ここから本文です

書庫全体表示

カジノは週3回まで 
筆者が購読している平成30年2月16日の日本経済新聞にカジノ設置に関するギャンブル依存症対策案の記事が出ていました。
内容は「在日外国人を含む国内居住者のカジノ入店を週3回までに制限する」というものです。
また、「ギャンブル依存は脳内の変化をもたらし、嗜癖障害に至る」との由。
日経は翌日の長期プライムレートでさえ誤報したことがある新聞ですので、鵜呑みにはできませんが、ギャンブル依存は陥いると抜け出すのに大変そうです。
カジノが危険ならば、パチンコも同様の規制が必要でしょう。
購読者向け記事リンク↓
賭博マニアと資格マニアは似ている 
筆者のように資格マニアを自認する人は、資格試験合格の悦びに依存しているのかも知れません。
資格試験の合格は、筆者が学生時代に行ったパチンコ屋での大当たりと感覚的に似ています。
筆者は海外のカジノに行ったことはありませんが、資格取得を続けて来たせいで、脳が変化したのでしょうか。
筆者は今年5資格を受験する計画ですが、資格は年3回までと制限され兼ねません。

勉強依存なら弊害は少ない 
仕事や生活に支障がなければ、勉強せずにはいられない脳は、メリットだと筆者は考えます。
ギャンブルは、仕事と生活に実益を与えませんが、資格取得によって得られた知識は多少とも実生活に役に立つからです。
寧ろ筆者の悩みは、勉強の習慣が付いても油断していると普通の安全な脳にすぐ戻ってしまうことです。
イメージ 1
 にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

この記事に

  • こんにちは。
    依存症予防は「ほどほど」のキーワードが共通すると思います。
    今はカードローンなんかも、銀行間で通算して「年収の1/3」まで、しか借りられなくなっているようで、本来、自己管理すべき事ですが、主宰者側で個々人の収入を把握する必要がある時代なのかもですね。

    勉強も、やりすぎると鬱になる人もいるようですので、無理なく勉強できる期間や時間設定も必要ですね。
    あとは、資格そのものが自分の目指す方向や、野球で言う守備範囲にあるかなど、初期の選定も重要ですね。

    [ ant_dipole ]

    2018/2/18(日) 午後 1:23

    返信する
  • 顔アイコン

    > ant_dipoleさん
    おっしゃる通り無理は禁物ですね。
    自分で自分をコントロールし、ほどほどに抑えることは必要ですね。
    その為に必要なことは、自分の限界を知ることでしょうか。
    「資格取得は計画的に」ですね。

    [ tegowai_shikaku ]

    2018/2/18(日) 午後 3:09

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事