ここから本文です
三郡山地の自然と植物と史跡
三郡山地の四季の移り変りを追いかけてます。

書庫全体表示

2月21日(日)
9時半ごろ堤谷入口近くの林道に車を止めて出発。
まずは数ある滝の中で「初音の滝」をパチリ。
イメージ 1

名前の由来を考えながら滝を眺めてみますが分かりません。笑

もう一つ「絶食の滝」もパチリ。
イメージ 2

こちらは百日絶食記念碑の近くにあるので何か関係があるのかも。

尾根へ出ると雪が。
イメージ 3

剣の岩から八大龍王。
イメージ 4

岩の上にも雪が残ってます。
イメージ 5

木漏れ日好きにはたまらない雪の登山道。
イメージ 6

水場の下辺りは真っ白です。
イメージ 7

キャンプ場の小屋の屋根にも雪が。
イメージ 8

本日の山頂からの眺め。
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

最後は雪化粧した稚児落しをパチリ。
イメージ 14

雪がある風景は今シーズンはこれが最後かな?

堤谷入口〜1:02’25〜宝満山〜29’01〜猫谷入口
トータル1:31’26

この記事に

  • こんにちは
    この日はニアミスだったようで、もう少し山頂にいればお会いできたかなぁと思います。
    もう雪景色も最後でしょうかね〜
    教えて頂きたいことがあります。
    実は近く宝満山から若杉山までを三郡縦走路を使わず、登山道や藪こぎショートカットをしながら縦走したいと思っています。
    そこでお尋ねなんですが、羅漢道から直接うさぎ道に下りたいのです。
    登山道はないと思いますが、太郎さんの感覚で下れそうな雰囲気のところってありますでしょうか?
    すみませんが心当たりがあればよろしくお願いいたします。

    さいと

    2016/2/24(水) 午後 0:36

    返信する
  • 顔アイコン

    さいとさんへ
    ニアミスだったんですね〜
    また、お会いできるの楽しみにしています。

    お尋ねの件ですが遠望の岩から中宮よりに少し下がった辺りからだと
    うさぎ道の方へ下りやすいような気がします。
    うさぎ道から次にどこへ繋ぐかにもよると思いますが。
    どんなルートで若杉まで行かれるのか、とっても興味があります。
    リポート楽しみにしてますね〜

    [ 一本松 太郎 ]

    2016/2/25(木) 午前 10:44

    返信する
  • 顔アイコン

    アドバイスありがとうございます。
    遠望の岩付近からできるだけ河原谷コースに近づくように下りたいと思います。
    地図で見るとだごしゃん道からツキ谷Bにトラバースする道がないので、ここが次の難所になりそうです。
    どこまで行けるかわかりませんが、今週末、雨でなければ挑戦したいと思います。

    さいと

    2016/2/25(木) 午後 8:36

    返信する
  • 顔アイコン

    さいとさんへ
    だごしゃん道からつき谷Bですか〜
    めっちゃハードそうですね。
    河原谷からだごしゃん道も縦走路を通らないとする
    かなりの藪漕ぎになりそうですね。
    気をつけて楽しんできてくださいね〜^^

    [ 一本松 太郎 ]

    2016/2/26(金) 午前 8:34

    返信する
  • かなりハードな藪こぎもありましたが、2回に分けて縦走してきました。
    まともなのはうさぎ道と宇美林道くらいかも知れません。
    羅漢からうさぎ道、ありがとうございました。
    先週は雪が深くて歩けそうなところを探すのに苦労しました。
    三郡山地を違った角度から楽しむことができたのがよかったです。

    さいと

    2016/3/6(日) 午前 8:15

    返信する
  • 顔アイコン

    さいとさんへ
    縦走路を使わない縦走お疲れさまでした。
    私には真似できそうにありませんが、未踏の谷や尾根はぼちぼち散策したいと思っています。
    今後も情報交換宜しくお願いします。

    [ 一本松 太郎 ]

    2016/3/7(月) 午前 9:16

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事