ここから本文です
五十の手強い資格ハンドブック
電験三種と三海通結果待ちです。取得済の電気・通信系と金融系資格の攻略法も掲示しています。

書庫全体表示

資格取得は独学しかしません
筆者は、過去に30個ほどの資格を取得しましたが、ほとんど全部を独学で取得しました。
勉強方法は、必要なテキストと過去問集を書店かネットで購入し、自分で勉強することです。
過去に社労士のセミナーで懲りたので、それ以降独学を貫いています。

通信教育や有料の講習・模試などもしません。

独学でなければならない理由
筆者が独学しか選択しない理由は、次の通りです。
①資格取得に費用をかけ過ぎると、資格取得が続けられない。
   テキスト1冊+過去問集1冊程度の費用支出ですと、費用の負担感を感じません。    一つの資格に多額の資金を費消したら資格取得は続きません。
②勉強の時間・場所が拘束されたくない
   資格スクールなどに行くと、勉強場所が指定されますので、自由が効きません。
   通信教育でも課題提出期限に拘束されるのは好きではありません。
③他人に頼りたくはない
   資格スクールの講師に教えて貰えば楽でしょうが、筆者の場合依存心が生じてしまいます。楽をするとかえって、資格取得モチベーションを無くす気がします。

独学で取得出来ない資格なら、取らない
筆者は一匹オオカミとしての資格取得を目指しています。
単独でどこまで出来るか筆者自身を試すつもりです。
どうしても資格学校が必要なレベルの資格があるとすれば、筆者は取らないことにしています。
難易度が低いところから攻めていることもありますが、今のところそのような資格はでてきていません。

軽く、長く、自由に
筆者は最小限の費用で、自由な時間に自由な場所で勉強するのが好きです。
他人様に多額のお金を払って、筆者自身が拘束され、モチベーションを失う事など決してしたくありません。
ですから、今後も独学を続ける予定です。

イメージ 1


この記事に

  • 顔アイコン

    同じスタンスの方を見るとうれしくなりますー。
    私は、取得資格はそれほど多くはないけれど、これからも、楽しんでやっていきたいと思います。

    バニラサンド

    2017/4/14(金) 午前 9:14

    返信する
  • 顔アイコン

    > バニラサンドさん
    お返事おそくなり、すみません。
    やはりコツコツ独学ですよね。
    資格の数は問題ではないと思います。

    [ ipn*015 ]

    2017/4/14(金) 午後 7:21

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事