ここから本文です
五十の手強い資格ハンドブック
電験三種と三海通結果待ちです。取得済の電気・通信系と金融系資格の攻略法も掲示しています。

書庫全体表示

資格銀河の夜

資格マニアへ変身した午後
筆者が資格取得に目覚めたのは、一冊の雑誌がきっかけでした。
それは週刊ダイヤモンド2010年11/27号「仕事&資格大図鑑」です。
ある日の午後に定価690円で購入した一冊が、筆者の人生のベクトルを変換することになりました。
それまでも資格を取っていましたが、筆者の勤務先から勧奨され、嫌々取得したものが多かったので、勉強を続ける意欲を失っていたのです。

イメージ 1

夜空の星ほど資格を取得した方がいる
筆者が衝撃を受けたのは、平成の資格王こと中村一樹氏の記事でした。
中村氏はこの時点で514個の資格を取得しており、年間50資格を5年連続で取得した事もあるとのこと。
これを読んで、年間5資格の10年連続だったら筆者でもいけるのではと思ってしまいました。
そこで、この雑誌に載っている資格を一つ一つ潰し始めました。
しかし実際に受験してみると年間4資格が筆者の限界です。
その後、年間3資格に低下して現在に至っています。

プレバト俳句評
花火果て  星のひとつを  探し行く
TBS系列のテレビ番組「プレバト」に俳句コーナーがあります。
もう去年のことですが、テニスプレーヤーの杉山愛さんが詠んだ句が忘れられず、折に触れ心の内で鑑賞しています。
俳句のお題は「隅田川花火大会」でした。
花火が終わると家に帰るはずですが、作者は帰ると言っていません。
筆者が若かりし頃聞いた医学部助教授の講義では、かえらぬこと=死だそうです。
この句には、帰らぬことが暗示されています。
なんという孤独、そして強さでしょうか。
世界を転戦してきた作者だから詠める作品だと思います。

電験の星をつかむまで
資格試験を独学することは、自分との闘いだと筆者は考えます。
試験場で頼れるのは結局自分しかいません。
「覚え込んだら試練の道を」行きたいと思います。
筆者は当面電験三種という星ひとつを目指します。

この記事に

  • 顔アイコン

    数だけなら、集めようと思えば集まりますよ。
    誰でも取れる資格を集めて、価値を見いだせるかですね。
    数よりも質の方が重要だと思います。

    [ マーボー ]

    2017/7/16(日) 午後 5:47

    返信する
  • 顔アイコン

    > マーボーさん
    おっしゃる通りです。
    簡単過ぎる資格では、パスポートを申請するように手続するだけで手に入ることとあまり変わりません。
    数に流されず、資格の質を保てるかどうかも、ある意味自分との闘いだと私は思います。

    [ ipn*015 ]

    2017/7/16(日) 午後 6:03

    返信する
  • 資格試験は、階段で言う、最初は一段ずつをきちんと踏む。即ち、簡便なものでいいので基礎作りも兼ねて数を稼ぐのも一つの考え方です。

    いきなり難関に挑んで合格してしまう人は、時の運を除けば、過去に何かしらの経験、知見があった方が殆どだと思いますね。

    運転免許で言えば、いきなり大型や中型は無理で、普通車で技能・交通法規を習得して2年経過しないと免許を取れないのにイメージ的には近いような気がしています。

    [ ant_dipole ]

    2017/7/16(日) 午後 10:14

    返信する
  • 顔アイコン

    > ant_dipoleさん
    私もいきなり難関資格に挑んで何回か失敗しました。
    ご指摘の通り、高度な資格の元になる資格は何かを見極める事が必要な事だと思います。
    この場合、元になる資格は基礎的なものでしょうが、川の源流から辿れば、いつかは本流につながる事になると私は考えます。

    [ ipn*015 ]

    2017/7/16(日) 午後 10:45

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事