ここから本文です
tabiのブログ
旅の思い出

パソコン

愛用の「ノートパソコン」本体とディスプレーを繋ぐ開閉部分に何らかの原因で、キーボードの左上が持ち上がり、元に戻らなく成ってしまいました。

使い勝手に何の支障も無いのですが「万一」に備えて新品を購入しました。何時でも使えるよう初期設定やソフトウェアなど必要なものはインストールし使えるようにいたしました。

未だテストのみで実質未使用ですが遅かれ早かれ新製品を使う事に成る筈です。

イメージ 1

イメージ 2

↑ この部分が持ち上がり、元に戻らなくなってしまった ↓

イメージ 3

電子ごみ問題とリサイクル
日本
半導体素子製造プロセスの急速な高度化(この様子はムーアの法則などと表現される)の恩恵を受けてより高速・高機能なCPUを用いた製品が市場に投入され、そうした最新版のハードウェアに対応したソフトウェアが普及するにつれ旧型製品の買い替えサイクルは短くなる。

そのため廃棄されるPCの台数が増加しており、資源の有効活用や環境保護の面から問題点が指摘されるようになった。そのため家庭電化製品と同様に「資源の有効な利用の促進に関する法律」の適用を受けることになり、メーカーによる回収・リサイクルが制度化された。

これを受け2001年(平成13年)4月1日から企業や個人事業者、2003年(平成15年)10月1日から家庭用で不要となったパソコン本体(付属のキーボード・マウス・スピーカー・ケーブル類、単独の外部ディスプレイ含む。

付属マニュアルやメディア、プリンターなどの周辺機器は除く)は各製品のメーカーが回収し、素材レベルに分解し資源として再利用される(中古品としての流用や部品取りは原則として行われない)。

「PCリサイクルマーク」がついた家庭用PCは販売価格に回収処分の手数料が含まれているためリサイクルの費用は不要であるが、マークのついていない製品は新たに「回収再資源化料金」を負担する必要がある。

自作PCやメーカーのパソコン事業撤退・倒産した場合は、有限責任中間法人パソコン3R推進センターが有償で回収を行う。この制度を受けて、自治体などではPCの粗大ごみ収集・処分を行わないところが多い。

事業用のパソコンについては別途メーカーによる回収・リサイクル体制が整えられているが、産業廃棄物として処理される場合もある。

そのほか従来から中古PC市場が形成されておりPC活用のノウハウを持った上級ユーザを中心に再利用されてきたが、中古品の品質保証や付属ソフトウェアのライセンス譲渡の点で不安を抱く購買者もいた。

こうした市場、および環境問題への配慮していることのアピール、顧客満足度向上などをはかるため下取りした自社製PCを再生して「Refreshed PC」などとして中古販売ルートで販売するメーカーも出現した。


イメージ 4

イメージ 5


↓ 新規購入したノートパソコン OS 「 Windows 10」 

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

↓ 現在使用中のOS 「 Windows 7」 

イメージ 11

↓ 私が最初に購入した「Macintosh Quadra」

イメージ 12

イメージ 13

↑ その後小型化が進み「iBook」を、フロッピーからUSBに移行 ↓

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

↑ 更に本体や外付けハードディスクも大容量になり、写真や音楽など大量に保存出来るようになりました 

イメージ 17

イメージ 18

↓ 3.0TB外付けハードディスク
イメージ 19

19日まで旅行のためブログの更新は有りません。
不在のため「コメント欄」も閉じてあります。

この記事に

リップスティックパーム(姫猩々椰子)
原産国: ムアル・マレーシア

イメージ 1

リップスティックパームは、タイ南部からマレー半島、ボルネオ島やスマトラ島に分布していています。真っ赤な茎が特徴で、観葉植物として海外では人気があります。

イメージ 2

【栽培方法】
育てる場所・土
 壌は特に選びません。日当たりのよい場所を好みます。

イメージ 3

芽出し
1) 種を水に入れて、冷蔵庫に1日程度保管してください。
2) 種を1粒蒔いたら、土を2cm程度被せて、発芽するまで土が常に湿っている状態ににしてください。 
 
イメージ 4

水やり
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。 真夏は乾きやすいので、回数を多めにあげてください。

冬越し
霜が降りる場所では、プチプチを巻いたりして防寒してください。 大き目の鉢に植えて、冬場は室内で保管することをオススメします。

イメージ 5

手入れ
成長が遅いので、基本的に剪定の必要はありません。 丈夫なので、太い枝の部分まで刈り込んでも芽吹きます。 強い剪定をしたから枯れるということもありません。

イメージ 6

植え替え
鉢植えで育てる場合は、鉢の下から根が出てきたら一回り大きな鉢に植え替えてください。

イメージ 7

増やし方
脇芽が出てきたら株分けして増やすのが簡単です。

彫刻庭園
彫刻庭園は、ある作家一人の作品に絞った庭園から、伝統的な人物像などが中心の公園、大型の抽象作品が中心の庭園などさまざまである。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

また、彫刻作品を購入したあとで庭園を造ったり、購入した作品を庭園内に配置するのが伝統的なあり方だが、近年では彫刻家に現地を見てもらい、そこに合わせた作品を作ってもらう、サイト・スペシフィック(※)な作品を中心にした庭園も多く登場している。

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

日本の彫刻庭園の例

中札内美術村
札幌芸術の森美術館
市原市水と彫刻の丘
東京都井の頭自然文化園彫刻園
彫刻の森美術館
美ヶ原高原美術館
滋賀県立陶芸の森
あさご芸術の森野外彫刻公園
あさご芸術の森美術館野外彫刻展示
姫路市立美術館
とらまる公園
ベネッセハウス
イサム・ノグチ庭園美術館
霧島アートの森

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

(※)
サイト・スペシフィック

芸術作品やプロジェクトの性質を表わす用語で、その場所に帰属する作品や置かれる場所の特性を活かした作品、あるいはその性質や方法を指す。

サイト・スペシフィックな作品やプロジェクトが生まれた背景として、20世紀後半に絵画や彫刻の概念が拡張され、インスタレーション、アースワーク、ランド・アート、パブリック・アート、パフォーマンス、オフ・ミュージアムといったさまざまな表現形態が生まれたことや、ロザリンド・クラウスによる彫刻、建築、風景を巡る議論などが起こったことが挙げられる。

また、日本では具体的に1970-80年代のパブリック・アートに対する流行への反省があると考えられている。これらの批判に共通するのが「脱ホワイト・キューブ」「脱美術館」であり、既成の空間から飛び出したアートは、場所の固有性を重視するようになる。

「場所の特性」にはその土地の環境や生活空間、歴史的、政治的、文化的な場の成り立ちまで含まれ、作家はそれらの諸条件に注目し、作品に組み込む。サイト・スペシフィックな作風で知られる主な作家に川俣正、アンディー・ゴールズワージーなどがいる。

地域で展開されるアート・プロジェクトとも関わりが強く、サイト・スペシフィック志向のアート・プロジェクトの原点に、1977年から開催されているミュンスター彫刻プロジェクトが挙げられる。

このプロジェクトの特徴は作品の制作や設置において、アーティストが現地に滞在しながら、市民との議論を重ねて制作をしていく「ワーク・イン・プログレス方式」を採用していることである。

国内の代表例としては、越後妻有アートトリエンナーレやベネッセアートサイト直島などがある。

イメージ 24

この記事に

アセアン彫刻庭園

アセアン彫刻庭園
コンクリートの無機質なビルが林立する大都会。そこにありながら人の心を和ませるのが緑豊かな都会のオアシスです。

今回はマレーシアの首都クアラルンプールの喧騒とは全く異なる静けさに浸れるオアシス・スポットをご紹介します。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
 
↑ 塵として置き去りにしていく輩は後を絶たない ↓

イメージ 5

イメージ 6

ASEAN地域の最高の彫刻家の作品を集めたアセアン彫刻庭園。
庭園にステンレス、ガラス、木材、大理石、鉄、竹など色んな素材で作った作品が並んでいます。緑の中で芸術鑑賞もいいですね。

彫刻庭園
彫刻の展示を目的とした屋外の公園・庭園。ランドスケープがきちんと計画された庭園内に展示される彫刻は、耐久性のある素材で作られた恒久展示を目的としたものが中心である。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

彫刻庭園は美術館の周囲に付属している場合もあるが、逆に屋内展示室よりも庭園のほうがメインになっており、庭園自体が美術館となっている場合もある。

屋外のさわやかな風景の中を彫刻や木々を見ながら散歩できることから、観光地にある観光目的で作られた施設が多いが、自治体が公園の中に多数のパブリックアートを置き、都市公園が彫刻庭園と化しているものもある。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

この記事に

国家記念碑
国家記念碑建設の構想は、1963年、マレーシア前首相 YTMトウアンク・アブドル・ラーマン・プトラ・アルハジによって国家独立のために戦って死んだ兵士を悼む碑として提案された。

イメージ 1

レイクガーデンに面した48562スクエアメーターの土地がこの記念碑の建設に割り当てられ国家記念碑のまわりには噴水、パビリオン、戦争記念碑を配し公園がこれら施設を取り囲んでいる。
 
記念碑には7人のブロンズ像から成り、敵軍と戦う民主軍の勝利を表現するもので1966年アメリカ人彫刻家フェリックス・ド・ウェリンドンによって製作された。
 
イメージ 2

↑ ゲートル姿が日本兵とされる ↓

イメージ 3

同年2月8日に除幕式が行われそれ以来毎年ここで兵士を偲ぶ式典が催されている。この記念碑ができる以前にも第1次世界大戦後、戦争で死んだ兵士を祀る別の記念碑が鉄道駅の近くに建設された。

毎年11月11日にここで兵士の死と献身に敬意を表するため、簡単な式典がとり行われる。

イメージ 4

↑ ブロンズ像の台座に書かれた言葉
「Dedicated to the heroic fighters in the cause of peace and freedom」
⇒自由と平和のために勇敢(英雄)な兵士達に捧ぐ

「May the blessing of Allah be upon them」
⇒彼らにアッラーの祝福あれ ↓

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

↑ ブロンズ像は英国領だったマレーシアが1957年に独立した時に起きた国内の混乱で戦死した兵士を追悼する記念碑だが、どの兵士も欧米人にしか見えない ↓

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

現在の国家記念碑ができる前は第2次世界大戦で死んだ兵士たちの名前がこの記念碑に刻まれていた。

国家記念碑のブロンズ像の後ろには三日月型の建物と池があり、噴水の周りにはマレーシアの名産品であるスズ工芸品で蓮の花が並んでいる。噴水に囲まれて建っていて、夜間にはライトアップされる。

モニュメント
記念碑、記念建物、記念館、銅像、慰霊碑、忠魂碑、忠霊塔など、何かを記念したり称えたりするために作られた有形の作品のこと。

イメージ 12

国や地域、事象等の象徴性を示すものや戦争、独立記念日等の事象、集団を祀る象徴的、特徴的場所を示すといった目的があり、形態もピラミッド、凱旋門、銅像、彫刻など多岐にわたる。

イメージ 13

こうしたモニュメントの存在が都市や街のイメージをつくり、ランドマークともなる。

イメージ 14

また貢献度の高い個人を称えるものなどとして、支配者、軍人、聖職者などが、生前の功績をたたえられて没後立てられたり、あるいは本人が生前に自ら自分の治世を自画自賛して立てたりすることもある。

イメージ 15

エジプトのピラミッドのように、王が農作業の出来ない雨季の公共事業として、生前自らの墓所として建設させたようなものもある。

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

さらに、戦勝記念碑として建てられた凱旋門、終戦記念碑のようなものもある。そして、近代国民国家の戦争の戦没者を記念・追悼するには、無名戦士の墓、無名戦士の碑、戦没者墓苑、戦没者記念碑などのような記念・追悼施設がある。

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

↑ マレーシアの国旗 図柄はイスラム教の象徴である月と星を、赤と白の線はマレーシアの13の州と、首都のクアラルンプールを表している。

現在のデザインに近い旗は、元々マラヤ連邦の旗として募集されたもので、1950年5月19日に制定された。

現在の旗は、1963年9月16日にシンガポール、北ボルネオ、イギリス領サラワクがマラヤ連邦へ合邦し、マレーシアが成立したのに伴い、州の数に合わせて、赤・白の横縞の数および星の光の数を3つ増やし、14にしている。

965年にシンガポールが分離独立したが、デザインは変更されず、1974年にクアラルンプールが連邦直轄地域になるに伴い、13州+クアラルンプールを表するようになった。↓

イメージ 23

イメージ 24

↑マレーシアの国花「ハイビスカス」をデザインした街路灯

この記事に

今日の梅花

八重海棠(やえかいどう)

野梅系・野梅性で咲き分けの代表的品種。別名「思いのまま」。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

八重咲きですが、同じ木に紅白の花をつけ、同じ枝でも紅白に咲き分けたり、同じ花弁にも紅白の絞りが入るなど、複雑怪奇で思いのままに咲くことからこの名になっているとのこと。

ただ翌年も同じように咲くとは限らないので、人間の「思いのまま」にはならないそうです。

寒さに強く春先に咲く大花で八重咲のピンクの花は可憐でとても美しい。野梅系は野梅から派生したもので、極めて原種に近いとされている。

枝は細く、花の葉も小さいが香りがとても良い。

イメージ 4

イメージ 5

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事