ここから本文です
五十の手強い資格ハンドブック
電験三種と三海通結果待ちです。取得済の電気・通信系と金融系資格の攻略法も掲示しています。

書庫全体表示



資格取得のためのモチベーション維持方法第7回は、「資格スクールには行かない」です。


筆者はかつて、某地方の商工会議所主催の社労士受験セミナーに通ったことがあります。

資格スクールには行かないで、自宅で独学する方が、モチベーションが維持できるというのが、筆者の結論です。


1.時間の自由が利かない

筆者が参加したのは、平日夜1日と休日昼間の週2回のコースでした。

平日は、職場を早目に退出し、講義場所へ行きました。

仕事の都合で参加出来ない事も何回かあり、全分野を学習出来ず、ストレスを感じました。

また、仕事を切り上げなければならず、筆者のような勤務者には、最大の困難さが伴うことになり、勉強以外の部分に精力を奪われることになりました。


2.移動時間の無駄

自宅学習と比べ、講義場所への往復する時間が無駄です。

往復時間を娯楽や勉強に充てた方がモチベーションが上がります。

特に地方では、交通が不便な場合があり、ロスが大きいと思われます。


3.金銭上の負担

商工会議所主催とあって、良心的なお値段でしたが、セミナー代は7万円だったと記憶しています。
(テキスト代込み)

これだけの金額があれば、自分の気に入った基本書を購入し、受験料、交通費まで含めても、多数の資格試験が受けられます。

多くの資格取得の為には、このような支出をしていては、身が持ちません。

金銭を失えば、モチベーションも失います。

資格取得のための支出は、自己への「投資」ではなく、偉大な「消費」です。


4.ネットで代替できる

筆者が考えるスクールのメリットは、講師から専門用語の用法を聞くことができることと、質問ができることです。

専門用語は、そもそも読み方がわからないこともあり、講義で聴けるのは利点です。

しかし、最近はネットの動画で良質なものもあり、ほぼ代替できます。

質問についてもネット検索でカバーできます。


5.自分のペースを乱される

仕事をしながら、資格取得の勉強をするには、出来る時にはやり、出来ない時にはやらないのが、最も無理のない方法です。

自分のペースを守ることが、モチベーション維持には重要です。

以上の理由から、筆者は資格スクールには行かないことにしています。

この記事に

  • アバター

    >都の桜童子さん
    ナイスありがとうございます。

    [ ipn*015 ]

    2016/9/11(日) 午後 0:48

    返信する
  • 顔アイコン

    >lov*_c*me*y_*210さん
    ナイスありがとうございます。

    [ ipn*015 ]

    2016/9/12(月) 午後 9:44

    返信する
  • 顔アイコン

    なるほど。
    これはパパも悩むところです。

    地域的にスクールには金銭・距離の問題で通学不可。
    通信添削はハズレな学校に不注意で申し込んでしまい
    「二度とするか!」と激怒。

    結局、独学でやっています。
    独学の敵は孤独かもしれませんね。

    [ ちこれ〜と ]

    2016/9/13(火) 午後 10:52

    返信する
  • 顔アイコン

    たしかに孤独は敵ですね。

    つい、スクールに行けば何とかなるのではと
    思ってしまいました。

    でもやる気だけは、自分で出すしか、ありませんね。


    通信添削は、かつて勤務先から相当やらされました。
    内容が酷いテキストを送りつけて来る業者もあり、
    最後まで提出する気が起こらなかったこともあります。

    独学なら自由にテキストが選べるので、おっしゃる通り、私も独学のみですね。

    [ ipn*015 ]

    2016/9/14(水) 午前 2:29

    返信する
  • 顔アイコン

    ご無沙汰しています。
    私もあまり悪い事は言いたくないですが、スクールに通うと、「本当に使うの?」と思われるようなテキストの山を購入させられる事があります。
    でも、実際の講義では試験に出る要点だけ、後は「各自で読んでおいてください」の野放し。


    その分、独学ならば、スケジュール管理は必要ですが、勉強不足の部分に時間をかければいいので、ウェイトの掛け方が自由自在ですね。

    [ ant_dipole ]

    2016/9/17(土) 午後 10:30

    返信する
  • 顔アイコン

    > ant_dipoleさん
    スクール業界の方には申し訳ないですが、おっしゃる通りだと思います。

    資格によっては、スクールが必要なものもあるかも知れませんが、私は手を出すつもりがありません。

    ウェイト付けについては、特に「切らさぬ程度に細々勉強を続ける」ことが出来るのは、独学ならではと思っています。

    [ ipn*015 ]

    2016/9/18(日) 午前 0:09

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事