ここから本文です
tabiのブログ
旅の思い出
波浪とは風によって起こる波のことである。波浪には風浪(ふうろう)とうねりの2種類がある。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

↑ 観光客の一人が砂浜に降りて波飛沫が弾ける堤防に向った ↓

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 4

↑ あわや飛沫に押し流されそうになった、こう言う行為が事故の元となるのだ ↓

イメージ 5

イメージ 8

通常「波の高さ」と言えば有義波高(100波のうち高い33波の平均値)をいい、天気予報などでの「波の高さ」もこの値の予報値である。

有義波高は100波のうち高い33波の平均値であるから、最大ではこの2倍程度の波が押し寄せることもありうる。

有義波高とは(ある地点で一定時間に観測される波を波高が高い順に並べたとき、高い方から数えて3分の1の波を選び、その波高を平均した波。熟練した観測者が目視で観測した典型的な波に近いとされる。)

風浪
その場で吹いている風によって引き起こされた波は風浪あるいは風波(ふうは、かざなみ)と呼ばれる。

風が海面に当たると、風と海水の摩擦で海面が波立つ。風浪は波の上部が尖った三角形に近い形をしている。

風が強くなるほど風浪の高さは大きくなる傾向があり見た目の形状も変化する。
無風で波の無い状態の時は凪(なぎ)と呼ばれ、海面の質感はほぼ平坦になる。
このような状態は「鏡のような海面」とも表現される。

風がかすかに吹くと小さな波(さざ波)が立つ。

風速が数メートル程度になると波頭(なみがしら、波の頂上部分)の水が風に飛ばされ、視野を広く見ると海面全体に白い部分がチラチラ、ピョコピョコと動いているように見える。

日本では地域によってはこの状態を「兎が跳ぶ」と表現する。このような風と風浪の形状の関係を利用して、風浪から風速をおおよそ推定できる。

イメージ 9

イメージ 10

↑ 日の出を撮りに来たのだか水平線に雲があり 時が過ぎて雲間から光芒が ↓

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

源泉井戸櫓
温泉地に行きますとよく櫓が立っていますが、殆どはは源泉のところに立っています。

温泉情緒を醸し出していたこの温泉やぐらも、最近少なくなってきています。 
一般的には、こうして地上に出てきた温泉を一度「温泉タンク」に貯めます。

イメージ 17

源泉とは
地中から水が湧き出てくる場所である。
水が湧き出る様子から転じて、物事・金銭や考えが発生する源としての意味も存在する(例としては「源泉徴収」や「アイデアの源泉」など)。

イメージ 18

温泉における源泉
温泉における源泉は、地中から温泉が湧き出てくる場所である。

源泉の湧出形態は大きく分けて3つ存在する。

岩盤の割れ目などから地表に温泉が湧出してくる「自然湧出」

ボーリングにより地中に管を埋めその管を通って水圧により温泉が湧出してくる「掘削自噴」

地中に管を埋めた
後ポンプを取り付け大深度の地下からでもその力で温泉を汲み上げる「掘削動力揚湯」である。

自然湧出型の源泉は地震、噴火などの自然現象に伴って発生する場合がある。
掘削型はボーリングなどにより人為的に開発が行われる。

イメージ 19

新規に温泉地を開く上で、掘削による源泉開発は欠かせないものとなっている。
大分県別府市では、1879年(明治12年)頃に上総掘りという技術が導入されて温泉掘削が盛んとなり、温泉旅館の内湯用から、地域の共同温泉用、個人宅の自家源泉まで多くの源泉が開発され、別府温泉は温泉都市へと発展した。

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

↑ 部屋に戻ったのが5時10分48秒 妻は熟睡中 ↓

イメージ 24

イメージ 25

部屋から朝日を見る


この記事に

夕べは八時頃酔って「バタンキュー」状態で寝てしまったと言う。
当然早朝に目覚め、朝風呂へ。

私以外は誰も居ず、貸し切り同様である。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

↑ 大浴場 ↓

イメージ 6

イメージ 5

↑ 早朝の風が露天風呂に気持ち良い ↓

イメージ 7

露天風呂は、野外や屋外に設置された屋根や囲いを設けない風呂である。
野風呂(のぶろ)、野天風呂(のてんぶろ)とも呼ばれる。

露天風呂は温泉入浴の原風景とも言える。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

野湯のような状態であった温泉に浴槽を整備したものが始まりである。
温泉における露天風呂の人気は高い。

景色を眺めながら入浴出来ることや、入浴時に開放感を味わえること、また浴室内に熱がこもるようなことがないためのぼせにくいことなど様々な要因が挙げられる。

そのため、多くの旅館や日帰り入浴施設では内湯だけでなく露天風呂も併設している。

イメージ 12

なお、天井と三方の壁に囲まれ屋内とさほど変わりない閉塞感のある状況にもかかわらず「露天風呂」と称している事例もあるが、この場合は「半露天」などと称している事例もある。

イメージ 13

イメージ 14

↑ 月も見えます

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 19

↑ 脱衣所のベンチに釘の頭が持ち上がっていたので、フロントに報告 ↓

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 18

↑ メタボリックシンドローム(Metabolic syndrome)
内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・脂質異常症のうち2つ以上の症状が一度に出ている状態をいう。

日本語に訳すと代謝症候群、単にメタボとも言われる。

以前よりシンドロームX、死の四重奏、インスリン抵抗性症候群、マルチプルリスクファクター症候群、内臓脂肪症候群などと呼称されてきた病態を統合整理した概念である。

WHO、アメリカ合衆国、日本ではそれぞれ診断基準が異なる。

概要
高血糖や高血圧はそれぞれ単独でもリスクを高める要因であるが、これらが多数重積すると相乗的に動脈硬化性疾患の発生頻度が高まるため、リスク重積状態を「より早期に把握」しようという試みが考えられてきた。

このようなリスクの集積は、偶然に起きるのではなく、何らかの共通基盤に基づくと考えられている。

日本では特に内臓脂肪の蓄積による肥満が共通の基盤として着目され、腹部肥満=男性型肥満ともいわれている上半身型肥満=リンゴ型肥満に対して注意が呼びかけられている。

特に日本人は民族的特徴から、米国人よりこのメタボリックシンドロームに悪影響を受けやすいとされる。

2008年4月から始まる特定健診制度(糖尿病等の生活習慣病に関する健康診査)では、メタボリックシンドロームの概念を応用して糖尿病対策を行う事を目指した。

40歳から74歳までの中高年保険加入者を対象に健康保険者に特定健診の実施を義務化すると共に、メタボリックシンドローム該当者、または予備軍と判定されたものに対して特定保健指導を行うことを義務づける。

5年後に成果を判定し、結果が不良な健康保険者には財政的なペナルティを課す事によって実行を促す。

厚生労働省は、中年男性では二分の一の発生率を見込むなど、約2000万人がメタボリックシンドロームと予備軍に該当すると考えており、これを平成24年度末までに10%減、平成27年度末までに25%減とする数値目標を立てている。
これにより医療費2兆円を削減する。

「医療制度改革大綱」(平成17年12月1日 政府・与党医療改革協議会)の数値目標をなぞったもの。
出典・ウィキペディアフリー百科事典。

この記事に

雨の紫陽花見物からホテルに帰り、冷蔵庫で冷やして置いたワンカップを飲む。

ワンカップ大関(ワンカップおおぜき)は、大関株式会社(兵庫県西宮市)が1964年(昭和39年)に発売した日本酒。

一合瓶(180ml)入り日本酒、カップ酒として初めて発売された製品である。「ワンカップ」の通称で親しまれている。

なお、「ワンカップ」「ワンカップ大関」は同社の登録商標(それぞれ第1394471号ほか、第1406154号ほか)であるが、「ワンカップ」は他社も別分野で商標登録している。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

今しがた撮ってきた紫陽花などの写真をパソコンに取り込み、項目別のホルダに整理する。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

ひとっ風呂浴びてから夕食を摂る。
最初は生ビールで乾杯。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

伊豆へ来ると定番料理は金目の煮付けである。

キンメダイ(金目鯛)
キンメダイ目キンメダイ科に属する深海魚。

目が金色に輝き、魚体の色が赤いことから「キンメダイ」の名があるが、マダイやクロダイなどのスズキ目スズキ亜目タイ科とは異なる種類である。

イメージ 13

イメージ 14

利用法
旬は冬だが四季を通じてよく脂が乗っているため、煮物にすると特に美味であるほか、白身であらゆる料理に利用できる。

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

身は軟らかく小骨が少ないため、老人や子供にも食べやすい。
しかし旬が冬季である為に荒天の影響を受け漁の安定性が確保できない事、扱う漁師の減少などの影響で漁獲高も年々減少している。

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

水揚げが最も多い伊豆半島などで地産地消の一環でブランド化して、価格の高騰と流通量の減少が続いている。

調理法刺身、煮魚、干物、味噌漬け、粕漬け、酒蒸し、鍋物、ブイヤベース、ムニエル

人間との関り
食料として見た場合、キンメダイの体内に含まれる微量の水銀に注意する必要がある。

厚生労働省は、キンメダイを妊婦が摂食量を注意すべき魚介類の一つとして挙げており、2005年11月2日の発表では、1回に食べる量を約80gとした場合、キンメダイの摂食は週に1回まで(1週間当たり80g程度)を目安としている。

イメージ 28

イメージ 29
升酒と熱燗で酔いが周り、疲れていたのか八時には寝てしまったと言う。

この記事に

300万輪 園内染める 

下田公園アジサイ満開 

伊豆下田在住のネッ友さんが下田公園へ実情を見に行かれ「中旬が見頃」との写真が送られてまいりました。

18日自宅を出発し「小田原」付近から雨が降り出しました。
下田公園に到着時は強風が吹き荒れ最悪状態でしたが、時の経過で回復傾向になってまいりました。

↓ 翌朝ホテル内に配達された地元紙に下田公園アジサイの記事が。

イメージ 1

イメージ 2

↑ 2017年6月19日掲載の伊豆新聞から転載。
第47回あじさい祭(同実行委員会主催)が開かれている下田市三丁目の下田公園で、アジサイが満開となった。

約300万輪の花が園内を美しく染め上げ、観光客を魅了している。6月下旬まで楽しめる。

公園内にはアナベルやカシワバアジサイなど100種類以上が咲き誇る。
群生地では赤や白、青、紫など色鮮やかなアジサイのパノラマ風景が広がり、スマートフォンで写真や動画を撮影する観光客の姿が見られた。

沼津市から夫婦で観光に来た望月由貴さん(29)は「これだけたくさんのアジサイが咲く風景は他では見ることができない。とてもきれい」と感想を語った。

期間中の日曜日には、公園内の会場で下田太鼓の演奏、下小フラワーエンジェルズの一輪車模擬演技、よさこい翔華組の演舞、花の風車作り体験なども行われている。

イメージ 3

↑ 下田公園アジサイ祭り会場 ↓

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
 
↑ 強風と雨 ↓

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

↑ アナベル ↓

イメージ 18

イメージ 19

↑ 柏葉アジサイ ↓

イメージ 20

イメージ 21

↑ 米国カーター大統領モニュメント ↓

イメージ 22

イメージ 31

イメージ 23

↑ 強風で高速回転する風車 ↓

イメージ 24

イメージ 25

↑ 開国百年祭記念碑 ↓

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

この記事に

枝豆は、未成熟で青いうちの大豆を収穫したもの。エダマメとも表記される。

枝豆という植物が大豆と別に存在する訳ではなく、大豆とは収穫時期が異なるだけで、植物としては同一である。

ただし、普通に大豆として成熟させて収穫するのに適した品種、枝豆として未成熟時に収穫するのに適した品種は別個に存在し、枝豆向きの品種を成熟させてのち収穫する例は無い(種子を得る場合を除く)。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

日本や中国では大豆の代表的な食べ方のひとつである。

種子(豆)が成熟すると特有の風味をもたらす香気成分や甘みの成分で有る還元糖、アミノ酸、アスコルビン酸などが減少することが報告されている。

また、収穫後の品質保持には 低温貯蔵が有効とされている。

枝豆の食べ方の例
塩ゆで
最も典型的な調理法である。しばしば枝つきのまま茹でたことから、枝豆という呼び名の由来ともなった。

現在でも、「枝豆」と言えばこの塩ゆでを指すことが多い。
調理は極めて簡単で、大きく分けて2つの方式がある。
 
沸騰させた湯で豆を茹でた後、ザルにあげて水を切り、塩を振りかける。しばしば熱いまま供する。

塩をあらかじめ溶かし、沸騰させた湯で豆を茹でる。あるいは生の枝豆をボウルに入れ、鞘ごと塩もみしたのち、塩とともに湯に投入して茹でることにより色鮮やかに仕上がる。

ザルにあげ、団扇であおいで冷ます。枝豆の濃厚な味わいが薄れるため、冷水にさらしてはいけない。

また、近年では調理後冷凍した商品も出回っており、小売店の冷凍食品売り場などで目にすることができる。

枝豆の塩ゆでは、酒、特にビールのつまみの定番として知られる。大豆に豊富に含まれる蛋白質などはアルコールの分解を助ける働きがあり、枝豆をつまみにするのは理にかなっているといわれる。

イメージ 1

ウーロンハイ
烏龍ハイとはカクテルの一種で、焼酎等のスピリッツをウーロン茶で割ったアルコール飲料。

分量(レシピ)には正確な定義はない。まれにウーロンサワーとも呼ばれる。
ウーロン茶の風味・香りをそのままに、焼酎によるアルコールが付加されており、その飲み口の爽快さを味わうものである。

また、油っこくなりがちな居酒屋料理との相性も良く、気休めではあるが健康効果を期待して注文する者も多い。

「ハイ」はハイボールの略。
ハイボールは厳密に言えば炭酸水割りのことであるが、「焼酎のウーロン茶割り」では名前が長くなってしまうので、チューハイを模して「ウーロンハイ」と呼ばれるようになった。

「緑茶ハイ」も同様。
このため、ウーロンハイに炭酸水が入っていることはほとんどない(ウーロン茶、炭酸ともに薄くなってしまうため)。

イメージ 2

イメージ 6

テイクアウトした「激辛つけ汁うどん 4ランクの内一番辛く無いもの」 ↓

イメージ 7

イメージ 8

つけ汁うどんとは、茹でたうどんの麺をざるやせいろなどの器に盛り、別に用意した豚肉やきのこなどを煮込んだつゆにつけて食べる料理。

「つけうどん」、「汁つけうどん」とも呼ばれる。
埼玉県・群馬県・栃木県や東京都武蔵野などを中心とした関東地方北部などで食されている。

つゆの具により「肉汁うどん」などのように呼ばれることが多い。
主な特徴としては、かつおだしをベースとしたつゆで豚肉やねぎ・シイタケなどを煮込んだつゆに、ざるやせいろ・皿などの盛ったうどんをつけて食べるものである。

ざるうどんとの違いざるうどんのつゆは冷たい状態であるものに対してつけ汁うどんのつゆは熱い状態や冷ました状態で提供されるなど多くの種類が存在する。

またざるうどんのつゆには具は入っておらずつゆだけを徳利で提供されることの対し、つけ汁うどんのつゆには豚肉、シイタケなど具があらかじめ入ったつゆであることがあげられる。

このスタイルのうどんの食べ方は、東京の武蔵野に「武蔵野うどん」として古くから伝わる郷土料理として知られるが、同様の食べ方が埼玉県や栃木県・群馬県など関東各地に多くみられるものである。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

↑ 一番辛く無いものも、ウーロンハイを飲みながらでないと私には食べられぬ ↓

イメージ 16

種類
肉汁うどん
豚肉と長ネギをかつお出しで煮込んだつゆにつけて食べるうどん

鴨汁うどん(鴨汁つけうどん)
鴨肉と長ネギをかつお出しで煮込んだつゆにつけて食べるうどん

ねぎ汁うどん
長ねぎ(白ネギ)をある程度大きめにぶつ切りにし醤油主体の汁で煮込んだつゆにつけて食べるうどん。

なす汁うどん
なすを醤油主体の汁で煮込んだつゆにつけて食べるうどん。家庭料理として古くより主に食べられてきている食べ方。

きのこ汁うどん
シイタケなどのきのこをかつお出しで煮込んだつゆにつけて食べるうどん

冷汁うどん
胡麻や味噌による味で他に野菜などを入れた冷たい汁につけて食べるうどん。
他にも煮込む具により多くのつけ汁があり、様々なつけ汁うどんが存在する。

おしぼりうどん
ねずみ大根という大根をすりおろし、布巾で搾った汁に信州味噌を溶かしてつゆを作り、うどんをつけて食べる。大根おろしではなく、搾り汁を使うという点が特徴。長野県埴科郡坂城町周辺の郷土料理。

他にも煮込む具により多くのつけ汁があり、様々なつけ汁うどんが存在する。
各地のつけ汁うどん
武蔵野うどん
冷汁うどん
おしぼりうどん
18・19日は旅行で留守のため頂いたコメント返信出来ませんが悪しからず。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事