ここから本文です

書庫全体表示

合格発表 
筆者は平成30年5月に行われた測量士補試験を受験しました。
昨日、国土地理院のホームページで合格発表があり、筆者は合格でした。
イメージ 1
筆者の受験番号が掲示されていました。

測量士補は準備着手でテキストを読んだ段階から、難易度はそれほど高くないと感じていました。
過去問も余裕で進めることが出来ました。
ところが、今年から出題傾向が変わり、試験場で冷や汗をかかされましたが、合格出来ました。
出題者には、受験者をあまり驚かせないで欲しいです。

マイ資格難易度ランクは、トリプルCランク(簡単でやや曲者)にして見ました。→リンクhttps://blogs.yahoo.co.jp/ipn2015/69979838.html

測量士補の波及効果 
測量士補試験合格で、土地家屋調査士の午前試験が免除になるはずです。
筆者は、調査士試験の科目免除がほぼ唯一の取得目的でした。
なので、高額の登録免許税を支払って、資格登録する予定はありません。

筆者はまだ土地家屋調査士を受験することを決めていません。
将来検討しようと思っています。

この記事に

  • こんにちは。
    おめでとうございます。

    文系とおっしゃっても、
    理系資格も順調に進んでいますね。

    パパは測量士補は工業数理や関数がわからずドロップしました。

    やはり、理系はダメです。

    [ ちこれ〜と ]

    2018/7/11(水) 午後 2:27

    返信する
  • 顔アイコン

    > ちこれ〜とさん
    ありがとうございます。

    私は文系ながら、無理して電験三種を取って見たところ、理系アレルギーが減りました。
    測量士補は使う公式の数も少ないので、理系入門資格として適当かも知れません。
    計算問題は関数と言うより比の問題がほとんどです。
    理系資格に進まれる場合は、ぜひご検討下さい。

    [ ipn*015 ]

    2018/7/11(水) 午後 5:27

    返信する
  • 合格おめでとうございます。
    測量士補から不動産系資格へ入っていくのもまた面白い分野かもしれませんね。

    私事ですが、電通主任の正答が出まして、設備管理・法規とも合格基準点(60点)を大幅に超える結果となり、まだ正式な結果は出ておりませんが、合格見込みとなりました。
    時期的に、11月の工事担任者に免除申請が間に合うか不安ですが、少しずつ準備を進めたいと思います。

    [ ant_dipole ]

    2018/7/11(水) 午後 9:00

    返信する
  • 顔アイコン

    > ant_dipoleさん
    ありがとうございます。
    科目免除を手掛かりに資格を広げて行くのも一つの方法ですね。

    電通主任受験おつかれさまでした。
    良い見通しが立って良かったです。

    電通主任で工担2科目が免除になるんですね。
    私は反対のルートで取得したので良く知りませんでした。
    10月の工担はタイトな気がしますが、間に合うといいですね。

    [ ipn*015 ]

    2018/7/11(水) 午後 9:06

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事