那須の山だより

那須高原の新緑、紅葉、雪情報 & 百名山への挑戦〜

那須岳・夏〜登山レポ

すべて表示

笊ヶ岳…登り標高差2300mの二百名山

  那須記事を挟むため、相変わらず遠征のレポが遅れています。 先週登った二百名山、
南アの前衛峰・笊ヶ岳のレポです。

  二百名山には難峰が多いのですが、笊ヶ岳もその1つ。 最短は椹島ロッジからの往復
ですが、破線ルートで約9時間。難点は、ロッジの予約などで晴天狙いで行けるかどうかが
微妙なこと。

  もう1つのルートは、山梨県早川町の老平集落からの往復。登り標高差2300m、渡渉あ
りでCT=15時間10分。自分は、明日は晴れ確定で日程が決められる老平ルートを選択しま
した。


                  ざるがたけ
夏山レポ   笊ヶ岳(2629m)二百名山


登山日   平成29年6月15日(木)

 天気   晴れ  13℃

       4:50      6:30      8:50        10:15     11:15     
コース   老平P  −  広河原  −  桧横手山  −  布引山  −  笊ヶ岳 
      15:40      14:30     13:10       13:10     11:40

       距離=23、4km   登り標高差=2300m
       標準CT=15時間10分   自分のCT=10時間50分


イメージ 1
     老平集落にある登山者用Pは6台程度。 
                 1km手前に公衆トイレあり。登山ポストは林道ゲートにあり。

   4:50  スタート。 ど〜やら自分だけみたい。


イメージ 2
     始めは林道歩き。  自転車でも可です。


イメージ 3
    30分ほどで登山道へ。


イメージ 4
     廃屋を過ぎ、


イメージ 5
    へつり道へ。 転落注意です。


イメージ 6
     吊り橋など早川町が整備してくれていて感謝です。


イメージ 7
     ガレ場は落石が怖い。


イメージ 8
   こんな奥まで植林されているとは驚きです。  ここまで3ヵ所に水場あり。


イメージ 9
  広河原の渡渉は、水量が少なかったため登山靴のまま行きましたが、
 濡れた岩が滑るのでヒヤヒヤもんでした。


イメージ 10
     ここから、長くて急な登りが延々と続きます。


イメージ 11
      山の神着。


イメージ 12
  イタドリ山方面かな?


イメージ 13
    作業用の残置ワイヤーに気を付けながら登ります。 急なのでふくらはぎが攣りそう!

  足が攣ったらジ・エンドなので、屈伸しながら進みます。


イメージ 14
   8:50  桧横手山着。 3張りのテントスペースあり。
                         この時間なら、なんとか日帰り出来そうです。
 

イメージ 15
    ガスがかかって展望が心配〜。


イメージ 16
     2300mを越えたあたりからガスが抜け初め、


イメージ 17
    稜線に出ると青空が!    展望に期待が膨らみます。


イメージ 18
  すると目の前に聖岳!  素晴らしい〜。  


イメージ 19
     さらに、ザレ場を登って行くと、


イメージ 20
          光岳                         上河内岳


イメージ 21
  赤石岳なども見えて疲れも吹き飛びます!  
                    ここは晴天狙いで登らないと、修行の山になりますね。


イメージ 22
     ひと登りで、


イメージ 23
   10:15  布引山着(2584m)    少し先に2張りのテントスペース。

         ここまで標高差2100mを5時間25分で登りました。 しばし休憩〜。


イメージ 24
     布引山の先には所々に残雪。


イメージ 25
 木々の間から荒川岳も見えました。


イメージ 26
    鞍部まで100mほど下ります。


イメージ 27
   鞍部から見えた笊ヶ岳。  なかなか凛々しいお姿です。


イメージ 28
    頑張って150mほど登り返すと、


イメージ 29
    11:40  笊ヶ岳(2629m)着     山頂手前に1張りのテン場あり。

          出発から6時間25分。 タフな山ですが、南アの展望は最高です!


イメージ 30
           大無間山や池口岳などの深南部の山々だと思います。


イメージ 31
                      上河内岳


イメージ 32
                      聖岳


イメージ 33
                    赤石岳   デカイ!


イメージ 34
                    荒川岳


イメージ 35
                塩見岳    

   北部の山々はガスがかかって見えませんでしたが、これだけ見られれば充分です。


イメージ 36
       二百名山78座目の記念撮影。   

    この日は気温が低かったため、まだ余力は充分。 
                         真夏の暑い日だったら、バテバテでしょうね〜。


イメージ 37
     展望を楽しんだら早々に戻りましょう〜。 先は長い。

  まずは、正面の布引山へ。


イメージ 38
    150m下って、



イメージ 39
     100mほど登り返して、


イメージ 40
    布引山を通過。


イメージ 41
    ここから標高差2100mの激下りが始まります。


イメージ 42
     転倒転落しないように慎重に下りますが、脚への負担が大きいわ〜。


イメージ 43
      ようやく広河原へ。  そうそう、ここにも5張りほどのテントスペースがありました。
                   水場があるらしいけど確認できず。


イメージ 44
    帰りも持参したサンダルは使わず登山靴のまま渡渉しましたが、
        ドボンの危険は常にあるので、安全をとるならサンダル等で渡渉でしょうね〜。


イメージ 45
     へつり道は転落に注意しながら歩きます。


イメージ 46
      先は長いわ〜。


イメージ 47
       ようやく林道着。


イメージ 48
    15:40  老平P着。  10時間50分の激闘でした。

         飲み物は3.5リットル持っていきましたが、気温が低かったため
       2,5リットルで足りました。暑い日は5リットルくらい必要かも?

          また、大無間山と笊ヶ岳のCTはほぼ同じですが、
        自分はアップダウンの激しい大無間山の方が大変だと感じました。


イメージ 49
     この集落にある公衆トイレに寄ります。


イメージ 50
    その前にある日帰り温泉「ヴィラ雨畑」で入浴したかったのですが、
                   あいにく定休日だったので飲み物だけ購入しがぶ飲み〜。

   身延町の不二ホテル(500円)で入浴し、135km運転して寸又峡方面に向かいます。


次回は、那須記事を挟みます。


その他の最新記事

すべて表示

乗鞍岳でラスト・スキー

2017/6/20(火) 午後 9:54

   梅雨らしくない好天が続いた先週、乗鞍岳と南アの前衛峰に登って来ました。6月ともなると、 山スキーが出来るエリアは限られます。まだ滑っていない立山エリアも考えましたが、昨年12 月に時間切れ敗退した乗鞍岳のリベンジでBCスキ ...すべて表示すべて表示

那須・剣ヶ峰のイワカガミ

2017/6/5(月) 午後 5:38

 那須連山も花の時期を迎えました。ミネザクラは終わり、今はシャクナゲとムラサキヤシ オ が旬です。また、可憐な高山植物も咲き始め、イワカガミがどんどん開花しています。登山 の楽しみがどんどん増えますね〜。 ...すべて表示すべて表示

飯豊連峰・北股岳滑降

2017/6/1(木) 午後 6:40

 東北BC遠征3日目は、飯豊連峰の北股岳です。飯豊連峰はどこから入ってもCTが長く 雪渓などの破線ルートがあるため日帰りするにはそれなりの体力・技術が要ります。  自分は、鳥海山・湯殿山と2日連続でスキーで登ったため ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事