ここから本文です

書庫全体表示

おかげ様で合格
筆者が平成29年9月に受験した第三級海上無線通信士(三海通)の結果発表がありました。
試験実施機関の日本無線協会のホームページを閲覧したところ、筆者の受験番号が掲示されていました。

イメージ 1
休暇を取って受験した甲斐がありました。
無線従事者の結果発表は、試験日から1ヶ月も立たないうちに行われます。
筆者が別途発表待ちの電験三種と違って早くて良いと思いました。

筆者の資格受験回数・得点一覧表も更新しました→こちら
今後の予定
筆者の予定通り、三海通+一陸技の免許で一海通の免許証を申請するつもりです。
一海通の試験科目全科目は、三海通と一陸技の資格で免除となるはずです。
実際の手続後、追って報告したいと思います。

この記事に

  • おめでとうございます。
    その運気、分けて下さい。

    月末にやりたくもない、損保の試験が待っております。
    そちらには運気は別に要らないのですが、
    行政書士につぎ込みたいです。

    [ ちこれ〜と ]

    2017/10/4(水) 午後 8:34

    返信する
  • 顔アイコン

    > ちこれ〜とさん
    ありがとうございます。

    行政書士を準備しながら、お仕事の資格は大変ですね。
    でも余裕のご様子ですから大丈夫だと思います。

    運気ですが、私は結果待ちの電験の方の運気を使ってしまったのではと内心不安になっているところです。

    [ ipn*015 ]

    2017/10/4(水) 午後 9:26

    返信する
  • 合格おめでとうございます。
    三海通から一海通への申請は、特に期間はないのと、試験手数料は試験自体を受けないので無料みたいですね。

    職業訓練指導員も、例えば一総通や税理士免許を取得した場合、それぞれの科目の免許証が必要ですが、毎年の試験申請期間内に申請することで、都道府県によっては無手数料で合格とする扱いもあるみたいで、全科目免除による合格は清々しい気分ですね。

    [ ant_dipole ]

    2017/10/4(水) 午後 10:57

    返信する
  • 顔アイコン

    > ant_dipoleさん
    ありがとうございます。
    試験手数料のことは、全く考えていませんでした。

    職業訓練指導員も含め、全科目免除は私にとって初めての事です。
    取得のテクニックとしては面白い事ですね。
    特に期間がないのも痛快です。
    色々教えていただきありがとうございます。

    [ ipn*015 ]

    2017/10/5(木) 午前 2:21

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事