全体表示

[ リスト ]

投票は大人の義務

憲法第15条「公務員を選定し、およびこれを罷免することは、国民固有の権利である。」
昨日の参議院選挙の投票率は48.8%で、過去2番目の低さだった。投票は国民の権利であり義務ではない。しかし、選挙は国民主権を行使する最も大事な行為である。憲法第12条には「この憲法が国民に保障にする自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。」と謳っている。日本国憲法は素晴らしい憲法である。しかし、憲法で保障された国民の自由や権利は、憲法があるから護られているわけではない。国民の不断の努力があって、初めて憲法が生きてくる。国民の最も大事な権利を放棄するようでは、せっかっく憲法で保障された権利を放棄していると言わざるを得ない。権力は常に腐敗する。それが自民党だろうと野党だろうと同じである。そのために憲法は国民に大きな権利を与えている。それが選挙権である。普通選挙を勝ち取るために先人は命を懸けて闘ってきた。俺たちの今ある権利や自由は天から与えられたものではない。先人たちが命を賭して勝ち取ったものである。選挙に行かない人に言いたい。選挙は個人の権利であるとともに子供たちにより良い社会を作っていく大人の義務である。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事