ここから本文です
tabiのブログ
旅の思い出

華厳の滝

21〜22は中禅寺湖畔に泊まり華厳の滝などを見て来ました。
各地で夏日・真夏日を記録する日に、爽やかな風に吹かれて気分は上々でした日。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

↑ 中善寺大橋 ↓

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

↑ 日光自然博物館 ↓

イメージ 8


イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

華厳の滝は、栃木県日光市にある滝。発見者は勝道上人と伝えられ、仏教経典の1つである華厳経から名づけられたといわれる。

華厳渓谷周辺では他に阿含滝、方等滝、般若滝、涅槃滝もあることから、五時の教判から、それらと同様に命名されたものと考えられている。

男体山の噴火により堰き止められた中禅寺湖からの地表を流れる唯一の流出口大谷川にある滝。

落差97mの滝を一気に流れ落ちる様は壮観で、日本三名瀑のひとつにも数えられている。

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18
霧降の滝、裏見滝と併せて日光三名瀑[3]とも、湯滝、竜頭の滝と併せて奥日光三名瀑とも言われ、日光・奥日光の三名瀑を合わせて日光五名瀑と称されることもある。

滝から落ちる水の量は平均3tと言われている多いときは100tになることもある。少ないときは0.3t以下になることもある。

大尻川からは水量をコントロールできるようになっていて、下流に水力発電所があり、電力需要や防災等により調節している。

中禅寺湖から漏出した伏流水が中段部分から表出して、十二滝と呼ばれる無数の滝が簾状に並んで流れ落ち、年中を通して涸れることがない。

直下型の華厳滝と相まって優れた景観を作りだしている。

滝の下流部には華厳滝が形成した華厳渓谷が続いており、崩れやすい男体山の噴出物を浸食しながら現在の位置へと移動した。

一説によれば太古の華厳滝は800mほど下流にあった。1986年(昭和61年)には滝口の一部が崩落した。

観光に配慮して外から見えないように、危険な崩落の進行を防止する補強工事がされている。

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24
滝付近の大谷川北岸には観光客向けの有料の華厳滝エレベーターが設置されており、エレベーターで降りた観瀑台からは滝壷を正面間近に見ることができる。

また、エレベーターの駐車場がある渓谷北岸から見下ろす位置にも観瀑台が設けられているほか、第二いろは坂の中腹から明智平ロープウェイが通じている明智平から眺めることもできる。

イメージ 25
やや遠方にある明智平の展望台からは、中禅寺湖や男体山を滝と共に一望することができる。

1931年、国の名勝に指定(「華厳瀑および中宮祠湖(中禅寺湖)湖畔」)。2007年、日本の地質百選に選定(「華厳の滝」)。
出典・ウィキペディアフリー百科事典。

この記事に

握り寿司店での符牒


寿司と酒の夕食

此のホテルでは一泊二食付で料理が選べます(申し込み時に申告)。
メインタワー新ルーム・スーペリア■禁煙■洋室の場合の料金。

フレンチ・一室2名利用時一人・16,462円(消費税別)〜25,415円(消費税別)
日本料理・一室2名利用時一人・16,252円(消費税別)〜25,206円(消費税別)
バイキング・一室2名利用時一人・16,252円(消費税別)〜25,206円(消費税別)

私たちはバイキングを申告し、別途飲み放題としました。
先ずは握り寿司で一杯飲む事に。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

接客商売には内部で働く人にしか解らない符牒と言う用語が有ります。
符牒(ふちょう、符丁、符帳)とは、同業者内、仲間内でのみ通用する言葉、また売買の場や顧客が近くにいる現場などで使われる、独特な言葉の事。

接客や作業をしている時に、価格・品質・指示などについて、符牒を使用する事によって客に知られずに必要なコミュニケーションを行なうのが一般的だが、「○○ネタ」のように日常語として世間で流用される事もある。

握り寿司店にて用いられる主な用語を以下に記載する。
ただし、これらの用語は必ずしも全国共通ではなく、一部地域では通用しない場合がある。

また、基本的には寿司職人の間での符牒であり、客が使用するものではないが、トロ、ガリのようにすでに一般名詞化したものもある。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

アガリ
上がり お茶のこと。現代の寿司屋では粉茶が基本。語源は遊郭で来客時に出した上がり花から。

アニキ
兄貴 先に仕込み準備をした食材。相対的に古いこと。前日のシャリを指して「あんちゃんのしゃり」などと使う。

オアイソ
お愛想 勘定をするの意。これは板前が客に対して「お勘定のことなどお伺いしまして、さぞかし愛想の悪いこととは思いますが」と使う言葉を由来としているために、

客が板前に対して使うのは間違いであり、客が申し出る場合は「お勘定」とするのが正解である。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

オテショ
御手塩 手塩皿を意味する女房言葉。醤油などを入れる小皿のこと。符牒ではなく、かつては広く使われていた一般的な表現である。
 
カッパ
河童 キュウリのこと。

カマス 
稲荷寿司のこと。

ガリ 
甘酢に漬けた薄切りの生姜。語源はその食感に由来。

ガレージ 
シャコのこと。「車庫」に由来するが、職人の符牒ではなく駄洒落の類である。
 
キヅ
木津 かんぴょうのこと。大阪府浪速区大国にあったかんぴょうの取引地、木津市場から。

ギョク
玉 玉子。玉子焼き、出汁巻き玉子。「玉」という漢字の音読み。

クサ
草 海苔のこと。「浅草海苔」の省略という説あり。
 
グンカン
軍艦 シャリを海苔で縦に巻き、ネタを載せた寿司のこと。

グンカンマキ
軍艦巻 これはウニやイクラなど散りやすいネタに使われる巻き方。

ゲソ
下足 イカの足。

サガヤ
嵯峨谷 おぼろのこと。「嵯峨谷御室(おぼろ)の花吹雪」という長唄からとった。

サビ 
ワサビのこと。
 
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

シャリ
舎利 酢飯のこと。仏教語の舎利(飯)、すなわちサンスクリットの米を意味する単語シャーリを語源とする。ちなみに仏舎利の「舎利」は「肉体・遺体」を意味する単語シャリーラであり、どちらもサンスクリットの音写に同じ漢字が当てられたもの。後者の仏舎利を語源とする説も、空海『秘蔵記』に於ける「天竺呼米粒為舎利。仏舎利亦似米粒。是故曰舎利。」という記述ですでに現れている。
 
タマ 
アカガイのこと。形が丸いことに由来する。

ツメ
詰め アナゴや煮蛤などの淡白な味をしたネタに塗る、佃煮の汁に似た甘塩辛い煮汁。煮詰めの略。
 
テッポウ
鉄砲 海苔巻きのこと。

トロ 
マグロの腹身の一番脂の乗った部分のこと。脂の乗り具合で「大トロ」「中トロ」などと分類される。「正身」(赤身)に対する語である。

ナミダ
 ワサビのこと。鼻につんとくる辛さで涙が出ることから。

ネタ 
酢飯や海苔、カンピョウ等を除く寿司の食材のこと。「種」(たね)の逆さ読み。

バラン
ハラン 馬蘭 葉蘭 仕切りや飾り付けに用いられる植物の葉。関東ではササが標準。

ヒモ 
アカガイなど二枚貝の外套膜。

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

ムラサキ
紫 醤油のこと。醤油が高価であったため、高貴な色である紫を当てたと言う説。土浦から見える紫峰筑波(筑波山のこと)と言う商品名から来たという説。キッコーマンに代表される亀甲文様の亀甲は北極星信仰(妙見菩薩信仰)で、北極星のシンボルカラーである紫色からと言う説。単純に醤油の色からなど諸説様々存在する。

ムラチョコ 
醤油皿(ムラサキのオチョコ)のこと。

ヤスケ
助 寿司や寿司屋のこと。人形浄瑠璃・歌舞伎『義経千本桜』の三段目切「すし屋」の場では、源氏の追っ手を逃れた平維盛がすし屋の手代「弥助」に身をやつして匿われていることから。

ヤマ
山 なしということ。ネタ切れ。ササのことを「ヤマ」ともいったが、最近では「なし」という意味で使われることが多い。
出典・ウィキペディアフリー百科事典。


この記事に

ベトナムの朝ごはん

ハノイヒルトンオペラの朝食
ベトナム紀行・其の41

イメージ 1

イメージ 2

↑ ハノイコーヒルトンオペラホテル レストランBa Mien ↓

イメージ 3

ベトナムと言えば朝の国!市場はまだ暗いうちから開き、子供たちも早朝から学校へ行き、ランチの後にはお昼寝をして、夜はさっさとお店も閉まる。

そんな健康的な生活サイクルのこの国では、一日のうち最初にいただく食事は重要な存在。「ベトナム人て、朝ごはんにこんなものを食べているんです!」

イメージ 4

フォーは朝食べるもの
ベトナムの朝ごはん

世界で一番有名なベトナム料理、ご存知フォー。
ベトナムの首都ハノイからほど近い街で生まれた北部の御当地麺であるこのヌードルは、ここ本場では基本的に朝食べる食べ物です。

地元で人気のおいしいフォーのお店の中には早朝から営業し、お昼前には麺が無くなり次第終了なんてお店も多いので、ローカル探検の好きな旅行者の方は是非とも早起きしておいしいフォーを探しに行ってもらいたい!

さっぱりした味わい、お腹にもたれない小ぶりなサイズ、ハーブと牛肉のほどよいバランスが朝ごはんにぴったりなひと品だということが納得していただけることでしょう。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24
ベトナム人は朝からビフテキ
さっぱりしたフォーとは対照的なメニューがこちら、ベトナムビフテキ。

しかしこれもベトナム人の朝ごはん定番メニューのひとつ。
一口サイズの鉄板ビーフをフランスパンにつけながらいただきます。

スタミナがつきそうです!子供たちも大好きな様子で、街かどにある早朝ビフテキ屋さんは週末の朝には親子連れでいっぱいに。ジュージューと香ばしい音と匂いをさせてじゃんじゃんビフテキが運ばれていく様子はとても豪快です。
ベトナムの朝ごはん(出典・ベトナムナビから抜粋)

この記事に

黄菖蒲

キショウブ(黄菖蒲)はアヤメ科アヤメ属の多年草。帰化植物。

イメージ 1

特徴
花茎の高さは60-100cmになる。葉は幅2-3cm、長さ60-100cm、剣形で中脈が隆起し明瞭で、縁は全縁。

イメージ 2

花期は5-6月で、アヤメやノハナショウブと同じ、外花被片が大型の広卵形で先が下に垂れ、内花被片が小型で直立した、黄色の花を咲かせる。外花被片の中央に茶色がかった模様がある。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

分布と生育環境
西アジアからヨーロッパ原産の植物で、明治頃から栽培されていたものが日本全国の水辺や湿地、水田脇に野生化している。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

観賞用に栽培されているハナショウブには黄色系の花がないため、その貴重性から重宝されたが、湖沼や河川などへの拡散が問題となっている。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

環境省は「要注意外来生物」の一種として「栽培にあたっては、逸出を起こさない」「既に野生化している湖沼等があり、在来種との競合・駆逐等のおそれがある場所については、積極的な防除または分布拡大の抑制策の検討が望まれる」として警戒を呼びかけている。

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20
また、日本自然保護協会、日本野鳥の会、WWFでは生態系に与える影響や侵略性が高いとしている。

水辺に生育し美しい花を咲かせる植物なので、「ビオトープ創出」等のために利用される事があるが、「要注意外来生物」を導入することの危険性は大きい。
出典・ウィキペディアフリー百科事典。

この記事に

ホタルイカ(蛍烏賊)


ツツイカ目 ホタルイカモドキ科に属するイカの一種である。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

名称について
ホタルイカの属名Watasenia は1905年に和名を「ホタルイカ」と命名した明治期の生物学者渡瀬庄三郎にちなんで1913年に石川千代松によりつけられている。

富山の方言では「マツイカ」と呼ばれることが多かった。これはホタルイカが松の肥料として利用されることが多かったからとされる。

冷蔵・運送が近代化される前は流通前に肥料として多く利用されたためである。
英名の1つであるfirefly squidは和名と同じく「ホタルのようなイカ」の意味で、toyama squidは日本の代表的な産地である富山湾に因む。

“ほたるいか”は「晩春」を表す季語の1つである。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

分布と生態
世界にはホタルイカの仲間が40種類ほど生息している。

日本近海では日本海全域と太平洋側の一部に分布しており、特に滑川市を中心とする富山県と兵庫県で多く水揚げされている。

ホタルイカというと、富山湾をイメージする人は多いが、漁獲量は兵庫県の浜坂漁港が日本一。

普段は200m - 700mの深海に生息している。晩春から初夏までが産卵期で、1回あたり数千個から1万個の卵を産む。交尾と産卵は同時ではない。

イメージ 11

イメージ 12

食用
富山県では古くから食用とされ、佃煮、酢味噌和え、沖漬け、素干し、天ぷら、唐揚げ、足だけを刺身にした竜宮そうめんなどがある。

古くより食されてきた食材だが、地元では決して生では食べなかった。
また腐敗が非常に早く進むため、冷蔵技術と高速の輸送手段が発達するまでは産地以外への輸送は困難だった。

平成になってから、生食用として春先の店頭に並ぶことが多くなっている。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

↑ 目玉 ↓

イメージ 18

生食
まんが『美味しんぼ』第37巻収録の「生きた宝石」で、ホタルイカについて生きたまま食べる描写(ホタルイカの踊り食い)がなされている。

作中では肝のおいしさが絶賛されているが、ホタルイカには旋尾線虫亜目に属する旋尾線虫が寄生しているため、生食の際は厚生労働省が指定した方法で処理を行う必要がある。

未処理品の「踊り食い」や処理が不完全な物を食用とした場合、後述の寄生虫症を発症することがある。

厚生労働省による通知、(衛食第110号 衛乳第125号 平成12年6月21日)

1.生食を行う場合には、次の方法によること。
-30℃で4日間以上、もしくはそれと同等の殺虫能力を有する条件で凍結すること。
(同等の殺虫能力例:-35℃(中心温度)で15時間以上、または-40℃で40分以上)
なお、凍結処理を行った場合、製品にその旨表示を行うこと。
内臓を除去すること、または、内臓除去が必要である旨を表示すること。

2.生食用以外の場合には、加熱処理(沸騰水に投入後30秒以上保持、もしくは中心温度で60℃以上の加熱)を行うこと。

3.販売者、飲食店等関係営業者に対し、生食用としてホタルイカを販売等を行う場合には、1.にある方法により処理したものを販売するよう指導すること。

4.一般消費者に対し、ホタルイカを生食する場合の寄生虫感染の可能性について情報提供を行うとともに、生食する場合には1.にある方法による旨を啓発すること。
出典・ウィキペディアフリー百科事典。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事