ここから本文です
五十の手強い資格ハンドブック
難関資格50個取得が目標です。H30/4月応用情報8月診断士受験予定。取得済の電気通信等の試験攻略法も掲示しています。

書庫全体表示

資格長崎ちゃんぽん

資格試験のレシピ 
資格試験は様々な種類がありますが、試験科目が特定分野に集中しているものと、多岐に渡っているものがあります。
多科目の代表例は、中小企業診断士だと考えます。
経済学や財務会計、経営、情報システム、法律、行政施策などと、これ程分野が異なる試験を筆者は知りません。

様々な具材を一緒にした料理として、長崎名物ちゃんぽんがあげられます。
筆者は、多分野資格を長崎ちゃんぽん型資格と呼ぶことにします。

ちゃんぽん資格の攻略法
筆者は今年診断士を受ける計画を立てています。
まだテキストも購入していませんが、頭の中で攻略法を考えています。
これだけ分野が広いと、通常の勉強方法では時間がかかり過ぎです。
なので日々多分野への研鑽を積むよう心がけています。
具体的には、仕事や他の資格準備や日常生活でそれらの分野に意識を向けることです。
今出来る事はそのくらいしか思い浮かびません。

科目免除を狙う
診断士試験は、応用情報技術者(略称AP)の有資格者であれば1科目の免除が受けられるようです。
現在筆者はこれを狙い、APの試験準備をしています。
7科目の試験中、1科目免除出来れば負担が減ります。
APの受験は4月です。

食べて見ないとわからない
今年診断士を受けるつもりなのに、準備していないのは無謀に過ぎます。
しかし、やって見ないとわかりません。
筆者の気力が持てば、申込はしたいものです。
資格も料理も食べて見ないと味は分からないからです。

イメージ 1

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事