ここから本文です
五十の手強い資格ハンドブック
難関資格50個取得が目標です。H30/4応用情報技術者受験予定。取得済の電気・通信系と金融・法律系資格の攻略法も掲示しています。

書庫全体表示

資格マニアの共通項 
ここで資格マニアとは、資格をたくさん取っている方のこととします。

筆者を始め資格マニアを自認する人には共通の性質があると思います。
それは資格に対するストイックさだと思います。

ストイックの意味は、禁欲的ということではありません。
筆者は資格取得欲が強いため、禁欲とは反対の位置にあります。

例えば仕事に必要な資格ならそれを一つ取れば十分です。
それなのに資格を幾つも取り続けるのは、別の考えがあるからです。
それは資格の道を究めることだと筆者は思います。
なので筆者の言うストイックの意味は、求道者(ぐどうしゃ)的と思って下さい。

一流のスポーツ選手はストイック
一流のスポーツ選手は、筆者の言うストイックな方が見受けられると思います。
筆者もネットなどで見て、見習いたいことが多いです。
スポーツがあまり得意ではない筆者は、スポーツでストイックさを求めることは困難です。
数年前にフィットネスクラブのジムで、筆者の限界までマシンで負荷をかけてみたところ、首を痛めてしまいました。

資格取得であれば、筆者でもストイックな境地を目指すことが可能です。
スポーツ選手が筋肉に負荷をかけるように、筆者は脳に負荷をかけることになります。

資格取得欲に溺れない訳
資格マニアは資格取得により強い欲求を持っているはずです。
にも関わらずその欲に溺れず、ストイックであり続けられるのには理由があります。
資格取得には、必ず勉強という負荷が伴うからです。
欲を打ち消すほどの資格の難易度がマニアをストイックにしているのだと思います。
ですから、勉強しないで取れるような資格ばかりを取得している方は当てはまらないことになります。
結論として、困難な資格に挑む資格マニアはストイックだと筆者は考えます。
イメージ 1

この記事に

  • こんにちは。
    資格の勉強を始めて、10年ぐらいに
    なります。

    長く学習している理由としては
    転職・リストラ対策が軸であることは
    確かなのですが、その一方で自分にどれだけの能力を身につけられるかの
    挑戦にもなってきています。

    年齢と共に記憶力・体力とも
    翳りが出てきていますが、
    時間がかかっても、限界まで挑戦を続けていきたいですね。

    [ ちこれ〜と ]

    2017/11/22(水) 午前 8:08

    返信する
  • 顔アイコン

    > ちこれ〜とさん
    私も最近体力と気力の衰えを感じています。

    私は本格的に資格取得に取り組んで6年ほどですが、おっしゃる通り年齢との闘いの面がありますね。

    資格を第二の人生対策にと思ったこともかつてはありましたが、実務経験が無い資格では就職は厳しいと私は感じ始めました。
    結局、自分の限界への挑戦を続けることが残った格好です。

    [ ipn*015 ]

    2017/11/22(水) 午後 6:15

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事