ここから本文です
tabiのブログ
旅の思い出

書庫草木花

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

黄菖蒲

キショウブ(黄菖蒲)はアヤメ科アヤメ属の多年草。帰化植物。

イメージ 1

特徴
花茎の高さは60-100cmになる。葉は幅2-3cm、長さ60-100cm、剣形で中脈が隆起し明瞭で、縁は全縁。

イメージ 2

花期は5-6月で、アヤメやノハナショウブと同じ、外花被片が大型の広卵形で先が下に垂れ、内花被片が小型で直立した、黄色の花を咲かせる。外花被片の中央に茶色がかった模様がある。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

分布と生育環境
西アジアからヨーロッパ原産の植物で、明治頃から栽培されていたものが日本全国の水辺や湿地、水田脇に野生化している。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

観賞用に栽培されているハナショウブには黄色系の花がないため、その貴重性から重宝されたが、湖沼や河川などへの拡散が問題となっている。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

環境省は「要注意外来生物」の一種として「栽培にあたっては、逸出を起こさない」「既に野生化している湖沼等があり、在来種との競合・駆逐等のおそれがある場所については、積極的な防除または分布拡大の抑制策の検討が望まれる」として警戒を呼びかけている。

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20
また、日本自然保護協会、日本野鳥の会、WWFでは生態系に与える影響や侵略性が高いとしている。

水辺に生育し美しい花を咲かせる植物なので、「ビオトープ創出」等のために利用される事があるが、「要注意外来生物」を導入することの危険性は大きい。
出典・ウィキペディアフリー百科事典。

この記事に

今日の花「紫の蛍袋」

行き付けの日本蕎麦屋の一輪差しに活けられていました。

ホタルブクロ(蛍袋)とは、キキョウ科の多年草。

初夏に大きな釣り鐘状の花を咲かせる。

イメージ 1

常連客が持参したと言う、躊躇無くパチリと。

イメージ 2

イメージ 3

この記事に

カーネーション

カーネーションが世界的に普及したのは母の日の成立が大きく関わっている。「母の日」に母親に贈呈する花として世界中で愛好されることになった。

イメージ 1

ナデシコ科ナデシコ属の多年草。別名にオランダナデシコ、ジャコウナデシコ、オランダセキチクなど。

原産地と名前の由来
原産は南ヨーロッパおよび西アジアの地中海沿岸といわれている。

イメージ 2

カーネションという名前の由来には諸説あり、肉の色の花という説や、戴冠式を意味する語のコロネーション(coronation)が訛ってカーネーションとなったとの説もある(corona:ギリシャ語で王冠の意味)。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

歴史
地中海沿岸から西アジアの原産のため古くから、可憐な花容を愛された。とくにイスラム世界ではバラやチューリップと並んで、愛好された植物である。

イメージ 7

イスラム教では偶像崇拝が禁止されているため、モスクなどの装飾にはアラベスクという幾何学模様や草花の文様が使用された。

イメージ 8

このアラベスクの意匠にカーネーションの花はしばしば使用されている。なおスペイン、モナコ公国、ホンジュラスの国花である。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12


イメージ 13

17世紀にはイギリスでフローリスト(園芸愛好家)達によって栽培され、オーリキュラやチューリップ等と並びフローリスツ・フラワーの一つとして大きく進展を見た。

イメージ 14

イメージ 15

18世紀を通じて品種が増え、やがて「ショウ・カーネーション」が生まれ、これが19世紀の主流となった。

イメージ 16

この花の特徴は花弁の縁の鋸歯がなくなり、花弁の配置を幾何学的な整形に近づけたもので、現代のカーネーションとは異なっている。

この時代にはまだバラの改良もそれほど進んでおらず、カーネーション、オーリキュラ、チューリップは時代の先端を行く園芸植物であった。

イメージ 17
19世紀中頃になるとフランスでの育種が進み、1840年にダルメイスが「パーペテュアル系」を作出、更に1857年にはやはりフランスで「マルメゾン系」が誕生した。これらが現代の営利用カーネーションに繋がっている。

なお、日本には江戸時代初期以前に輸入され、アンジャベルまたはアンジャと呼ばれた。享保年間に出版された、『地錦抄録』(1733年)には、徳川家光の時代正保年間にオランダからカーネーションが伝来したと書かれている。

しかし、このときには日本に定着せず、寛文年間に再伝来し、14種品種が紹介された。

この時期に書かれた『花壇綱目』にも「あんしやべる」の名で記録されている。
宝暦年間の1755年に著された『絵本野山草』にはカーネーションはナデシコなどとともに紹介されている。

この時期には数百種に上る品種がナデシコだけで作り出されておりその中にカーネーションも含まれていたようである。

イメージ 18
現在、カーネーションはキク、バラと並ぶ生産高を誇る花卉植物であり、ハウス栽培で周年供給している。しかし、最も需要が伸びるのは母の日の5月前後である。また切り花のイメージが強いが最近では鉢植えの品種も普及している。

カーネーションに青い色はなかったが、サントリーと、オーストラリアのフロリジン社が遺伝子組換えで青いカーネーションを作出した。

ちなみに黄色のカーネーションは軽蔑という意味の花言葉を持つ。カーネーションの市町村別生産額日本一は、愛知県幡豆郡一色町で、同町の町花にもなっている。

この記事に

ホテルの敷地を散策

ホテルのエントランスを出ると広大なホテルの敷地が目前に広がる。其の一部を散策するする事にした。

イメージ 1

森林浴が出来るのは勿論だが、散策路を抜けたところに「こごみ苑」と言う野草園があります。
ネイチャーガイドの鈴木壽男さん管理をしている野草園です。

イメージ 2

こごみ苑に入って直ぐ右側に「カタクリ」が。

イメージ 3

イメージ 4

山野草または山草
国内外の平地から高山に至る野外に自生する観賞価値のある草本、低木及び小低木の一部を含む幅広い意味を持つ言葉である。

日本国内における近代的な山野草栽培の歴史は100年程度と浅いこともあり、未だに明確な定義が確立されていない。

イメージ 5

水仙

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

一般的には野生植物のみを指すと思われることが多いが、近年では国内外で品種改良されたものが「山野草」として流通している例も多い。

取扱業者が便宜的につけた不適当な名称で取り引きされている場合もある。

イメージ 9

コゴミ

イメージ 10

イメージ 11

また、ラン科のエビネ属やキンポウゲ科のオオミスミソウなどのように、優秀な技術を有する専門業者等により積極的な育種が試みられ、観賞価値の高いものが広く普及しつつあるものもある。

イメージ 12

キクザキイチゲ

イメージ 13

イメージ 14

さらに、日本春蘭(シュンラン)、富貴蘭(フウラン)、長生蘭(セッコク)、日本桜草(サクラソウ)などの高度に園芸化された古典園芸植物をも広く含む場合がある。

イメージ 15

ギョウジャニンニク

イメージ 16

ツリガネニンジン

イメージ 17

葉山葵

イメージ 18

ショウジョウバカマ

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

隣接する「グランドゴルフ場」を右に見てホテルエピナール那須メインタワーが見える場所へ。

イメージ 22

体験工房・和楽日(わらび)と言う建物の前からホテルを見ています。

イメージ 23

イメージ 24

ホテルエピナール那須・看取り図

この記事に

小紫陽花

コアジサイ(小紫陽花)は、アジサイ科アジサイ属の落葉低木。別名、シバアジサイ(柴紫陽花)。

特徴
樹高は1m-15mになる。 葉に長さ1.2cm-4cmになる葉柄があり、枝に対生する。

葉の形は卵形から倒卵形で、先は鋭尖形、基部は円形または広いくさび形になり、長さ5-8.5cmほどになる。

縁は規則的で大きな鋸歯がつき、葉の表面、裏面ともに毛が散生する。
アジサイの仲間には、装飾化と呼ばれるがく(額)があるが、これはがくのない花を咲かせ、こじんまりとしているためコアジサイ(小紫陽花)と呼ばれる。

花期は6月-7月だが写真は5月8日向島百花園で撮影。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

径55cmほどの花序を枝先に複散房状につける。アジサイ属に特徴的な装飾花はなく、すべてが普通花で両性花だけからなり、白色から淡青色の5弁花が密集する。

新エングラー体系では、ユキノシタ科アジサイ属になっているが、クロンキスト体系ではユキノシタ科の木本類をアジサイ科として分離独立させている。

分布と生育環境
本州の関東地方以西、四国、九州に分布し、明るい林内や林縁などに自生する。

この記事に

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事