横浜の九州男児

当ブログには一部限定記事があります。ご了承ください。

全体表示

[ リスト ]

12月23日に開催された日産自動車の『ヘリテージ・カー・パレード in Yokohama』のときグローバル本社ギャラリーに展示されていたクルマたちということで、第3弾となる今回は『プリンス スカイライン 2000GT』のご紹介です。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
参考までに、下記車両の近くに置いてあったパネルからの引用でございます。
 
プリンス スカイライン 2000GT(1965年:S54B−2型)
 
1965年(昭和40年)2月に登場したスカイライン2000GT(S54B−2型)は、前年の3月に発売された初代スカイラインGT(S54A−1型)をパワーアップしたグランドツーリングカーでした。ウェーバー製のキャブレターを3連装し、125馬力という当時としては非常に高い最高出力を誇りました。GT−Rのルーツとなる高性能モデルです。
 
主要諸元
車両全長:4255mm
車両全幅:1495mm
車両全高:1410mm
ホイールベース:2590mm
トレッド(前/後):1265mm/1255mm
車両重量:1070kg
サスペンション(前/後):ダブルウィッシュボーン/リジッド・アクスル
ブレーキ(前/後):ディスク/ドラム
タイヤ(前/後):5.60−13−6PR
 
エンジン主要諸元
エンジン型式:G7(直6・SOHC、ウェーバー3連キャブ)
総排気量:1988cc
最高出力:93.2kW(125ps)/5600rpm
最大トルク:166.7N・m(17.0kgf・m)/4400rpm
 

次回は『ダットサンスポーツ』の予定です。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事