竜巻などの突風が発生しやすい傾向があります。

中心から少し離れた場所でも、台風の外側の雲(アウターバンド)で積乱雲が発達することがあり、注意が必要です。

発達した積乱雲は、現在は宮崎県付近にあり、今後、台風が北東へ進むに連れ、大分県など九州北部へ、さらに中国四国エリアに広がっていきます。

イメージ 6

台風18号 18日にかけ全国的に荒天(日直予報士) - 日本気象協会

大型の台風18号は、17日(日)の夜は四国や中国、近畿を通過し、18日(月)は北陸や東北、北海道へかなり接近または上陸する見込みです。

イメージ 7

全国的に大荒れの天気をもたらすおそれがあるため、引き続き厳重な警戒が必要です。
 
イメージ 8

↑ 叉焼&麻婆豆腐 ↓

イメージ 9

イメージ 10

今後の動きは?
大型の台風18号は、17日(日)午後5時頃高知県の宿毛市付近に再上陸しました。その後も暴風域を保ったまま、今夜遅くにかけて速度を上げて中国や近畿を通過し、西日本を中心に大荒れの天気をもたらしそうです。

イメージ 11

イメージ 12

18日(月)は温帯低気圧の性質を帯びながら明け方にかけて北陸付近を通り、その後東北や北海道にかなり接近、上陸する見込みです。

温帯低気圧の性質を帯びたからといって全く油断はできず、暴風や強風が吹く範囲が広がる可能性があります。東日本や北日本でも大荒れとなるでしょう。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

↑ ピンビールから生へ ↓

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

↑ 台風の影響か店内は昼時だったが空席が目立つ ↓

イメージ 19

雨はどのくらい降る?
17日(日)の夜遅くにかけて、西日本を中心に局地的には息苦しくなるくらいの猛烈な雨が降るおそれ。18日には東日本や北日本で雨のピーク。

滝のような雨が降り、大雨となる所も。

イメージ 20

18日(月)午後6時までの24時間に予想される雨の量(多い所で)は、
四国、近畿、北海道:250ミリ
中国、東海、東北:200ミリ
関東甲信、北陸:150ミリ
九州北部:120ミリ

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

↑ 棒餃子追加 ↓

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

↑ 完食 ↓

イメージ 27

また、北海道ではその後もさらに雨量が増え、19日(火)午後6時までの24時間に50〜100ミリの雨が予想されています。

イメージ 29

イメージ 28

この記事に

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事