ここから本文です

書庫全体表示

資格試験の安全余裕度

合格安全度 
筆者は資格試験日の朝、充実した気持ちで試験に臨めるよう心掛けている事があります。
それは、試験前日段階の合格安全余裕度を計算する事です。
筆者の言う安全余裕度は、次の式で計算されます。

合格安全度(%)=(過去問点数-合格基準点数)/満点×100
例えば試験前日の過去問点数が70点で合格基準が60点の場合、10になります。

筆者の経験上、10以上あれば余裕で合格出来ました。
8以下だと合否でスリルを味合う事になります。
3以下だと危険です。

筆者の経験値 
筆者が取得した資格の試験前日の余裕度は以下の通りでした。
第一級陸上無線技術士 法規6 無線工学B0
電験三種 理論10 電力-20 機械0 法規-29
基本情報技術者 午前15 午後-15
第三級海上無線通信士 法規1
第二種電気工事士 筆記12
職業訓練指導員 指導方法19

筆者の場合、余裕よりゼロやマイナスが目立ちます。
我ながらこれで良く受かったものだと思います。
過去問が出来ていなくても、本試験では解答出来る事があります。
諦めない事が重要だと筆者は考えます。

現在準備中の資格 
筆者が現在準備中の資格は、測量士補です。
手始めに平成29年の過去問をやったら、余裕度10でした。
筆者の場合、最初の過去問正答率は合格に及ばずマイナススタートが大半です。
今回は最初が10でしたので慢心しておりましたが、今日平成28年を実施したら2に低下してしまいました。
試験日まで1週間ですが、なんとか回復させたいものです。

イメージ 1

にほんブログ村 資格ブログ 資格マニアへ

この記事に

  • 様々な角度から指標を測られているんですね。
    私は高校時代、情報系の資格取得に励んでいた時期があったのですが、今思えば安全余裕度は高かったのかな・・・なんて思っています。

    仕事しながらの勉強をしている今は余裕度は0に近いです。
    そのためか、最近、高校の教室で現役の高校生と一緒に授業をする夢を見てしまうほどです。

    [ ant_dipole ]

    2018/5/14(月) 午前 0:00

    返信する
  • 顔アイコン

    > ant_dipoleさん
    高校生の頃に資格取得をされていたのは、素晴らしいです。
    資格は若いうちに取ったほうが良いですね。
    私のような歳で取ったら価値は半減するかも知れません。

    お互いに仕事をしながら勉強するのは余裕は無いですが、夢に出て来るのは、高校生の頃の知識に頼れる事を意味するのではないでしょうか。

    バックボーンをお持ちのようで、羨ましいです。

    [ ipn*015 ]

    2018/5/14(月) 午前 5:31

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事