ここから本文です
五十の手強い資格ハンドブック
難関資格50個取得が目標です。H30/4応用情報技術者受験予定。取得済の電気・通信系と金融・法律系資格の攻略法も掲示しています。

書庫全体表示

筆者が取得した資格の受験手数料をランキングしてみました。
なお、ランキングには受験申込や受験したが結果待ちのものを含みます。
受験手数料は筆者取得時ではなく、現在ネットで検索して表示された金額としています。

超高額資格 
電気通信主任技術者         18,000円(1科目免除の場合)
第一級陸上無線技術士      13,962円
ビジネス実務法務検定1級 10,800円

結構高額な資格 
第二種電気工事士               9,300円(ネット申込)
航空無線通信士                  9,062円
第三級海上無線通信士         8,862円
工事担任者                        8,700円
貸金業務取扱主任者            8,500円
宅地建物取引士                  7,000円
銀行業務検定法務2級など    6,480円
ビジネス実務法務検定2級    6,480円     

普通資格 
英検2級                            5,800円
TOEIC                              5,725円
基本情報技術者など            5,700円

良心的資格
第三級電気主任技術者         4,850円(ネット申込)
日商簿記2級                      4,630円
職業訓練指導員                  3,100円(学科のみの場合)
測量士補                           2,850円
日商簿記3級                      2,800円

筆者解説 
超高額資格を取得するには、難易度の壁の他に財力の壁を乗り越える必要があります。
出題者の人件費が上乗せされているのでしょうか。
一発合格出来ないと、金銭とモチベーションを喪失して行きます。

結構高額資格は、実技試験のあるものもありますが、単に高めの資格もあります。

良心的資格の代表は第三種電気主任技術者です。
但し、免状申請は別途費用が掛かります。

全体として資格受験手数料は、5,000円台が妥当と筆者は考えます。

この記事に

  • こんばんは。
    費用の観点から考えると、なかなかシビアな数字が
    出てきますね。

    取得資格が多いほど、
    費用もかかっているってことですからね。

    受験料が10000円を超えると
    手が出にくくなります・・・パパは・・・・。

    [ ちこれ〜と ]

    2018/1/13(土) 午後 10:15

    返信する
  • 顔アイコン

    > ちこれ〜とさん
    長年の積み重ねですが、金額が張っていました。

    資格は自分への消費なんだと思います。
    けれども10000円資格を何度も落とすと精神的に痛いですね。

    [ ipn*015 ]

    2018/1/14(日) 午前 5:10

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事