全体表示

[ リスト ]

『プレステージ』

イメージ 1


役者さんたちの競演と呼ぶのにふさわしい作品でした。

時代がまたいいです。
19世紀末のロンドン。ガス塔が電灯に変わるか変わらないかの時代。
現代だったらTVでマジックショーなど日常茶飯事に見られるけど、
当時はわざわざ劇場に足を運んで観に行っていた時代。
向かい合わせの劇場でショーをすることも多く、競い合っていた様子もこの映画から伺えます。

ショービジネスでの技の競い合い。
「ヘンダーソン夫人の贈り物」で、初のヌードショーを演出した映画も思い出しました。

お客さんを獲得するには、常に新しい物を出していかなければいけない世界。

その中で確執を持った二人の主人公、アンジャー(ヒュー・ジャックマン)とボーデン(クリスチャンン・ベイル)
この二人の執念とも言えるドロドロした対決が凄かった。

芸の為なら何でもするー。

ライバルな二人の泥沼に転げ落ちていくような、足の引っ張り合い。
19世紀のあの当時の暗さと、この二人の怖いくらいの確執が映画を魅力的にしていました。

お話はこれだけじゃないところが、さすがでした。
ワケのわからない科学者にデヴィッド・ボウイ
サスペンスだけではない、ファンタジーぽさが彼の登場で出てました。

話は入り組んできます。

“マジシャンの話には騙されるな”などというニュアンスの会話が良く出てくるのですが、
マジックをする人は、お互いに騙されないようにいつも気を張っているのでしょうか。

イメージ 2

スカーレット・ヨハンソンは、ちょっとこの映画では物足りない役どころでした。
着ている衣装はすばらしく、相変わらずのセクシーな表情でしたが、
男性陣の影に隠れてしまったかな。

とにかくヒュー・ジャックマンが、際立っていたように思えます。
マイケル・ケインが抑えた演技で、映画に渋みと深さを与えています。

イメージ 3


最後は、ここでは書けませんが、騙されたというより、映画の中のイリュージョンという
といった感じでしょうか。

『メメント』でも騙されましたが、今度もやられました(笑)

閉じる コメント(14)

19世紀末のロンドン。ガス塔が電灯に変わるか変わらないかの時代
時代背景がいいですね。
映画の中のイリュージョン・・・なんか興味ありますね。
最近、映画観てませんが、観たくなりました♪

2007/6/15(金) 午前 10:58 かりん

顔アイコン

KARINさん、なかなか面白い映画でしたよ〜。機会があったらぜひご覧になって下さいね!

2007/6/16(土) 午前 5:33 iruka

顔アイコン

マイケル・ケインは、いい演技しますからね〜。
でも、この映画知らない。。。。
ってか、最近、漏れが多いかな??

2007/6/16(土) 午後 8:44 がん太

顔アイコン

takesiさん、どんどん新しい映画が公開されてますからね。
私もついて行くのが大変です。これは結構今評判になっているのかな?

2007/6/17(日) 午前 6:52 iruka

顔アイコン

最近では、予告編を観て、内容が想像できる映画が多くなってきていますが、さすがに、この作品の予告編は、何度かスクリーンで観ても、謎だらけでした・・・(^^)。マジックには、結構、関心があるので、観に行きたいなあと思っている作品です。

2007/6/17(日) 午前 6:53 swing(スウィング)

顔アイコン

swingさん、最後はいえませんが(笑)最後より途中の過程での二人の対決が面白かったです。ちょっと入り組んだ展開になってますので、気を抜けない映画でした。感想楽しみにしてますね!

2007/6/17(日) 午前 7:13 iruka

顔アイコン

ディケンズっぽい。英国の雰囲気がなかなか良かったですね。
ラストはちょっと??でしたがでも途中とっても楽しめました。
マジックを扱った映画ってそういえば少ないですね。もっとおもしろいのがたくさん出来そうなのに・・

2007/6/17(日) 午後 0:31 car*ou*he*ak

顔アイコン

私もマイケル・ケインが映画を締めていてよかったな〜と
思います。スカーレット・ヨハンソンはちょっともったいない役どころでしたかね〜。トラックバックは多分今回うまくいかないと思うので(^^ゞ私は「300」と一緒に記事を書いてますが、よかったら見にいらしてくださいねm(__)m ほんとにマジシャンって演技者でもあるのだなと思いましたね〜。http://blog.goo.ne.jp/bunchou2/e/4f14735343cb3a40dfd011c4eedca518

2007/6/17(日) 午後 1:00 [ のら(ぶんちょう) ]

顔アイコン

Cartoucheさん、ほんとディケンズぽかったです。マジックを扱った映画、初めて観た気がしますね。「輝ける女たち」もマジシャンでしたが、ちょっと違うしね。ライバルな二人がすごかったですよね。
私もTBさせて頂きました〜♪

2007/6/18(月) 午前 8:04 iruka

顔アイコン

ぶんちょうさん、TBの方はほんと気になさらないでね!マイケル・ケインが出てるから重厚な味わいのある映画になっていたような気がしました。スカーレット、ほんともったいない!よく出演したな、と。
衣装は素敵でしたけどね。

2007/6/18(月) 午前 8:06 iruka

確かに・・・この時代って「ヘンダーソン夫人の贈り物」もそうでしたが、テレビなどないので、客の入りが全てで、その為ならと、どんどんヒートアップしてしまう所がありますよね。
それに憎悪もあって、邪魔までし合って・・・。

マジックの部分はとても興味深く観れました。。
マジシャンの裏側をちょっと見れた気分でしたね。。

2009/6/21(日) 午後 9:17 sei

seiさん、
時代背景が良かったですよね。
ちょっとおどろおどろしさも入ってて。
二人の競い合いが怖かったです。
当時のショービジネスの世界はあんな風だったんでしょうか。

デヴィット・ボウイは不思議でしたね〜。
あれ、クローンだったんですかね?

2009/6/22(月) 午前 7:49 iruka

顔アイコン

そうですね、二人のエゲツナイ闘いでしいたね。醜いやり合い。特にベイルの演技には凄みがあって良かったです。もちろん、ジャックマンもね(笑)ジャックマンの方がタネを見破る為に手を汚してましたね。2回見て更に面白みが増しました。TBお返しさせて下さい。今度はメメント見ます(今更ですが・・・)

2010/8/11(水) 午前 11:45 dance

顔アイコン

danceさん
あはは。エゲツナイ闘い。
ほんと、ほんと。
2回ご覧になられたんですね。
確かに2回目の方がいろんな発見ありそうです。
インセプションも2回観るとよさそうですね。
メメント、あー、私の記憶が〜〜〜(叫ぶ)?

2010/8/17(火) 午後 4:32 iruka

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事