ここから本文です
五十の手強い資格ハンドブック
難関資格50個取得が目標です。H30/4月応用情報8月診断士受験予定。取得済の電気通信等の試験攻略法も掲示しています。

書庫全体表示

電験三種からわずか10日の三海通
筆者は今日、第三級海上無線通信士(三海通)試験を受験して来ました。
三海通の1日日は午前に無線工学、午後に法規の試験が実施されます。
筆者は第一級陸上無線技術士(一陸技)の資格所持により無線工学が免除となり、午後からの試験でした。
9/3の電験三種の試験日までは三海通の準備は出来ず、休暇の関係もあり、準備期間は実質3日半しかありませんでした。
うち3日を法規の標準教科書の読み込みに充て、法規の過去問を半日実施しました。
明日の試験日2日目には英語と電気通信術がありますが、そこまで手が回りません。
1日目が終了した今から着手する予定です。

試験会場とそこまでの道のり
筆者の試験会場は、東京晴海の日本無線協会本部でした。
晴海地区では東京オリンピックの選手村の工事が進められており、最寄りの地下鉄勝どき駅も改修工事中でした。
街も勢いがあり、高層建築物が増えていました。
晴海通りを徒歩10分程で会場へ到着しました。
イメージ 1
試験会場は内装が以前より綺麗になっていました。
先週筆者が受けた電験三種はアウェイな感じですが、この会場は何処と無くふるさとに帰って来たような感じです。
エントランスの鹿さんもご無沙汰でした。
イメージ 2

会場は一海通・二海通・三海通一緒です。
2名を除いて列指定の自由席でした
その2名の方は、受験番号から判断して別会場から変更された方のようでした。
年齢層は商船学校らしき制服の高校生男女と、筆者のような中高年と2極化しているようでした。
平日にもかかわらず、約200名出席で試験会場1号室が満室でした。

試験問題など
法規の試験問題も一海通〜三海通同じです。
問1が無線局の登録局についてでしたが、三海通の標準教科書にそこまで載ってない事柄でした。
一陸技の時の知識を引き出そうとしましたが、忘却してました。
模範解答は来週発表されるようです。
筆者の自己採点はそれからにしたいと思います。
試験時間は1.5時間ですが、退出可能な1時間で途中退出しました。
少し足を延ばして、既に一部完成しているオリンピック道路(環状2号線)を見学して帰路に着きました。

イメージ 3

この記事に

  • お疲れ様でした。
    まずは一休みですね。

    マン管を考えるならば、TACのホームページ
    http://www.tac-school.co.jp/kouza_m-kanri/sokuhou_m.html

    で、平成28年本試験の解答解説が無料でもらえます。

    [ ちこれ〜と ]

    2017/9/13(水) 午後 10:52

    返信する
  • 顔アイコン

    > ちこれ〜とさん
    さっそくありがとうございます。
    TACを見てみます。
    無料は良いですね。

    [ ipn*015 ]

    2017/9/14(木) 午前 4:24

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事