ここから本文です
五十の手強い資格ハンドブック
12/10ビジ法1級受験予定。取得済の電気・通信系と金融・法律系資格の攻略法も掲示しています。

書庫全体表示

ブログを書く意味ってなんでしょう
筆者はこの資格ブログを始めてから1年経ちました。
週1から2回記事をアップしながら、ブログを作成する意味を考えてきました。
昨日筆者は有名ブロガーの早すぎる死の報に接しました。
今回は筆者のブログに対する考えを述べて見たいと思います。

ブログを発信する側の目的
筆者は過去記事において以下の2点を掲示して来ました。
①筆者が取得した資格の攻略法
②資格マニアが資格を取得し続ける意義の探究
筆者が発信したいと思っているのは、①未だ資格を取っていない方に資格攻略法を擬似体験してもらう②資格マニアの意義を呈示することです。
未だ資格を取っていない方にとって資格を取った筆者の体験談は知らないよりベターだと思います。
マスコミや資格業者情報にない攻略法を提示できれば更に価値があると思っています。
また、筆者はなぜ資格を取り続けるのかとの問いに答えを用意していませんでした。
そこで資格マニアの効用を何度も記事にまとめました。

資格を知っている方への価値
筆者ブログへの訪問者の方の中には、資格を熟知されている方も少なくないと思います。
そのような方には、前述のレベルでは不足かと思います。
必要なのは、筆者独自の資格攻略法や他の方とは異なった資格に対する切り口だと思います。
そのオリジナリティが毎回の記事にあってこそ、筆者記事にアクセス頂く価値がある筈です。

ブログへの賛否は読者が決める
筆者の独善的記事がアクセスを集められるとは限りません。
筆者が自分らしさを貫いても、世間の賛同を得られることとは別問題です。
もし自分らしさを最期まで貫き、そして広く読者の支持を集められる方が居たとすれば、大変立派な方だと思います。
筆者ブログは到底その境地には至りません。
しかしブログを続けられる限り、記事にオリジナリティを込め続けるつもりです。

イメージ 1


この記事に

  • こんにちは。
    人はどこから来て、どこへ行くのでしょうか?
    著名人の訃報を聞く都度、自問しております。儚いものですね。

    私のブログの場合、単に「備忘録」みたいな感じで書いております。それに共感してもらえるかは読者次第だと思ってます。仮に、万人受けするブログを作ったら「自分」が消えてしまい、却って長続きしないブログになりかねないので、有名人でもない限り、気ままに書くのが長く続く秘訣ではないでしょうかね。

    [ ant_dipole ]

    2017/6/25(日) 午前 2:58

    返信する
  • 顔アイコン

    > ant_dipoleさん
    儚いですね。
    私には改めて家族の大切さを知らされました。

    確かにブログは力み過ぎると続かないかもしれません。
    書きたくなったら書く程度にしたいと思います。
    自分を失わず、肩に力も入らずという加減でしょうか。

    [ ipn*015 ]

    2017/6/25(日) 午前 5:15

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事