ここから本文です
五十の手強い資格ハンドブック
難関資格50個取得が目標です。H30/5月測量士補受験予定。取得済の資格試験攻略法も掲示しています。

書庫全体表示

筆者が取得した資格の免許証や資格者証を、美しさ基準でランキングにまとめました。
資格者証などを取得することが、筆者のモチベーションの源となっています。
資格マニアというより資格者証マニアと言っても良いかも知れません。

資格者証の美しさは、その材質に最も左右されると筆者は考えています。
ですから、材質別にランキングしてみました。
参考までに資格者証の発行(登録)手数料を記載してみました。
手数料には、受験料や郵送代金を含みません。

第1位 プラスチック製 
プラスチック製の資格者証が一番だと思います。
特に顔写真が転写されている上、ホログラムで富士に花吹雪や紋様が交互に浮かび上がる無線従事者免許証(電気通信主任技術者、工事担任者も同じ)が最高です。
第一級海上無線通信士などの無線従事者免許証(1,750円)

イメージ 1

第2位 光沢加工紙 
かつての無線従事者免許証は、光沢加工紙の時代がありました。
免許種別によって表紙の色が異なっており、筆者は上級資格にあこがれていたものです。
電話級アマチュア無線技士免許証(手数料はもう覚えていません)
イメージ 3

第3位 賞状用紙 
賞状用紙の合格証はそれなりに見栄えがします。
IPA試験は追加手数料なく合格証書が貰えるのでリーズナブルです。
基本情報技術者合格証書(0円。受験料に含む)
イメージ 2

第4位 A4上質紙
電験三種の免状は、上質紙とは言え、コピー用紙と余り変わりません。
難易度が手強いのに、落差を感じます。
第三種電気主任技術者免状(2,350円)
イメージ 4

第5位 画用紙
第二種電気工事士の免状(東京都知事交付)は、画用紙に印刷されたものです。
一応ビニールのケースが付属しています。
しかし高額な交付手数料を現金で都庁まで持参させられた割にはあまりのセンスのなさに腹が立ってきます。
第二種電気工事士免状(5,200円)
イメージ 6

第6位 その他の紙片 
銀行業務検定試験の合格証書は、ラインプリンターで出力しミシン目でちぎったような紙片です。
サイズも定型郵便物として差出可能な小型版です。
あまりに省力化されているので最下位としました。

但し、合格順位が上位一定数に入ると個人賞が貰えます。
個人賞になると、色紙大の証書とメダルがセットで交付されます。
この落差は激しいです。
銀行業務検定試験証券2級*合格証書など(0円。受験料に含む)
イメージ 5

*証券2級は現在試験実施機関が廃止してしまいました。
 また、画像は筆者が取得した当時の形式であり、現在は異なる場合があります。

この記事に

  • 遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。
    個人的に、プラスチック製カードは収納管理の面で重宝しますね。
    職業訓練指導員の免状、A4のコピー用紙だったにしては申請は、県庁へ平日限定の持参のみ、おまけに収入証紙+返信用の定形外+簡易書留の切手持参で、トータルするとコスパがいいとは言えないものだったのには少し唖然としました。

    [ ant_dipole ]

    2018/1/4(木) 午後 10:49

    返信する
  • 顔アイコン

    > ant_dipoleさん
    明けましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願います。
    おっしゃる通りプラスチック製のものはサイズもコンパクトですね。
    職業訓練指導員も電気工事士と同様、手間をかけさせられ、コピー用紙状の免許でした。
    共通なのは都知事免許という点です。
    小池知事はもっと合理化してサービスの向上を図って欲しいと私は思ってます。

    [ ipn*015 ]

    2018/1/5(金) 午前 5:30

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事