ここから本文です
tabiのブログ
旅の思い出

書庫草木花

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

丁字桜

チョウジザクラ(丁字桜)はバラ科、サクラ属の植物。桜の野生種の一つ。東北南部より南の太平洋側に見られる。別名にメジロザクラ。

名前のちょうじの由来は花を横から見ると丁字や丁子(クローブ)のように見えることから名づけられている。なお、チョウジザクラの名はフジモドキにも使われている。

イメージ 1

イメージ 2

特徴
花は3月下旬から4月下旬に咲く。花は白からやや薄紅色。五枚一重であり、花びらは小さく花全体で大きくても2cm前後。

花は180度近くまで平たく開き、萼筒も長く、このとき横から見ると丁字のように見える。
花は下向きに咲くことが多い。

樹木の大きさは大きくなっても7m前後。花を除くとマメザクラに良く似ている。その樹皮を樺細工のような工芸品に使用したりする。

葉は長い楕円形であり、葉の縁はで葉の端の鋸上の部分は切込みが深く(欠刻状重鋸葉)マメザクラに似る。葉には一面に毛が生える。時々葉の先端が長く伸びる。秋になると紅葉し落葉する。

観賞用の価値が低いために、植えられる事は稀である。その一方、この種は多種との雑種を作りやすく、品種改良に使われることも少なくない。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

分布
チョウジザクラは本州の東北以南の太平洋側に見られる。また、九州にも一部で見られる。山地を好んで分布し、谷川の近くのような岩石の多い部分でも生息できる。石灰岩地にも生息する。

チョウジザクラ群
チョウジザクラに似ていたり、変種だとされる桜はチョウジザクラ群に分類されている。

チョウジザクラ自体は観賞用の価値が低いが、チョウジザクラ群には好んで植えられるものもある。

野生種
オオミネザクラ(大峰桜)
オクチョウジザクラ(奥丁字桜)
チチブザクラ(秩父桜)
チョウジサクラ(丁字桜・メジロザクラ)
ニッコウザクラ(日光桜)
ハナイシザクラ(花石桜)
ミヤマチョウジザクラ(深山丁字桜) - チョウジザクラの深山型。
中央アルプスから南アルプスにかけて分布する。

園芸品種
オオオクチョウジザクラ (大奥丁字桜)
シキザキチョウジザクラ(四季咲丁字桜)
ヒナギクザクラ(雛菊桜) - 菊咲き。チョウジザクラの園芸品種は、ヒナギクザクラを親に持っていることが多

この記事に

ノーザンハイブッシュ系
無農薬で栽培でき、四季を通じて楽しむことができます。

白い鈴のような可愛げのある花と新緑の爽やかな春。

実がゆっくり青色に色づく夏。

鮮明な赤色に葉を染める秋。

ひっそりと春をまつ冬。

果樹栽培の入門種ブルーベリー。

イメージ 1

花も実も紅葉も楽しめ、季節の移ろいの度に表情を変えます。

イメージ 2

ブルーベリーは、北アメリカ大陸東岸に自生している野生種から改良された小果樹で歴史も浅く「20世紀の果物」と呼ばれています。

アメリカやカナダなど世界中に150種以上あるといわれており、日本では主にハイブッシュブルーベリーとラビットアイブルーベリーという2種類が栽培されています。

完熟した果実には豊富なポリフェノール類が含まれており、その栄養成分のひとつであるアントシアニンは視力回復や抗酸化作用があります。

また、生活習慣病予防やアンチエイジング効果に関する研究成果が発表されています。ミネラルやビタミン類も多く含まれており栄養価が非常に高い果実で注目されています。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

栽培は、とても丈夫で病害虫にも強く、無農薬栽培も可能です。花も実も紅葉も楽しめ、季節が移っていく度に表情を変えます。

鉢でも庭でも育てやすく、家庭果樹で最も人気があります。結実年数は、苗からなら1〜3年、実生で3〜5年ほどです。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12
ノーザンハイブッシュ系品種は寒冷地に適した系統です。
果実品質にたいへん優れ、生食ブルーベリーの醍醐味ともいえる『酸味と甘みとの調和』を感じさせます。

品種の特徴
本種は500円玉サイズの超特大サイズの実がつく品種で、最大で7gほどの実をつけることも・・・。
ダロウよりも大きいとウワサの品種です。

甘みが多いですがやや酸味が効いています。本種は晩生品種です。

この記事に

枝垂桜

シダレザクラとは、枝がやわらかく枝垂れる桜の総称。
エドヒガンの系統が多く、品種もさまざまである。


ヤエベニシダレやベニシダレなどが有名。キヨスミシダレのような品種もある。
開花時期は3月下旬〜4月にかけてである(ソメイヨシノより1週間程度早い)。

枝が長くその名の通りにしだれている。
京都府の府花に指定されている。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14
桜には400〜600ほどの豊富な種類があり、それぞれ花びらの数や形、色が大きく異なります。中でも、古い建物のそばにしっかりと根づき、長い間春の訪れを知らせてくれていたのがしだれ桜です。

その花の美しさから、帯の巻き方にしだれ桜むす帯というものもあり、古くから日本人に親しまれてきました。

寿命が長く、日本三大桜の一つに数えられているベニシダレ桜は、樹齢1000年を超えている立派な老木となっています。

日本では長い間、サクラの属名を Prunus(和名:スモモ属)とする分類が主流で、分けてもサクラ亜属(subg・Cerasus)とすることが多かったが、昨今の研究などでは Cerasus(和名:サクラ属)とするものが増えてきている(ただし、 Cerasus とすることで決着した訳ではない)。

この記事に

鬱金桜

16、17日は不在のため更新は有りません。


香取神社(江東区亀戸)にて4月10日撮影。

ウコン(鬱金)は、サクラの栽培品種である。開花時期はソメイヨシノより遅めの4月中旬頃(東京)。

イメージ 1

イメージ 2

↑ 幹でも咲くが枝の先端で花が咲く↓

イメージ 3


イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

花弁に葉緑体をもつなど性質はギョイコウ(御衣黄)に似ているが、色は緑色が弱く淡黄色である。

数百品種あるサクラのうちで唯一、黄色の花を咲かせるサクラである。
花弁数が15〜20枚程度の大輪の八重咲きである。また、ギョイコウのように花弁は厚くなく、気孔もない。

名前は、ショウガ科のウコンの根を染料に用いた鬱金色に由来し、それらと混同されないよう「鬱金桜」あるいは「鬱金の桜」と呼ばれることもある。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

また、別名として「黄桜」「浅葱桜(浅黄桜)」などがあるが、これらの別称はギョイコウを指すこともあり、また、ウコンやギョイコウとは別の一品種とされることもある。

ウコンの花は日本国外でも人気が高い。

この記事に

寄せ植え

東京スカイツリーの真下を流れる「北十間川」に沿って設置されている転落防護柵の所々に墨田区によって設置された寄せ植えがある。
ビオラ・プリムラ・ヘデラ(アイビー)の寄せ植えである(4月4日撮影。)

園芸・盆栽用語で、異種ないしは同種の植物を同じ鉢やプランター、または地植えの場合に株元を近接して植えること。

イメージ 1

イメージ 2

異種の色彩や形状、高さの異なる植物を一箇所に植えることで、視覚的効果を狙う園芸手法の一つである。

イメージ 3

その多くのケースでは、視覚的な効果を重視するため、鑑賞、展示には向くが、それぞれの植物の性質のちがいにより長期栽培には不向きの場合が多い。

イメージ 4

このため寄せ植えに際しては、種類の選定を考慮しないと管理が難しい。
公園や、住宅、店舗などの店頭にしばしば置かれる。

イメージ 5

また、正月などに縁起がよいとされる植物を複数寄せ合わせた植木鉢が販売される。

ビオラ(Viola)
スミレ科スミレ属のラテン語名である。園芸上はパンジーの小輪多花性種をヴィオラ(ビオラ)と呼んでいる。

ビオラは園芸によく用いられ、観賞用に販売されている。パンジーとの定義の区別はかなり曖昧であるが、花径5cm以上をパンジー、4cm以下をヴィオラとすることが多い。

イメージ 6

イメージ 7

パンジーに比べて、開花期がやや短い(咲き出しが遅い)が、その分強健で、栽培が容易とされている。品種は、1980年ころまでは、数種に過ぎなかったが、現在はかなりの色合いのものが作出されており、一方、パンジーのほうも強健多花性の種も多く作出されている。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20
現在では見た目が豪華なのがパンジー、かわいらしいのがビオラとする、かなり主観的な分け方になっている。

ビオラという名はイーオーに由来し、ゼウスが雌牛に変えられた彼女に食べさせる為に作られたとされる。
花言葉は誠実。

イメージ 21

プリムラ (Primula)
サクラソウ科サクラソウ属の園芸植物で、日本では生産園芸、観賞園芸の園芸ジャンルにより、包括する範囲が多少異なる。

主にヨーロッパで品種改良されたものが多い。この意味での「プリムラ」が多い。 このプリムラの他に、サクラソウ属に属する園芸植物として、日本の古典園芸植物である日本桜草(植物学上の和名はサクラソウ)がある。

サクラソウ属のラテン名Primula(本来の意味)。
プリムラ (小惑星)。

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

ヘデラ(アイビー)
ヘデラの仲間のなかで園芸的に多く利用されるのは、セイヨウキヅタ(ヘデラ・へリックス)を筆頭に、キヅタとオカメヅタで、園芸品種が数百にも及ぶバラエティ豊かな植物です。

イメージ 25

特にセイヨウキヅタには、白や黄色の覆輪、中斑、散り斑、掃け込み斑、縞斑など美しい斑入り品種が数多くあります。

気根(付着根)を出して壁や樹木などに張りついて成長する性質をもっているので、家庭のフェンスや建物に這わせたり、インテリアグリーンやコンテナに寄せ植えする際のアクセントにするとよいでしょう。

法面や緑地帯などでも広く利用されています。また、ガーデン用以外に切り花やブーケの添え葉にも使われます

イメージ 26

イメージ 27

この記事に

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事