ここから本文です
五十の手強い資格ハンドブック
難関資格50個取得が目標です。12/10ビジ法1級受験予定。取得済の電気・通信系と金融・法律系資格の攻略法も掲示しています。

書庫全体表示

手先がこわばる
筆者は50歳を過ぎた頃から、手先に軽いこわばりを感じるようになりました。
これにより、仕事で使う電卓やPCのキーボードの打鍵速度がやや遅くなっています。
生活や仕事に支障ないのですが、狙っていた日商簿記1級は電卓の打鍵に満足できず、受験を諦めました。
ましてやモールス符号を高速で打鍵しなければならない総合無線通信士受験には二の足を踏んでいます。

主治医の診断は
筆者の主治医に相談したところ、「それは、かれいだからじゃないの」との診断。
カレー?華麗?…加齢と分かるまで少し時間がかかりました。
先生はビタミン剤を処方してくれました。
これで徐々に手のこわばりは改善に向かったのですが、思わぬ副産物がありました。

驚きの副作用
筆者は若い頃から、人名や数字を暗記するのがやや苦手でした。
中年になるにつれ、その傾向は増して来ていました。
これは資格試験を受験するにあたっては不利です。
今から思うと筆者はかなり苦しんでいました。
ビタミン剤を使用したところ、血流が改善したためか、暗記が楽になり、考えもまとまるようになりました。
この結果、資格試験に連勝するようになりました。
資格試験ドーピング効果と言えます。

おすすめはしません
以上は筆者の個人的感想であって、医学的根拠はありません。
また、筆者はアフィリエイトを一切していないので、販売する意図もありません。
医薬品は、主治医や薬剤師の指導のもと処方頂くようお願いします。

イメージ 1

この記事に

  • 私も、一陸技を取得してから、科目免除を使って一海特を受験してみたのですが、どうも電気通信術のフォネティックコードがスラスラ出ず、アマチュア無線をやめてからのブランクの長さもあって、誤字と品位点で不合格確実です。
    取れた所で小型船舶免許も船もないので、自分の中で再受験はしないつもりでいます。

    背伸びはせず、できる分野から確実に攻めて行くのがベストだと痛感しました。

    [ ant_dipole ]

    2017/6/15(木) 午後 11:32

    返信する
  • 顔アイコン

    > ant_dipoleさん
    フォネティックコードには私も航空通で苦労しました。

    解っている事が、言葉に出てこない苦しさは私もわかります。
    特に若い時にできたのにと思うと私はなおさらです。
    おっしゃる通り、いま出来る事を強化するのがベストですね。

    [ ipn*015 ]

    2017/6/16(金) 午前 5:23

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事