全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
舞台はデンマーク
 
医師アントンは、紛争が起こっているアフリカの地に赴任してて、
キャンプに避難している人々の治療にあたっている。
担ぎ込まれる患者には、腹を切り裂かれた妊婦もやってくる。
妊婦は“ビックマン”と呼ばれる悪党にお腹の赤ちゃんは男の子か、女の子かという、賭けの対象として、腹を切り裂かれてしまっているのだ。
 
妻とは別居中。(アントンの浮気が原因)
二人の息子は妻の元でくらす。
長男エリアスは学校で執拗なイジメにあっていた。

ある日、母親の葬式を終えたクリスチャンがエリアスのクラスに転校してくる。
クリスチャンは父親に対して確執がある。
癌の母親の看病を途中で放棄したのではないかと思っているのだ。
 

エリアスがイジメを受けていると、クリスチャンも巻き添えをくう。
翌日、クリスチャンはイジメっ子のソフスに暴力で仕返しをする。
呼び出された父親クラウスは、報復にはきりがないと諭すが、
クリスチャンはやり返さなければだめだ、と口ごたえする。
 
この少年クリスチャンが、とても繊細な少年で、
頭が良く、普通の少年より大人びているのだが、
「暴力には暴力を」というような過激な考えの持ち主で、見てて何をしでかすか分からない危ういものを持っている。

いじめられっ子のエリアスはスェーデン訛りと、歯の矯正をネタにいじめられているのだが、根が素直で、優しい気質の持ち主。
 
この二組の家族の
子供たちの友情、夫婦の問題、学校でのいじめ、デンマークでのスェーデン人への差別などといろんな問題を絡めながらストーリーが展開していくのだが、
「暴力には暴力」しかないのか。
「復讐」を食い止めるものは何か。
といった簡単には解決できそうもないテーマが底にはあった。
子供たちには「暴力はいけない、報復にはきりがない」と教えながら、
実際は、世界はそれこそ、報復のしあいである。
 
映画は、いじめられっ子の父親である医師アントンにそのことをたたきつけてくる。
デンマークが舞台なのに、アフリカに医師として赴任している状況が、
最初不自然に感じられたのだが、
ある究極とも言える出来事で、その理由を知ることになる。
まるで、映画「セブン」でのブラピの選択を強いられた時の状況のように。
医師としてのモラルをとるのか、人間としての感情を最優先させるのか。
ここは衝撃的であった。
イメージ 2
そして、子供たちの世界にも、映画は復讐の末に起こることの結果を見せる。
 
頭の良い、繊細な少年クリスチャンに襲い掛かる精神的な苦痛。
何かをすれば、結局回り回って、帰ってくるということ。
世界で起きている止めどもない「負の連鎖」。
未来を生きる子供たちに、平和な世の中を与えるにはどうしたらいいのか、
と問いかけているような映画だった。
誰でも人の子供であり、親でもあったりする。
明確な答えは出てはいなかったが、
私は、どんな状況であっても「復讐」は何の解決にもならないし、
結果、自分に苦痛として返ってくるもの、改めて教えられたような気がした。

この映画の救いは繊細な少年クリスチャンが、
周りによって救い出されたことだった。
クリスチャン役をやった少年の見るからに賢そうな表情や、
孤独を抱えながらも、友人エリアスに対する友情の篤さ、
父親に対して、想いをぶつけるシーンなど、すばらしい演技だった。
 
ぜひ、これから子育てする世代に観て欲しい映画かもしれない。
 
監督 スサンネ・ビア
アカデミー賞(外国語映画賞)(2011年)
ゴールデン・グローブ(外国語映画賞)(2010年)
原題: HAEVNEN/IN A BETTER WORLD

閉じる コメント(14)

顔アイコン

凄く衝撃的な映画のようですね〜
招待券があるので行って来ようかな・・。

2011/9/14(水) 午後 6:22 [ トシヒコ ]

顔アイコン

トシヒコさん
なかなかいい映画だったと思います。
父と息子の物語。
子育ては難しいですね。

2011/9/14(水) 午後 11:33 iruka

顔アイコン

興味深いです。
『暴力には暴力』
暴力では解決できない、でも当事者になった時、冷静な判断が出来るか・・・?
きれい事ではすまない時もあると思う。
愛する者を守る為なら、父親は時として・・・

2011/9/15(木) 午前 9:29 すぴりっと

顔アイコン

「暴力はいけない、報復にはきりがない」
わかっていてもやめられないのが人間です。
でもふたつのことを同時に描いていくことによって
この問題を身近にしてくれました。
いい作品でしたね。
TBさせてくださいね。

2011/9/15(木) 午後 3:30 car*ou*he*ak

顔アイコン

負の連鎖、報復、暴力・・・シビアなテーマですね。
身近な人が目の前で殺されたらきっとほとんどの人はそこから気が狂って人間が変わるのかなと思ってます。憎しみしかないでしょうね。
見なければけない作品かなと。

2011/9/16(金) 午前 5:26 dance

すぴりっとさん
この映画、そこのところを上手く描いていたと思います。
>きれい事ではすまない時もあると思う。
私たちは、仏さま、神様とは違って、どうしようもできない「感情」の持ち主ですものね。
>愛する者を守る為なら、父親は時として・・・
世の中の父親がみんな持つ感情でしょう!
東野圭吾さんの「さまよう刃」。思い出しました。
「未来を生きる〜」の方、甘いかもしれませんね。
ただ、感じたことは、全て結果、自分にかえってくる。ということでした。これからも考えていきたいテーマですね!

2011/9/16(金) 午前 8:19 iruka

Cartouche さん
重いテーマでしたが、身近な家族にお話を持ってきて、
尚且つ、アフリカでの出来事で、問題をぶつけてくる辺りがうまかったですよね。
これから先、世界はどうなっていくのか、不安もあります。
子供たちに平和な未来がやってくるようにと願うしかないですね。
TBもありがとうございます♪

2011/9/16(金) 午前 8:27 iruka

danceさん
>憎しみしかないでしょうね
ほんとにそうですね。そういう状況になったら、憎しみの感情しか出てこないですよね。
難しいテーマですよね。
自分の子供がいじめに遭ったら、どうするかー。
考えてもみたいなって思いました。
ある場面で、ここで子供の話をちゃんと聞いていたら、というシーンがあるのですが、日ごろから、子供の話はちゃんと訊くようにしたいなっとも思いました。映画の感想、楽しみにしてます!

2011/9/16(金) 午前 8:45 iruka

顔アイコン

これは観るかどうか凄く悩んでスルーしたんだったな〜。
今思うと観ておけばよかったな〜。
ずっと心にひっかかってるんです。

2011/9/19(月) 午後 7:29 かず

かずさん
そういう映画ってありますよね。
私もたくさん観ておけばよかったというのあります!
でもDVDになるのも早いので、助かりますね♪

2011/9/20(火) 午前 8:20 iruka

irukaさん
記事を読んでるだけで涙が出てきました。子どもなりの「考え」、「親として、苦汁を間の渡りにした大人の考え」・・・・。
どんだけお互い理論しても「信頼関係がない」なら、悲しい位「子どもの心には届かない」ですもんね。
私も日々の仕事を通じて感じます。
この映画観に行きたいですね〜。検索します!

2011/9/20(火) 午後 6:44 [ mc ]

mcさん
ありがとうございます。
>私も日々の仕事を通じて感じます。
お互いに信頼関係を築いていくのは大変ですね。
自分が思ったようには他人は思ってくれなかったり。
日々、いろんな勉強の毎日ですね。
映画って、そういう想いを代弁してくれるようなところ、あるかもしれませんね。
この映画、上映されているといいですね!!

2011/9/21(水) 午後 0:17 iruka

顔アイコン

この映画、知りませんでした〜今、やってるんですね。
ちょっと見たくなりました。
アカデミー賞の外国語映画賞って結構好きだし。
でも、シャンテか・・・。

2011/9/23(金) 午後 4:43 [ doctoreel ]

doctoreelさん
まだやっているみたいですね。
ちょっと地味だけど、なかなかよかったですよ。
あとここでやってた、「ミケランジェロの暗号」ちょっと粋な雰囲気もあってこちらもなかなかよかったです。
シャンテは、狭くて、スクリーンもイマイチですが、
ラインナップがいいんですよね。よく行きます。^^

2011/9/24(土) 午前 7:25 iruka

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事